高村薫さん・五條瑛さん・福井晴敏さん・古処誠二さん等の小説、海外の海洋小説、歴史、B'z、を糧に生きている人間の日常。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


メリークリスマス!
2008年12月25日 (木) | 編集 |
クリスマスケーキ
スポンサーサイト

秋というか、もう冬ですが・・・
2008年11月14日 (金) | 編集 |

バトン

Q1 本の世界観にどっぷり着かれるタイプだ。
A1 はい、時空を越えて、どっぷり。
Q2 好きな本のジャンルは?
A2 外交関係、日本史、民俗学。
Q3 あまり読まないジャンルは?
A3 ハウツー本
Q4 最近感動した本の題名は?
A4 細谷雄一さんの『大英帝国の外交官』(筑摩書房)
Q5 読むのあきらめてる本はある?
A5 『アンナ・カレーニナ』。小学生か中学生の頃に手にしたけれど、オブロンスキーとヴロンスキーなどの名前の微妙な違いについていけなかった。
Q6 読みかけておいたままの本は?
A6 『北越雪譜』『神曲』。どちらも高村さんの本に登場するから読もうと思ったんだけれど。
Q7 ぶっちゃけ、恋愛ジャンルは密かに読んでいる。
A7 恋愛ジャンルは去年まで苦手でした。恋愛自体が苦手だったから。
Q8 本を出版する予定がある、出版したことがある。小説家。
A8 全くナシ。子どもの頃は、夏目漱石のように40歳くらいで書き始めて、文豪になると思ってたのに(笑)
Q9 ネット小説書いてるぜ、読んでるぜ。
A9 書きたいなぁ。
Q10 これオススメ!!!(書籍でもネット小説でも)
A10 やっぱり高村薫さんの『神の火』。


2008年10月19日 (日) | 編集 |
書き込みが久しぶりで申し訳ありません。
元気にやっております!

拍手くださる方、本当に嬉しいです。有り難うございます。
コメントはアダルトサイトの広告ばかりなので、頂いたものに管理人が承認してからの掲載に致します。
アダルトサイトかどうかという確認だけですので、お気軽にコメントください。
拍手も、特に賞讃の意味でなく、個人的なコメント用に利用してくだされば・・・

いろいろ時間かかってますが、頑張って整理していきたいです~~~。
ミクシィ始めましたので、もしよろしかったら検索してみてください。
ミクシィには、近況報告のような普通の日記を書くつもりです。



しがない勤め人、しがない失業者に
2008年08月30日 (土) | 編集 |
辞めます、と上司に告げました。

青臭い言い方だけれども、会社の方針が合わなくなってきたというのが一つ。
そして、心機一転、引っ越したいというのが一つ。
その他もろもろの理由が絡まっての選択です。
人間関係は穏やかで居心地は良かったから、別れるのは残念だけれど、
今までの生活と、いつかは決別しないといけない。
ポンと飛び出て、新しい世界を見る好機だと思いました。

氷河期に就職して10年・・・
読書と旅行に明け暮れていたような。


円満退社できて良かった(というか円満退社になる理由を作りました)。
あ、でもまだ3ヶ月はお勤め続くんだっけ・・・

暑いけれどお散歩
2008年08月19日 (火) | 編集 |
鹿
お盆の期間を過ぎると、再びシーズンオフ突入で、鹿も食べ物がなく寂しい様子。

大仏殿の前辺りに、奥村記念館というきれいな建物があったので、入ってみました。
奥村組とは、大阪の阿倍野に本社のある建築会社で、通天閣などを請け負っています。
天王寺MIO、イーマなど、大阪の人ならピンとくる商業施設から、
地方の病院やダムまで手がけている、と初めて知りました。
耐震と免震の違いも、初めて知りました。
なかなか面白い。気軽に入れる企業の資料館は良いですね。

↓「夢しるべ風しるべ」という商業施設内にある「シルクロードの終着駅」という
鉄道模型ジオラマビュッフェ&バー。
シルクロードの終着駅
自分で操縦も出来るようです。鉄道マニアには垂涎モノでしょう!
が、今日は閑古鳥が鳴いていました。
シーズンオフの観光地の平日の営業は、難しいんですよねー・・・
こんな場所まで、地元民は歩かないし。
でも良さそうなお店たくさんあったので、頑張ってほしいです。

鉄道マニア
2008年08月12日 (火) | 編集 |
最近、父が電車男です。
年を取ってから電車にハマるって珍しい気がするんですけど・・・
リビングに、鉄道模型が所狭しと置かれています。

そして、デパートの鉄道フェアで、近鉄電車の吊り革 を買ってきてました。
そんなものどうするの!?

燈花会
2008年08月12日 (火) | 編集 |
「燈花会」(とうかえ)に行ってきました。
N市内の歴史的建造物の周辺を蝋燭の灯りで彩り、
幻想的な雰囲気を味わうお祭りです。

N県には海もなく、隣り合う二府のような都会でもないので、
酷暑の真夏には、鹿しかいない!という状況になります。
市のお偉いさんが、何とか観光客を呼べないかと知恵を絞った結果、
このようなイベントが開催されるようになったと思うのですが、
なかなか風情があって、楽しめます。
人気がありすぎて人が多いのが難ですけれども。

↓浮見堂
燈花会
仕事帰りだったけれど、知人を案内したせいもあって張り切って歩きました。
興福寺→国立博物館→春日野園地、浮雲園地(東大寺南大門前)
→春日大社参道→浅茅ヶ原→浮見堂→JR・N駅。

闇の中に浮かび上がる東大寺南大門の金剛力士像は、
ものすごくかっこよかった!
筋骨隆々、風になびく衣、威厳のある表情・・・
オトコマエやなぁと思います。

広大なN公園の周辺は、電線もなく、街灯も少なく、高い建物もありません。
ずらっと並ぶ蝋燭の炎は幽玄で、この世のものではないような雰囲気です。
この日は雷が鳴っていて、稲光が更に劇的な効果を上げていました。
地元だと意識することはないけれど、こうして改めて見ると、
世界遺産の貫禄があるなぁと思います(笑)

映画のイメージが崩れる時
2008年07月29日 (火) | 編集 |
「ハプニング」という映画のCMが、盛んにテレビで流れています。
“人類は滅びたいのか”というキャッチフレーズが眼を引く、サスペンス大作です。
大まじめな映画です。
CMの最後に、男性のシリアスな声で「ハプニング」というタイトルが告げられます。

それを会社で見ていた時に、後輩が一言。

「これねー、エドはるみ思い出すんですよねえ」


ありますね、同じように、CMの最後にエドはるみさんが商品名を告げるの。
それも「グ」で終わっていたような。

・・・・
・・・・・・
映画のイメージ、ぶち壊し!!!

それ以来、わたしの中でサスペンス大作「ハプニング」が滅びてしまいました。



問題はそこ?!
2008年06月12日 (木) | 編集 |
ものすごく久しぶりで申し訳ありません。
でも謝っても、もう誰も見ていないだろうなぁ・・・

ド○ールで珈琲を飲んでいたら、隣に80代らしき女性の二人連れが座りました。
そのおばあさん方の会話が耳に入ってきます。
「娘さん、まだ結婚せえへんの」

う、わたしにも耳に痛いセリフ・・・

「まだやで。でも、うちの娘にも出会いがないわけやないねん」

それはうらやましいな!

「まぁ、無理に相手を探して結婚させても幸せかどうか・・・」

そうそう、そうですよね。
わたしが住んでいる県は、結婚率が全国でワースト1らしく、
業を煮やした親が、親同士で見合いをして決めるという
それはどうよと思う結婚相談所があったりするんです。
ある意味、政略結婚みたいでセレブっぽいですけど・・・。

「でもな、最近思うねん。相手が男性ってことに、
 こだわる必要はないんちゃうかなって」

え?

「女性でもええんちゃうかなって」

えええっ?

問題は、そこやったん?!

80代の女性2人の話にしては、刺激的なオチでした。
頑張れ娘さん!愛があれば性別なんて・・・

放置していて申し訳ありません
2008年02月14日 (木) | 編集 |
今年に入ってから・・・

年末年始は、千葉に滞在。カウントダウンは増上寺。初詣は東郷神社。
東京国立博物館で、「京のみやび展」を見ました。

1月末は、横須賀と東京ミッドタウン。
サントリー美術館で「ロートレック展」を見ました。

2月初旬は、久々のB'zのライブ!京都会館はステージが近い!!!!

バレンタインデーは、相変わらず古文書解読の講座へ行きました。

来月は呉です~

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。