高村薫さん・五條瑛さん・福井晴敏さん・古処誠二さん等の小説、海外の海洋小説、歴史、B'z、を糧に生きている人間の日常。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


天王寺動物園
2006年02月18日 (土) | 編集 |
朝のうちゴタゴタがあって、親戚の墓参りに母と行った後で、
母と別れてから、地どりも兼ねて一人で天王寺動物園へ。
天王寺動物園★入口

↑正面ゲートを潜ったところ。正門前は新世界の入口になっており、
動物園に行くまでの道には、ホームレスの方々の青いテントが連なっています。
靱公園や大阪城公園のテントは強制撤去されて、大阪市と揉めていますが、
ここはさすがにまだ手を付けられないよう。
合田雄一郎が“まっぽ”と言う時に、わたしは大阪府警を思い浮かべます。
彼が達夫にそう言った時、2人の共通認識としてあったのは、
子供の頃に遊んだ大阪のお巡りさん達だったと思う。
合田の同僚である七係の連中は、“まっぽ”というイメージじゃないですよねえ?

さて、合田についてはここまで!(考え出すと止まらない(笑))

開放的だったアシカと鳥たち↓。
天王寺動物園★アシカと鳥たち

人間が一緒に巨大な鳥かごに入る「鳥の楽園」もありましたが、
ここでは鳥は完全に放し飼い。手を伸ばせば届きそうな所に、
きれいな羽根を持った珍しい大きな鳥がいます。逃げないというか、
自然の少ない大阪市では、ここくらいでしか生きられないのか。

お昼寝中のアシカ↓久しぶりの晴天で、気持ち良さげ。
天王寺動物園★お昼寝中のアシカ


アジアゾウ↓天王寺動物園★ゾウ

ゾウは結構気の荒い動物です。電気柵が設けられています。

ヒョウ↓泰然自若!この悠然たる構え!
天王寺動物園★ヒョウ
猛獣好きなんですよ~~~。

遠吠えするヨーロッパ狼↓英名はEuropean Wolf、学名はCanis lupus lupus
おっと、ルーピン先生の「Lupin」みたいじゃないですか?!
そこから来てるのか・・・?
天王寺動物園★遠吠えするヨーロッパ狼


メスライオンは、カメラ目線でバッチリ威嚇してくれましたが、
ヨーロッパ狼には無視され続けました・・・。

西日に映える通天閣とバーバリシープ↓これぞ土地柄。
天王寺動物園★通天閣とバーバリシープ

コアラもいましたが、常に警備員1名がつく警戒ぶりでした。
おお、ダ・ヴィンチかフェルメールの名画みたいですね!
でもわたしには、それほど可愛いとは思えない・・・。

それより目を奪われたのが、夜行性動物舎にいたエジプトルーセットコウモリ
目がつぶらで、鼻がブタじゃなくて、表情も可愛い。
床を這いずり回る時の独特な動きは、見ていて飽きません。
コウモリって、下手をすると部屋に迷い込んでくるんですが、
あれは、こんなに可愛くないぞー・・・。

爬虫類生態館も良かったです。館内はえらく暖房が効いていて蒸し暑い。
おおこれぞ、人間も熱帯雨林を経験しろということなのだろうか。
毎夏、大阪ってこんな感じやのにさー(大阪の夏は『照柿』ですよ)

派手なカエルは、彩りの美しさもさることながら、
先が丸くなった指を動かして、ラップダンサーのようにリズムを取っている姿も良い。
蛇は、数が少なくなったような気がします。残念。


天王寺動物園では、「ZOO21計画」を推進中だそうです。
古くなった動物舎の建て替えの際、
その動物が生息する環境を再現する“生態的展示”に変える。
つまり、柵と、コンクリートと、申し訳程度の草木と、見物人と隔てる深い溝という、
それら動物園の定番アイテムをなくしてしまおうという試みです。

でも、動物園にいる動物は、水族館の動物たちと違って、シャイなのが多い。
いくら生態系をそれらしく再現しても、見られることに対して慣れない動物は
ムリかなぁと思いました。キリンなんか、全身全霊で拒絶してたしな・・・。
退屈そうにしてるライオンとかは、まぁサバンナでもあんな感じだよなって
思うんですが。動物園で見ると、やはり気の毒だけれど。
大型哺乳類は特に難しいですよね。
ストレスがたまっているのか、檻の中を行ったり来たりする行動が目立ちました。

海遊館では見ませんでしたが、ここでは、
一人で来ている中高年男性の姿もちらほら見られます。三脚を設置して、
長時間シャッターチャンスを狙っているアマチュアカメラマンの姿もありました。
そういった方々が撮られた写真を掲載しているブログを拝見して、
そこでは、動物たちが豊かな表情を見せていることに驚きました。
確かに、終始機嫌の悪そうな熊もいたし、寂しそうなチンパンジーもいたんだけれど、
腰を据えて、じっくり見ていれば、小さな表情の変化にも気付くのかも知れないな・・・。
スポンサーサイト

合田雄一郎の職場へ。
2005年09月02日 (金) | 編集 |
東京滞在最後の日の朝。まずは荷造り。
荷物が重くなってしまうので、土産物やグッズ等は、ホテルから宅急便で送ります。
フロントにお願いすると、ホテル特製段ボール箱が!
(たいていは、ゆうパックの箱を買う)
京王プラザホテルの段ボール箱

部屋まで受け取りに来てくださったベルさんは若い男性で、
笑顔はバッチリだったけれど、他は慣れていなかったもよう。
この程度なら、合田もベルに化けて突入すれば良かったのに・・・
(ホテル側がうるさいかな。林にもお説教されてたしな)

   ウエルカム けいしちょう

さて、のんびり朝食を済ませ、カフェでコーヒーとケーキを味わっている内に、
いつの間にやらもうお昼。急いで新宿から霞ヶ関へ向かいました。
大きな庁舎が建ち並ぶ霞ヶ関界隈は、思ったよりは分かりやすく、迷わずに警視庁へ。
警視庁

本当は、もっと構図も考えて、きちんと写真を撮りたかったのですが、
今は警備強化中。しかも周囲は背広連ばかり。さすがにカメラを出しにくい。
向かいにある法務省も撮ったんですが、帰ってから見てみると、
警備のおじさんが、カメラ目線でこちらを指さして映っていましたよ・・・。

庁内に入り、受付を済ませ、小さな部屋で待たされることしばし。
どこかの企業の団体さんと合流して、見学開始です。
まずチェックしたのが、トイレ
合田さんが足を上げて靴を洗っていたり、いろいろ見所いっぱいな警視庁のトイレ。
ですが、わたしは女子トイレしか入れないからなぁ・・・うーん。

入口の案内板には、17階まで書いてありました。
“余計なものは見ないように!”と無言で圧力をかける、
防衛庁と同じ方式を警視庁も採用しているためか、
ここも、混雑時のルーブル美術館団体見学のように(したことないけど)
足音高く素早く通り過ぎてしまう。
捜査一課七係や、国際捜査科の所在は分からずじまいです。
エレベータは、1~5階、6~10階、11~17階と区切られていて、
見学者が使えるのは、1~5階のエレベータのみ。

まずは、30分のドラマを見せられます。
出演者は、なかなかすごい。
主人公の刑事役に、西村和彦氏。(鑑識ではありません。)制作はNHK。
しかしこのドラマ、つっこみどころ満載でした。下手な火サスより下手。

事件からしばらく経って、目撃者の女子高生が現れるのですが、
モンタージュ写真を作り、彼女らの証言を元に、1人の男が捜査線上に浮かび上がる。
捜査会議で西村氏は「被害者とかなり親しくしていた」という人物の名を挙げるのですが
それまでの段階で、“かなり” 親しかった男の名前が出てこないのは、
初動捜査のミスではないのか・・・?そんなんでいいのか警視庁。
そして、銃で撃たれたはずの相棒が、犯人逮捕の場所に颯爽と現れて、びっくり。
てっきり殉職したのだと思っていましたよ・・・!
血色の良い顔で「一週間寝ていて起きたらこれだもんな」などと朗らかに笑っている。
一週間も意識不明の重体で、覚醒後すぐに退院して、腕を吊っているだけなんて、
ありえへんやろ!
しかも、腕を撃たれただけだったのか・・・。

まぁ、警察学校の厳しさだとか、白バイの訓練の大変さだとか、ピーポくんは可愛いとか、
そういうことを説明するのが主眼ではあるのでしょうが。
なんかものすごいステレオタイプで、古い2時間サスペンスそのままだったけど、
それでいいのか警視庁・・・。
防衛庁(市ヶ谷)で見たのは、もう少し現代的で垢抜けていて、
「イラク復興支援24時」という、円谷プロ制作のドキュメンタリーでしたよ。

感想を言う暇もなく、さっさと移動して通信司令センターへ。
110番を受理する場所です。
見学者は、部屋の上のほうから、窓ガラス越しに眺めます。
前面の壁には、大きなパネル。23区の地図と、警察署のあるところにランプ。
点灯すると、事件が起こっているという印になります。
蒲田署に点いていたので、半田刑事が出動中だったかも。

電話に対応しているのは、部屋の右のほうにある12台くらいの机のみ。
3面鏡のようなモニタが置かれていて、聞いた内容をペンで書き込み、
それがモニタに反映されます。ただし、右のモニタは常に地図。
机に、黄色いランプが点いている席は、通報に対応中という印。
それがいランプになると、大きな事件が発生!の印。
そうなると、部屋の中央にいるお偉いさんが、話に割り込んできます。

びっくりしたのは。
パソコンがたくさん並んでいるんですが、ひとつデスクトップ壁紙になっているのがあって、
それ・・・黒地に銀色で「×」のマークだったんですよね。これMacのOSXのではないかな。
でも Mac って、まさかね・・・似合わないですよね(おい)。

その後、警察参考室へ。
初代警視総監・川路利良の刀や裃、大久保利通暗殺に使われたという刀、
西南の役や5.15、2.26関連の資料などが展示されていました。
事件性がないので扱いがぞんざいだったけど、伊藤の書簡もあり。
博文になってからのでしたが(当たり前か)。

一緒に見学した企業の方は、常連のようで、のんびりくつろぎムードでした。
どういう関係の方々なんだろう・・・。
でも、三津谷さん(@『スノウ・グッピー』)みたいな関連企業だと、
手続きさえすれば後はフリーパスなんでは。

念願叶って、合田さんの職場の雰囲気を味わうことが出来、大満足。


さて、国会議事堂へ向かいます。
理由はただ一つ、映画「亡国のイージス」で渥美が歩いていたから(笑)
通行人より警備の警官のほうが多い道を、炎天下のもと日傘もなしに歩き、
ようやく辿り着いた!ここ!!!
映画「亡国のイージス」ラストシーン国会議事堂

これ全く同じアングルですよね。苦労が報われた・・・。

あちこちの道端に立っている警官は若い男性で、
細い顎のライン、引き締まった身体と表情。
それはもう・・・・かっこよかった・・・!
晩年の三島由紀夫が目指したのはこういう肉体かと思った(笑)
走っている車に向かって敬礼する姿も、目にすることが出来ました。

我が人生で絶対に使うことはないと思っていた駅、永田町から地下鉄に乗り、秋葉原へ。

前日にテレビで「電車男」を見たこともあって、時間が余ったら行きたいなと思っていました。
アラゴルンとかオビワンとかFF7のクラウドとか、
フィギュアを少し見ただけでタイムオーバーに。時間があったら破産しているだろうが。
前から、坂下みたいなのが欲しい(USNavy)とは思っているんですが、
ないな。あっても困るな。

東京駅で月美さんと別れ、新幹線に乗って京都駅まで2時間。
すぐに日常の風景です・・・

最後に。月美さん、ありがとうございました!


「亡国のイージス」&「マークスの山」&「ONE PIECE」紀行
2005年08月31日 (水) | 編集 |
8月31日、朝。京都から新幹線に乗り、東京へ。昼過ぎに到着。
月美さんと合流の上、再びJRに乗り直して新宿へ。

新宿駅西口を出て都庁のほうへ向かう。
そこに聳える 京王プラザホテル
念願叶って、泊まることが出来ました!

京王プラザホテル外観


高村薫さんの『マークスの山』で、追いつめられた林原の逃亡先が、このホテル。
後に合田と吾妻も張り込みに加わって、しばらくすると、取り乱した林原の妻が
軟禁状態の部屋から飛び出してくる。そこを肥後が保護し、
ホテル1階ロビー(現在のロビーは3階にある)で、事情聴取を行います。
又三郎と吾妻が何やら優しげに声をかけている」とゆー恐ろしい状況。
気の合わなさそうな2人が、一緒になって、作り笑いと猫なで声を出しているなんて。

それでも落ちそうにない林原に業を煮やした吾妻が、ポルフィーリィの本性を現し始め、
林原の脳味噌を切り刻みたい、と、合田を説得にかかります。

京王プラザホテル20階

 ↑林原の宿泊している20階のエレベーターホールで監視。

午前十時半、 20階 に、リネンを積んだ室内清掃係のワゴンが現れ、
吾妻と合田は中年女性2人に警察手帳を見せて、扉が20センチ開いた隙から突入。
林原の事情聴取に成功。
とはいえ、結局「脳味噌が空気の抜けた風船でよ」という結論に陥った、吾妻ペコさんでした。

聴取の際に林原は「そこの、立ってる刑事さん」と合田に呼びかけ、
「目障りなので、座るか消えるかしていただけませんか」などと暴言を吐いています。
ハイ、合田への不敬罪で現行犯逮捕だッ。
起訴状は、加納検事がでっち上げてくれますよ。

さて、こんな素敵な京王プラザホテルは、サービスも一流!
ラフな格好のわたしたちのところへもベルさんが駆け寄って来てくださって、
(フロントの方が、ベルボーイやベルガールをまとめて“ベルさん”と呼んでいたのだ!)
荷物を持ってくれる。
昔はよくあったサービスだけど、最近は、横浜のインターコ○チでもお目に掛かったことがない。
まぁ・・・人によるのかも、だけど。金持ちには到底見えないだろうからなぁ。
チェックイン時には、ちょっとした会話にも聞き耳を立てておられて
何かこちらに要望や不満がないか、それはもう、盗聴器並・・・。
チェックインを済ませると、ベルさんが部屋まで案内してくれる。
(これも昔は当然のことだったけどなー)
39階。窓から都庁が真ん前に見える場所で、
その「都庁ビュー」ぶりに感心している我々に、相槌を打ったり、笑顔で対応。
よく見ろ日本人、これがホテルだ!(笑) ありがとうございます。
日頃、接客業で傷めた心に染みていくよ・・・。

どのくらい「都庁ビュー」かというと、窓から狙撃できるくらい。
ウオッチャーが何人か泊まっていそうです。
 京王プラザホテル3902から見た都庁


しかしゆっくりしている時間は我々にはなく(というかこれもわたしの要望なのだが)、
お台場の冒険王で、「ゴーイングメリー号」に乗りに行くのです。

ゴーイングメリー号

8月31日、ゴーイングメリー号の航海も最終日とあってか、
サンジ&ゾロ&ルフィ&ロビンのコスプレをしたお姉さん達がいたりと盛況。
艦内では、各人の仲間入り時のエピソードを立体パネルにしたものや、
人形が置かれていたりする。

ゴーイングメリー号 ゾロ

↑観光地によくあるベタな記念写真撮影場。

ゴーイングメリー号 サンジ

↑サンジのこのアングルは、いかがなものか。

舳先には、アラバスタ編ラスト、
仲間の印「×」を(ビビに)見せて立つクルー達の、感動シーンを再現。
(ハリポタのデスマークとはえらい違い)
1時間ほどの航海の間、お兄さんがマイクを持って喋り続ける。
レインボーブリッジの下を通り抜ける時には、「封鎖せよ」などと古いネタも。
しかしそのネタで笑える年代層も多かったのは事実だ。

お台場で夕焼けを見て、感慨に浸りました。
小説『亡国のイージス』で「いそかぜ」が自沈するのは、午後5時30分。
ちょうど同じ時間でした。こんな夕日の中を沈んでいったのか・・・!

水中に沈んでいく日と、艦。
日本人の心に訴える寂寥感。

映画では、爆発してすぐ自沈したので、あんまり敬礼してる姿が映されなかったんですが
小説のほうでは、みんながそれぞれの感慨を抱いて「いそかぜ」に別れを告げ
敬礼する場面を、長々と描写しています。
危機は去った。
これから関係者の責任追及があり、失脚したり再び反目し合ったりするのだけど、
とりあえず乗り切った。そういう達成感と一体感に包まれていて、大好きなシーンです。


しかし、悠長にしている暇はなく、メリーに乗ったら踵を返して新宿へ戻り、映画館へ。
運良くレディースデーだったので混雑を心配していたけれど、とっても空いてました。
ここは本当に新宿なのかと、目を疑った。
まぁでも合田が加納と待ち合わせた池袋の映画館も、がら空きだったみたいだしなぁ。
(そういう比較をしなさんな)
しかし隣の「鋼の錬金術師」上映館では、「整理券配布終了」の文字が出ていました。
すごい人気の違い・・・。

2回目の「亡国のイージス」鑑賞では、ゆっくり竹中の表情を観察したりしました。
彼にピントが合っていない時も見続けて、終始哀しげだった竹中副長に気づきました。
ずっと緊張した面持ちだった宮津も、仙石に送艦する時は、穏やかな表情をしていた。
宮津がラストで「ゆるせ」と言うのが、何に対してなのか分からなかったんだけど、
月美さんが「原作では『いそかぜ』に対してですよね」と教えてくださって納得。

如月行って、普通に大学生活とかも送っているんだから、
ジョンヒの前に女性経験があってもいいのにねぇ、
友人すらいないよね、ということをわたしが言ったら、月美さんは一言。

「みんな腐ってたんじゃないですか」

!!!
いやあもうこれ最大ヒットですよ!
そうか腐ってないのは、いそかぜクルーだけだったんですね!
そして仙石は、いちばん新鮮だったんですね!
あの直球っぷりがいいのだろうなぁ。
仙石みたいに愚直なくらいでないと、救われないんですよねえ行は。

そんなことを話しながら、ホテルに戻り、部屋でも延々とイージス話。
いつ寝たんだろう・・・。

旅の支度
2005年08月25日 (木) | 編集 |
休み。とはいえ、良い意味で忙しかった日でした。

まずは朝一番、防衛庁警視庁に電話をし、見学の予約を入れて、FAXを流す。
(防衛庁の応対をしてくださったお姉さんは、とても好印象でした!)
警視庁のほうは希望日時に予約がいっぱいで、翌日になりました。意外に人気!

ついでに美容院の予約も入れて、そのまま出かけました。
2時間かけて、ものすごく丁寧にして頂いたのに、割引までしてもらって申し訳なかった。
(担当美容師さんは、自称“キモイ”お兄さんで、確かにちょっと喋りづらいんだけど・・・)

ローソンのLoppiでゴーイングメリー号の前売り券を購入。

新幹線のチケットも購入。
(東京-京都“のぞみ”往復で2万7千420円ですよー・・・
 この1ヶ月で、家族旅行分含め、4人分の往復料金を払ったんだよー・・・
 今月のカードの請求は、ほとんどJR西から来るんだよー・・・
 最近他社が参入した大阪・京都=東京の夜行バスは、往復でも8千円!なのに。
 でもやっぱり社会人だもん前日も翌日も仕事なんだもん夜行バスはつらいもん)

その後、古文書講読へ。
平家物語の那須与市の続き。
(与市が「ここで外したら末代までの恥になりますそんなことできません!」と訴えるのに
 「なんだと!俺の言うことが聞けないなら鎌倉へ帰れ!」と言う義経。こわ!恐いよ義経!)

今回の東京行きは、この際お金使ってストレス解消しましょうコースなので、
京王プラザホテル に連泊!なんです。
念願叶って!!!

わははは!林原と呼んでください!!!

(京王プラザホテルとは!
 名著『マークスの山』で、水沢から逃れるため、
 平成4年10月10日夜から、林原が滞在したホテル。
 林原の部屋は20階。10月16日午後9時ごろ、合田雄一郎も到着。
 1階ロビーで林原の妻と話し、その後、フロントを通し林原に面会を要求するも拒否。
 部屋に直撃するも拒否。
 ですが、しぶとくエレベーターホールの角から、部屋の前を窺いつつ待ちます。
 10月17日未明、吾妻と合田が張り込みをしている時、吾妻が気をきかせて
 合田をサウナに行かせたりしています。
 サウナは、京王プラザホテルから走っていける歌舞伎町のどこか。
 ちなみに、新宿西口ターミナルビルに、林原を取り調べた後で立ち寄っています)

つ、ついに、“警視庁”と“京王プラザホテル”の地どり決行!!!
空白の地どりマップが埋まります★嬉しいなぁ。
しかも独りじゃないんだよ、やじさんきたさん☆ですから!

イージスとマークスの地どり。
そして、1本マストは言え帆船のゴーイングメリーに乗船!

わはははは! ←榎木津(@京極夏彦)風高笑いで。

仙台3日目
2005年05月30日 (月) | 編集 |
ホテルで1人のんびり朝食を済ませ、チェックアウトをし、
仙台駅のコインロッカーに荷物を預けたところで、
雨が強くなってきました。
案内所で訊くと、博物館などは軒並み休館だと言う・・・。
すっかり意気消沈したわたしは、近くの郵便局で絵葉書を買い、スタバに寄りました。
隣の席では「阪神ファンってさ~何あれ?あの 風船!」と苦々しげな女性の声。

11時頃になると雨も止んだので、片倉家の白石城は遠いから諦め、
殿の騎乗姿の銅像も見たいと思って、青葉城趾にバスで向かいました。
山を登り、さて、歩こうと思ったら、、、ないんですよね。史跡って。
別に大して復元もされてないんですよね。あるのは土産物屋のみ!
そんな・・・・。ここに来た意味が・・・・!と思いつつ、
いや仙台地検に赴任した加納は、絶対散歩に来ているはず!と、気を取り直す。

護国神社があったのですが、そこの資料は良かったです。
ただ写真を見ているだけでも、万感胸に迫るものがあります。
靖国問題が議論かまびすしいのですが、ややこしい問題はおいておく。
ガダルカナル島上陸後に、飢えに苦しみつつ、
それでも「皇国の兵士なのだから」と自分を律している。
微笑ましいのもあって、「絹さん、もっと手紙をおくれよ・・・」と、この“・・・”が可愛い!
もっとも、彼は目的の場所に行くまでに騙されて
身ぐるみ剥がれ(女遊びでもしたのか?)
お金の無心をしているので、そういう男に手紙を出そうと
しなかった絹さんの気持ちも、分からないではない(笑) 

それから再びバスに乗り、仙台法務局を見に行ってきました。
(裁判所は離れていたので、バスの窓から車窓見学です。立派な建物でした。)

空港で、ずんだシェイクを飲みました。美味しかった!
ずんだ餅や笹カマをお土産に買って、1時間10分の空の旅をし、大阪空港に降り立ちました。

今回も、お世話になった皆様、本当にありがとうございました!

↓仙台法務局。古い建物だったので、加納赴任当時のかと(笑)
20050605011956.jpg



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。