高村薫さん・五條瑛さん・福井晴敏さん・古処誠二さん等の小説、海外の海洋小説、歴史、B'z、を糧に生きている人間の日常。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


マラカスを持たされたら
2008年09月26日 (金) | 編集 |
TBSの県民性を紹介する番組で、大阪府民にマラカスを渡して
ノリつっこみをしてもらうコーナーがありました。

B'zファンならここは、

ultra soul

でしょ!
うーるーとーらーっていうあの、腹からしぼり出すような気迫のある声は
自分では再現できないけれど、脳内ではギターも鳴り響いている。
真冬のプールに、サングラスをかけ毛皮を着て立っている気分だ。

あー・・・ツアーが終わって夏も終わりましたね。
スポンサーサイト

3人目のB'z
2008年09月26日 (金) | 編集 |
それは、増田 隆宣さん!
ギターとヴォーカルから成立しているB'zのサポートメンバーとして、
キーボードを担当していらっしゃる大阪出身の男性。

情緒的なメロディ(松本氏担当)、情感豊かな声(稲葉氏担当)、
そして欠かせないのが、増田さんの哀切な音。

追い打ちをかけるように、心情に訴えてくる増田さんの音。

今回のツアーでは、「もう一度キスしたかった」のイントロで弾いていらっしゃったピアノが
きゅ、救心が欲しい!と思うくらい心臓を刺激したのです。
そしてあのキャラクターも好きです。もっとライブで喋ってほしいなぁ・・・。

B'z LIVE-GYM Pleasure2008 GLORY DAYS 日産スタジアム
2008年09月23日 (火) | 編集 |
2008年9月21日は、B'zデビュー20周年記念日でした。
そんな日のライブに参加出来たのは、ファンとしては最上の喜び!!!

B'z

数年前にB'zファンのオフ会で1度会っただけの方とも
久しぶりにお会いして、お話をしたりしました。
感慨深い・・・
ファン同士が共有する時間とか想いとか、すごく多いのですよ。
生きている場所は全く違うし、会ったのは1度きりでも、
同じ歌詞に共感し、同じメロディに身を委ね、同じライブに熱狂し、
それだけで、通じ合うものがある。
いやあほんと、ファン同士の絆も強いなって思いました。
Brotherhoodだ!

「みんな生まれも育ちも違ってるし
 ベッタリくっつくのは好きじゃない
 いざという時手をさしのべられるかどうかなんだ
 だからなんとかここまでやってこれたんだ」

稲葉さんの歌詞の、この距離感が好きなんですよ。

「同じ道をゆくわけじゃない
 それぞれの前にそれぞれの道しかないんだ」

っていう、突き放したような、でもあたたかい距離感。
学生時代の友人達とも、このような距離感です。
本当に落ち込んだ時、本当につらい時、そういう時は、ほんと頼りになります。

この曲が人気あるのはよく分かる。
あと、「BIG」もわたしは推したいなあ。
散々な目に遭って、雨の日の捨て犬のような気分で酒場でくだを巻いて、それでも
「もっとBIGにならなきゃいけない男だから俺は」という気概を持っているところが。
泣く一歩手前のような稲葉さんの声も良いです。

ライブ終了後は、桜木町のハードロックカフェで盛り上がっていました。
それにしても、野外に限って雨なんですよね。
今回も、ずぶ濡れになりました・・・・・。
雨に濡れて滑りやすくなっている舞台を、全力疾走するB'zはかっこいいと思いました。
普通は、恐いですよ。
でも、転んだら怪我するとかカッコ悪いとかって、恐がってちゃダメなんだぁ。

ファン友
2008年09月18日 (木) | 編集 |
もうすぐライブですが、諸般の事情でいろいろと気が散って、
それどころじゃない気分になりかけていました。
が、今日B'zファンの友人と会い、B'z思い出話をし、B'zのDVDを見て
帰宅したらファンクラブからも20周年記念のDVDが届いていて、
テンション急上昇!!!
B'z結成日のライブなので、盛り上がることは必定・・・
心配なのは台風ですね。また台風。2度目の渚園も台風だったけれど。
そして、2度目の渚園はFinal Pleasureだったのに、
今度もPleasure・・・
前回のがファイナルじゃなかったのか?
やっぱりファイナルファンタジーみたいに、ずっと続くんじゃないか~
ファンとしては、続いて欲しいのですけれど。
でも、来年は稲葉さんの出身県に引っ越す予定で、
そうなれば関東への遠征ライブは無理。
今回を以て、ライブは最後にしようと思っています。
B'zの曲と共に生きてきたというのが、過言じゃないくらいの毎日でした。
ライブは高2の時から16年くらい通っていますが、
自分にとってはファイナルプレジャー・・・感慨深いなぁ。

とか言いつつ、B'zのように結局ファイナルじゃなくなったりして。

落胆
2007年04月25日 (水) | 編集 |
ファンクラブの会報が届きました。
この時期の会報には、必ず、ライブの案内が入っています。
ので、ものすごく期待に胸を膨らませて、封を開けました。

今夏は、ツアーないんですって・・・!

もう、すごいショックです。
ツアーない年なんて滅多にないのに。
毎年、首都圏と大阪と、どこに行くのか友人と相談して決めるのが楽しみなのに。
ライブも大切だけれど、それで友達に会えるのも、楽しみの一つです。
いやそちらの方がメインかも知れないほど、待ち遠しい楽しみです。

思わず、艦見学と旅行の予定を入れました。
とりあえず、お友達には会える!!!

B'z「MONSTER'S GARAGE」ツアー千秋楽
2006年08月29日 (火) | 編集 |
B'z「MONSTER'S GARAGE」ツアー千秋楽!

「衝動」→「愛のバクダン」のところは、ライブらしいテンポで良かったですね。

「juice」の曲順がいつもより早くてびっくり。

「RUN」で胸がいっぱいになりました。
スタンド下段でアリーナに近い場所だったので、稲葉さんが外周を走っている姿が
よく見えました。すごい体力。ライブの最後にあれを走り切るとは!

「Brotherhood」も「BAD COMMUNICATION」もまた聞けるとは思わなかった。
大好きな曲です。

楽しかった。
これでわたしの夏も終わり。


「B'z Treasure land」
2006年08月11日 (金) | 編集 |
久しぶりのB'zファンクラブイベントです。
有楽町駅すぐにある「東京国際フォーラム」には初めて行きました。
想像していたより広い場所で、B'z以外のイベントも開催されていた為に
スーツ姿のサラリーマン風の男性も多く、ちょっと戸惑いました。
しかし会場内に入れば、B'z一色!

御本人はいらっしゃらないけれど、じゅうぶん楽しめます。
PV撮影時の様子などを紹介する映像が、予想以上に面白かった!
先日のライブでは、ギャグが滑って笑いを取れなかったりすると、
「僕達ミュージシャンだから!」と稲葉さんが自分を励ますように
おっしゃっていましたけれども、いや十分お笑いでやっていけますよ・・・。

「Brotherhood」のジャケット撮影時の苦労話が良かったな。
アルバムの中では、あのジャケットが一番印象深いので・・・。
歌としては「RUN」とか「あいかわらずな僕ら」とか「Brotherhood」とか、
あの路線でもうちょっとやってほしいな、というのが正直なところ。
わたしが高校生の時にB'zの何に惚れたかというと、稲葉さんの歌詞
「ZERO」とか「BAD COMMUNICATION」も好きですが、ああいう・・・
そうですね、抑えがたい破壊衝動みたいな、何ともないフリをして、
内心では悶えているような、そういう歌詞が好きです。

イベント会場の外で、B'zファンの車を見かけました。
B’zファンの車

勿論、ナンバーも「・178」でした。たまにいらっしゃるんですよね。
凄いなぁ。 B'zBANZAI!

B'zライブ「MONSTER'S GARAGE」
2006年08月10日 (木) | 編集 |
京都から新幹線に乗り換えて、華のお江戸の東京へ。
昼過ぎにまったり到着し、駅で月美さんと待ち合わせて、
今夜の宿となる東京ドームホテルに行きました。

ベーグルサンドの軽いランチを取りながら、お喋りしている内に
開演時間に!いつも何をそんなに話しているんでしょうねぇ・・・。
B’zLIVE-GYM「MONSTER’S GARAGE」

B'zのライブは常に台風との闘いなんですよね。今回も直前に
九州四国辺りで被害が報告されていて心配しましたが、この旅行中ずっと
豪雨でも晴天でもない過ごしやすい気候だったので、助かりました。

以下、ちょっとネタバレになるので、反転します。曲名も少し書いてます。

いつも後半のラストスパートで演奏される「juice」が、
意外に早かったので驚きました。

「SPLASH!」の時の特殊効果、キラキラ光って落ちていく銀紙のようなものを
見て「あ、チャフ!」と思いました(笑)

最後の「RUN」で懐かしい映像が出て嬉しかった・・・。

稲葉さん、ドームの外周一週を走ってましたね。すごい体力!
特効の炎も熱そうだったのに、ちゃんと歌っていた・・・。


わたし達の前にいたカップルが異常に仲良くて、お互い向き合って
シャウトしあってたのですよ・・・完全に2人の世界。

楽しかった!これでまた1年お仕事がんばりますよう。

フェリックス・フェリシスが欲しい
2006年06月05日 (月) | 編集 |
今月中旬にある和歌山港での体験航海に応募していたのですが、
落選してしまいました。
「残念ながらこの度は抽選に漏れました。」と書かれたハガキを
見た時のショックと言ったら・・・。
一緒に行く予定だったお友達も軒並み落選していたので、
高い競争率だったのだとは思いますが・・・。
すごいですね海自人気は!! 仙石さんでも乗ってるの?!
取りにくい休みを何とかもぎ取って、楽しみにしていたので、
本当に残念です。でも見学は行く。レポ書きます。

毎度のことながら、運が悪いなぁ~。
フェリックス・フェリシス(幸運をもたらす魔法薬@『ハリー・ポッター』)
が欲しいです。とほほ。


夜にNHKの音楽番組を見ました。
ドリカムの場合は、何曲も歌っていたり、インタビューがあったり、
大阪城周辺で住民と交流するロケ映像まであったので
かなり期待したのですが、B'zは新曲を歌っただけでした。
LOVE PHANTOM以降のプロモと、オリコンのイベントの時の映像は
流れたけど。・・・インタビューも見たかったなぁ。
B'zはメディアへの露出度が少ないから、ファンも我慢強く
なっている気がしますが。たまたま喋ってくれたらラッキーだという・・・。

それにしても新曲の歌詞がまたエロい。
SPLASH!」というタイトルだけを知っていた発売前の時点では
初夏らしい、爽やかな感じだなと思っていたんですよ。
爽やかな青空の下、太陽の光に、夕立やスコールの水飛沫が光っている、
そんなイメージを抱いていましたが、飛沫は飛沫でも、
違う飛沫 だったんですよね・・・! 稲葉さんらしいよ!

でも、元気というか、ポジティブな曲ですよね。
「BAD COMMUNICATION」や「FUSHIDARA 100%」みたいに
基本ネガティブから、匍匐前進でポジティブに向かうようなのが好みです(笑)
傷だらけになって倒れながら、それでも光の方向を目指して進もうという・・・
それじゃ如月行みたいだな・・・。

空耳アワー B'z編
2006年04月23日 (日) | 編集 |
B'zの「なりふりかまわずだきしめて」という曲の
♪なりふりかまわずだきしめて♪という歌詞を、
ナイフ にかまわずだきしめて♪だと思っていました。
なんてハードボイルドな恋愛だろうかと。
いや、心のナイフかも知れないけど。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。