高村薫さん・五條瑛さん・福井晴敏さん・古処誠二さん等の小説、海外の海洋小説、歴史、B'z、を糧に生きている人間の日常。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


映画「DEEP BLUE」
2005年05月31日 (火) | 編集 |
映画「DEEP BLUE

サンジならオールブルーと言うでしょう、
彼にとっては食材の詰まった海ドキュメンタリー。
映画館でも見たけれど、やっぱりDVDも、
電気を消して、薄暗い部屋で見ると最高です!
幸田さん(@『黄金を抱いて翔べ』)、
見ろ、これが“人間のいない土地”だ!(笑)
20050602122620s.jpg


スポンサーサイト

会議
2005年05月31日 (火) | 編集 |
会議でした。
少人数で、意見や質問を気軽に出せる雰囲気の会議というのは
業務終了後にやっていても、あまり苦になりません。
検索で上位にhitするのは、検索したキーワードが
全体の5%くらい使われているページだとか
そんな豆知識を教えてもらいました。
検索に引っかからないようにするには、その反対をやればいいんだよ!(笑)
あと、リンクされているのが多いページも、検索で上位に挙げられるんだそうです。
それだけ評価されている、ということで。
だから「お客さんに出来るだけリンクして欲しいなぁ~」と上司が言うので、
じゃあリンクフリーって書いておかないとダメですね、というと、
不思議な顔をされてしまいました。
リンクフリーと明記していないようなページは、公共性の高いものでも、
個人的にでも、ちとリンクしにくくはないですかな?
わたしもここでページを紹介する時に、不安があったのですが、実は
「メーカーはリンクして欲しがっている」のですね(個人のファンページは別)。

しかし会社のはどうでもいいが(いいのか・・・)、
自分のページが全然更新できない・・・!
よそ様のすてきな合田とか坂下とか絹見とか仙石とか
見ている場合じゃなーーーーい。
すみませんすみません頑張ります!

仙台3日目
2005年05月30日 (月) | 編集 |
ホテルで1人のんびり朝食を済ませ、チェックアウトをし、
仙台駅のコインロッカーに荷物を預けたところで、
雨が強くなってきました。
案内所で訊くと、博物館などは軒並み休館だと言う・・・。
すっかり意気消沈したわたしは、近くの郵便局で絵葉書を買い、スタバに寄りました。
隣の席では「阪神ファンってさ~何あれ?あの 風船!」と苦々しげな女性の声。

11時頃になると雨も止んだので、片倉家の白石城は遠いから諦め、
殿の騎乗姿の銅像も見たいと思って、青葉城趾にバスで向かいました。
山を登り、さて、歩こうと思ったら、、、ないんですよね。史跡って。
別に大して復元もされてないんですよね。あるのは土産物屋のみ!
そんな・・・・。ここに来た意味が・・・・!と思いつつ、
いや仙台地検に赴任した加納は、絶対散歩に来ているはず!と、気を取り直す。

護国神社があったのですが、そこの資料は良かったです。
ただ写真を見ているだけでも、万感胸に迫るものがあります。
靖国問題が議論かまびすしいのですが、ややこしい問題はおいておく。
ガダルカナル島上陸後に、飢えに苦しみつつ、
それでも「皇国の兵士なのだから」と自分を律している。
微笑ましいのもあって、「絹さん、もっと手紙をおくれよ・・・」と、この“・・・”が可愛い!
もっとも、彼は目的の場所に行くまでに騙されて
身ぐるみ剥がれ(女遊びでもしたのか?)
お金の無心をしているので、そういう男に手紙を出そうと
しなかった絹さんの気持ちも、分からないではない(笑) 

それから再びバスに乗り、仙台法務局を見に行ってきました。
(裁判所は離れていたので、バスの窓から車窓見学です。立派な建物でした。)

空港で、ずんだシェイクを飲みました。美味しかった!
ずんだ餅や笹カマをお土産に買って、1時間10分の空の旅をし、大阪空港に降り立ちました。

今回も、お世話になった皆様、本当にありがとうございました!

↓仙台法務局。古い建物だったので、加納赴任当時のかと(笑)
20050605011956.jpg



「NANA」にはまる女性たち
2005年05月29日 (日) | 編集 |
旅先のホテルでは、なぜかテレビを見てしまいます。
EZTVで「NANAにはまる女性たち」という特集をしてました。

発行部数が2200万部を超えた『NANA』。
15~30歳までの女性の 7割 が、
なんと、NANAを読んでいるらしいのです。

わたしは3割に入るみたいです。ごめんなさい読んでません。

今までの少女漫画にはないリアルな描写で、
読者に“自分と似てる”と思わせる境遇や感情や、
仕事と恋愛を両立しようという現代的な感覚が、
ウケているらしいです。

NANAの登場人物のコスプレをした24歳の女性が
「NANA巡り」と称するツアーで、東京駅を見て
感動したりしていました。

・・・地取り じゃないのね。
合田にはまる女性たち」という特集はないのかな?(笑)

体質的にハマりやすい、とは思うんですよ。
ハマらないようにするにはどうすればいいんだろう?

仙台2日目
2005年05月29日 (日) | 編集 |
シングルに宿泊しましたが、同じホテルに泊まっていた月美さんと朝食を共にし、
午後に再びB'zライブ仲間2人と合流。さて、昼ご飯です。
仙台は、牛タンが名物なのだとか。
友人オススメの「利休」で、ヘルシー定食を食べました。
普段は肉類をあまり口にしないのですが、
とろろご飯やスープ、それに気のおけない友人とのお喋りと。
・・・いやーいいですね!幸せ。
B'z仲間は、まじめで向学心に燃えている方が多く、会って話をする度に、
自分がいやになりますよ・・・・・・。もっとちゃんと生きなきゃ!・・・・・・・。
将来のビジョンはin the dark♪(詞・稲葉浩志。「LOOSE」)なんで・・・・・・。

夕方頃、月美さんと別れ、ライブ会場へ。
途中、なにか聞き慣れた音楽が聞こえるなあと思ったら、六甲おろしでした!
阪神ファンでない私も、歌詞は覚えてます。
そうか、楽天と阪神が試合をしていたんですねえ、仙台で。

ライブは今日も大盛り上がり。
昨日は西ブロックの席でしたが、今日は東ブロックだったので、
ステージの構造上、昨日はお尻しか見られなかったところが、
今日は前から見ることが出来て、良かった~~~。
稲葉さんは、アンコールの時、楽天のキャップをかぶってました。

一人旅の時とは違い、賑やかに過ごした後に皆と別れて1人になるのは、寂しいものですね・・・・・・。
慣れない夜道を1人も不安なものですが、途中パトカーとか警官が立っていて
ああ合田~と思うと、少し心強かったです(しっかりしろ合田じゃないぞ)。

↓牛タン「利休」のヘルシー定食。
20050605012320.jpg



「CIRCLE OF ROCK」会場にて。
2005年05月28日 (土) | 編集 |
 20050622220940.jpg



仙台1日目
2005年05月28日 (土) | 編集 |
今日から、2泊3日で宮城県へ。

大阪(伊丹空港)を午後発のANAで、仙台空港に2時頃到着。
途中、飛行機から、雲の切れ目に山、山、山の幻想的な風景が見られました。
雲って、縦にも長いんですね。厚い雲の層が流れて揺れて、微妙に色を変えて、
綿菓子のように甘そうで、こんなの見られたら落ちてもいいかという気分になりました。
アナウンスで長野県だと言っていたので、日本アルプスの連峰だったようです。
合田さん・・・・!(いません)

空港を出て、宮城県の空気に初めて触れた途端、
「お!さむ!」
最低気温はあまり変わらないけど、日中の最高気温が7℃~8℃くらいの差がある。
普段、30℃近くある場所で、たまに朦朧としながら生活しているので、
なんて過ごしやすい気候なんだろうと思いました。

ホテルにチェックインを済ませると、大急ぎで友人との待ち合わせ場所へ。
それから車で約1時間、森の木立の中に「グランディ21」があります。
仙台市ではありません。交通手段はバスしかないし、遠方から来るファンには不便。

B'zのライブ、CIRCLE OF ROCKです。
去年はソロ活動のみだったため、久しぶりのB'z。
お決まりの台詞「B'zのLOVE-GYMにようこそ!」にも感慨ひとしおです。

ステージは、アリーナ中央に作られており、スタンド席からも近く感じられました。
アリーナでも“最前列”の人が増えたでしょうね~。
いつもは横長ステージの端から端まで走っているのが常でしたが、
今回は、体力の節約にもなったのでは?(笑)

途中、歌い出しが合わずに、稲葉氏が松本さんを抱き締めて笑うシーンも。
(2日目は、1発でOKでした)

ライブ終了後、あれ?なんだろうこの群は、という場所にいたら、出待ちだったんです。
いろいろ話しながら、メンバーが乗っている車が出てくるのを待っていました。
誰かが「金髪が見えた!」と言ったので、たぶんドラムのシェーン・ガラースだろうと・・・
その他のメンバーも一緒に乗っていただろうということで、再び車に乗り、ホテルに帰りました。

↓機材を積み込んだツアートラック。これで全国を回ります。
 走っているところを見たことはないけれど。
20050607132350.jpg



「スマステ新選組スペシャル」と切腹
2005年05月27日 (金) | 編集 |
月美さんにお借りした「スマステ新選組スペシャル」ビデオで、
江戸時代には切腹が形骸化して、刀を持った途端に
介錯人が首を斬っていたという事実を、初めて知りました。
お前らそれでも武士かー!!!
正式な切腹は、腹を十文字に斬る。
(その後、喉も突くという話もあったけど事実かどうか分かりません)
せめて刀を横に引いてから介錯してほしい・・・・・・・のですが。
腹を刺した途端に気絶でもするようなヤワなのは武士の資格ナシ!なんだろうに。
本来は、介錯人なんかはいない。
戦国武将は、自分に非がなく、ただ戦に負けて腹を切ることが多かったから、
えらく恨みを込めた豪快な切腹になり、
江戸時代に入って、何かの責任を取って腹を切るということであれば、
いくら恨みがあっても、その怒りを主君に向けてはならず、
作法通りキレイに死ぬしかなかったのかも知れませんが。
この辺り、現代社会の組織に通じるものがありますよね(笑)

ま、介錯人には剣の達人を選ばないと、かえって激痛に襲われる無惨なハメになるから
新選組なら、沖田や斉藤に頼めれば一安心、というところでしょうか。

5巻邦訳
2005年05月27日 (金) | 編集 |
「マスター・アンド・コマンダー」の5巻邦訳が出ましたね。
皆さんの反応がイマイチなので、手を出せずにいます・・・・・・・。
ところで、これ正式には「オーブリー&マチュリンシリーズ」ですよね。
英米の会社名とかって、創業者の名前を羅列したのが多い気がします。
「ジョンソン・エンド・ジョンソン(Johnson & Johnson)」とか
「ボシュロム(Bausch &Lomb)」とか「ドルチェ&ガッバーナ(DOLCE&GABBANA)」。
日本で「鈴木と佐藤」とか 「合田と加納」 とかいう、
中学校の生徒名簿みたいな会社名は、ない気がするんですが。
1人だけのフルネームを冠した会社は結構あって、
近所にも「中川政七商店」があるけれど、
最近では「遊 中川」という名称を使っていますよ。
麻素材の和モノ雑貨店なので、レトロな名前でも良いと思うんだけれどなー。

休日に古文書を読む
2005年05月26日 (木) | 編集 |
お休み。
古文書講座では、例の清サンの嘆願書を読み終わりました。
「かくかくしかじかの理由がありますので、
 殿を監禁して、無理やり隠居させることを許してくださいね☆」
という内容の、親戚内だけにまわす告発文で、
用人や妾の横暴ぶりを赤裸々に書いていましたけれども、
さすがに最後のほうは理性が戻ったのか、
「余は御賢慮」を願うというだけで、ぼかしてありました。
その言葉の前に、墨で塗りつぶした一行があり、
その筆力の具合に、苦渋がにじみ出ていました。

もっと書きたかったんだろうな、本当は。殿の悪行三昧を。
高利の借金をしたり、一晩でかなりの遊興費を使ったり、暴力を振るったり、という
なかなかの非道ぶりが、他の史料では散見されるので、そういうことを
書きたいけど、書けない・・・・!ということでしょうか。
当時の倫理観としては、書けないと思うし、
書いてしまって流出したら、穏便には済まないかも知れない。
以前にも、殿が養子に折檻したという理由で、領地を減らされているので。

でも、清サンすごいなー。
この時代、もし裏工作が上手くいかず幕府に睨まれたら
(謀反は、幕府の根幹とする政治体制を覆すものですから)、
お家断絶の上、いったいいくつの首を捧げなきゃいけなくなるか・・・。
一族郎党の未来を預かって、本当にすごい勇気と決断力が要ったろうと思うですよ。

上手くいって良かったねえええええ清サン!
すぐに幕府が崩壊しちゃったけど(笑)!

書店の世代交代
2005年05月25日 (水) | 編集 |
朝の通勤途中にある、唯一の本屋が、潰れてました。

「会社更生手続の下、順次営業を終了し、完全閉店いたします。」

ああああああ・・・・
そりゃ今までだってアマゾンは利用してきたさ。
でも君の所にある本は、君のところで買ってきたんだぜ!!!
そりゃオレには、君の莫大な負債を肩代わりする経済力はないさ。
でもそんなに簡単に、オレを見捨てて行っちまうっていうのかよハニー!
どうしてだよおおお。

美女アマゾンの魅惑の前に、貢ぐ毎日が始まりそうです・・・。
今日も、いろいろ予約しちゃったしな~~~。

昨日はサーバの障害で、フロントページにアクセス出来なくなっていました。
ご迷惑をおかけしました。
いやそれより何より更新が!見てくださってる方がいらしたら!本当に申し訳ない!
大幅に削除、そしてスッキリしたページにしたいのです。
『黄金を抱いて翔べ』を読み返したら(もちろん以前からお気に入りの1冊でしたが)、
またまた思いっきりハマってしまい、こっちの地取りも忘れてはならぬと誓いました。
ああもうどうして北川兄弟は、あんなに幸田にめろめろなんでしょう(笑)
「こうだ」、濁ると「ごうだ」になるんですよね。
ちなみに、分けると「半田」。
いやだから男殺しってわけじゃない・・・だろうけれどもさ・・・。

氷に産毛・・・!
2005年05月24日 (火) | 編集 |
家の畑で作っているイチゴが収穫の時を迎え、
食卓は「主食・苺」と言っても過言ではない豊穣っぷりです。
食べきれない分は冷凍していたのですが、それを解凍すると
氷の部分がぽろっと転げ落ち、それを目にしたわたしは、
フォークを口に入れたまま凍り付きました。

氷に産毛が生えてる!!!

よおく見ると、謎は解明しました。
イチゴの表面に付いている粒々の種の、その上に毛が生えていますよね。
それが氷の中に組み込まれ、イチゴと氷を放した間に、本体のイチゴから切り離されて
氷のほうにくっついてしまった・・・・という結果。
脱毛テープを手足から剥がした時に、毛がテープのほうに
貼り付いているのと同じことですが、
氷の場合は立体的なので、まるで植毛したかのよう。
不気味さがいっそう際だっていました。
あんなに気味悪いものは、ありませんですよホント・・・。
あんまり気持ち悪いので、写真も撮らずに捨ててしまいました。
勿体なーい・・・!

サントラ「ウィンダリア」
2005年05月24日 (火) | 編集 |
1986年に公開された劇場版アニメ「ウィンダリア」のサントラを買い直しました。
映画のエンディングの哀感が好きで(小学生の頃のほうが暗い好みだったのか・・・)
何度も繰り返し見たんですが、それ以上に気に入ったのが、この音楽。
気宇壮大、オーケストラの楽曲の美しさを知ったのもこれが初めての経験で、
友達が持っていたテープを借りてダビングし、飽きもせず聴いていました。
小学生の時から現在までの長い期間に、こんなに繰り返し聴いた音楽は、他にないなぁ。
そのテープもすっかり擦り切れてしまって・・・そうだよなぁもう20年近く経つんだもんなぁ・・・
最近、DVDも新しく出たようですが、子どもの頃に好きだった映画を
再び見るのは恐い気がする。あの頃のきれいな想い出のまま置いておくのが良いんでしょうか。

海洋小説『無法のカリブ海』
2005年05月23日 (月) | 編集 |
海洋小説★アレグザンダー・ケント著/高橋泰邦=訳
海の勇士/ボライソーシリーズ27 無法のカリブ海』(早川書房)2005.0131

↑アダム・ボライソーにも、ようやく仲間が出来たかなーという感じです。
 ヘリックがあれを耳にするといいな、と思っていたリチャード・ボライソーの言葉を、
 オールデーから聞いたと知って、悶えました。
 そのシーンを見たかったー!
 あの空よりも海よりも深く青い目で、すがりつくように虚空を見たのではないかと・・・!
 そして一瞬強く目を閉じ、眉間にシワを寄せて瞑目。
 声にならない呟きが、漏れたのではないかと・・・!
 
 今年10月1日に新刊が出る予定なんですが、
 リチャード士官候補生時代が舞台なんで・・・・・
 懐かしの彼が出てくるだろうが、ヘリックはムリだなぁ。残念。

映画「真珠の耳飾りの少女」
2005年05月22日 (日) | 編集 |
映画「真珠の耳飾りの少女

1665年、オランダのデルフトが舞台。公開は2004年。公式HPはこちら
フェルメールの作品「青いターバンの女」が描かれた時の、
モデルの少女と、フェルメール一家の様子を描いています。
見慣れた「真珠の耳飾りの少女」の構図そのままに部屋が設えられてあり、
人が立っている場所には、等身大の木像に服が着せてあって、
当時、本当にこんな風にして描いていたのかな~と思わせる。
現存するフェルメールの絵と同じような衣装を着た人々も登場して、雰囲気のある映画です。
絵のモデルに異常なまでに嫉妬するフェルメール夫人の激情が、恐い。
少女は美しいだけでなく色彩感覚にも優れていて、
妻の入り込めない“画家”として夫と、親密になっていくからでしょうか。
フェルメール役はコリン・ファース。主役の少女は絵よりも美人!(笑)
まぁ・・・合田がこの少女に見惚れると思えば、そりゃ確かに嫉妬もするか・・・加納が。

海洋小説『難攻不落、アルジェの要塞』
2005年05月22日 (日) | 編集 |
海洋小説★アレグザンダー・ケント著/高橋泰邦=訳
 『海の勇士/ボライソーシリーズ26 難攻不落、アルジェの要塞』(早川書房)2003.02.28

↑甥のアダム・ボライソーが主役です。有能だし、部下への思いやりはあるんだけど、孤独な人です。
 その出自のせいかも知れませんが、手負いの獣みたいな・・・
 どこまでも叔父さん以外に懐かない、それはそれで魅力的。
 でも読むたびに私の中での ヘリックの大きさを思い知る というか、
 あの人の 壊れ加減が大好き だったなあ~~~。
 残念だなぁ~。諸行無常だなぁ~~~。
 自分の手を切ったりとか頬に傷付けてみたりとか、自傷癖がありそう。
 そしてまたきっと悲しげな目でボライソー(叔父さんのほう)を見たりして
 実は肖像画なんか隠し持って見てたりして
 それを他の人に見られて「いけないものを見てしまったサー」とか
 思われてたりして夜中にいきなり名前を呼びながら目が覚めたりして
 ・・・そういう彼が好きだ。
 (全部妄想です)
 ヘリック~~~!

映画「プランケット&マクレーン」
2005年05月21日 (土) | 編集 |
映画「プランケット&マクレーン

ロバート・カーライルがまともな人の役をしていた!
彼が演じるのは、1730年代に生まれ、アメリカへ渡るため追い剥ぎをしながら
金を集めているプランケットというイギリス人男性。
義弟が殺された件でマクレーンと知り合った。
紳士を気取るマクレーンを軽蔑してはいるが、利害が一致したために手を組む。
そして追い剥ぎをしながら絆を深めてゆくという話。
舞台は18世紀だけれど、ライブの特殊効果みたいな花火はまぁ・・・言わずもがな、
銃撃戦の時の光線の派手さや、ぴかぴかでよく映る鏡、それに、
各登場人物の心の動きも非常に現代的な仕上がりの、エンターテイメント作品です。

ロバートの目は、笑っても悲しげで寂しくて、どうしようもなく魅力的なんです。

本『英雄アルキビアデスの物語 下』
2005年05月21日 (土) | 編集 |
本★ローズマリ・サトクリフ著/山本史郎=訳
英雄アルキビアデスの物語 下』(原書房)2005.2.20

アルキビアデスの大言壮語っぷりが好きです。
用心してくださいと頼む部下に、

「大物は用心などしないものさ。用心など神々には無用だ」

・・・自分を神になぞらえるあたり、
榎木津礼二郎(@京極夏彦)にも負けない厚顔です。

部下が駆け込んで来た時、

「おお君か!あんな風にいきなり飛び込んでくるなんて、
 人生に疲れているんじゃないか

それが挨拶の言葉なんですかそれが・・・・・・・。

“好き”の温度差
2005年05月20日 (金) | 編集 |
お休みでした。
最近、新しい本を読みたい!という渇望がない気がしたので、
主に五條作品の読み返しをしつつ、他の用事に精魂を傾けようとしていたのだけれど、
図書館に行ってたくさんの本を目にすると、「読書時間は削るぞ」という固い決意も
日本海の波間に浮かぶ泡沫のように消えていきました・・・・・・。
ちょうど、予約していた本も届いていました。
予約っていうか買ってもらった本。
「あれ?連絡してませんでしたか?」と訊かれて「ないです」と
答えると、司書さんは不審そうに予約表を見た挙げ句、
「あ、さっき入って来たばかりでした」。
うーん本に呼ばれたかのよう。読んでくれと叫んでいるよ!
更新とかいろいろやるつ、つ、つもりだったのに
(言い訳なんて浅ましいっすよ)。

「スターウォーズ」でオビ=ワンを演じているユアン・マクレガー氏が、
「あの映画には異様に熱心なファンがいるだろう。
 集会とか開いたりして。 ちょっとこわいよな
えええっと確かにマニアの多い映画ではありますが、
多少は目を瞑ってあげて欲しいなぁと思うのですよ・・・。
普通の友達と、「ああ高村さんの本?私も好き」とかいう話になった場合、
彼女とわたしの“好き”には明らかに温度差がある。小説一般にそうなんだと思います。

いつも目的以外の物を買うのだ
2005年05月19日 (木) | 編集 |
休み。ショッピングへ。
某百貨店の優待なのですが、特に父が雑貨好きなので、一緒に行ってきました。
昼食の時だけ合流したんですが、いつもの如くやっぱり大きな荷物を抱えてました。
何を買ったんですか父上・・・。
わたしは靴を買うつもりだったのに、いつの間にかなぜやらソフマップにいて、
「S.A.S英国特殊部隊 シージャック」のDVDを手にして微笑んでいました。
このシリーズでこれが一番好きなんですよ、手に入って良かったー!
・・・・けど、靴は???
ゲームはしばらくお預けにしておかないと。

携帯電話に居る恋人
2005年05月17日 (火) | 編集 |
通常業務終了後のミーティングも無事に終わり、ホッと一息。
電車で、前の座席に座っていたスーツ姿のサラリーマンらしき男性が、
携帯でムービーを見ていました。
可愛い女性が、恥ずかしそうに俯いて、それから幸せそうに顔を上げて、
ニッコリ微笑む映像でした。そして次は、レストランで食事中の彼女。
彼女は照れた笑顔で、掌を突き出して「撮るのやめて」ポーズ。

ずっとずーっと、そんなムービーを、食い入るように見る男性。
ここに映っている可愛い女性は、恋人なんだろうな。
このムービーは、疲れた心身を癒す“回復アイテム”なんでしょうね。

まぁちょっと、ドラマでよくある、
“死んだ彼女の回想シーン、幸せだったあの頃の僕たち”・・・って感じでしたけれども。

そうか、デートした時の恋人の笑顔や笑い声を、
頭で思い浮かべたりしている時代は、もう終わったのか。
その時の彼女はいつも携帯の中にいて、いつでも見ることが出来る。

・・・・・加納が合田を携帯ムービーに撮っているところを思い浮かべてしまいました。
山頂で微笑む合田。テントの中で眠る合田。始発電車に乗って、出勤する合田。
いやーん!それはもう、死別なイメージ強過ぎます!!!

FFXの、アーロンスフィアみたいですね(笑)

不運
2005年05月15日 (日) | 編集 |
朝、出かける時に玄関を出ると、我が家の溝の中で、猫が死んでいました
近寄って見ても外傷は見あたらず、ただ口を薄く開け舌先を出し、
目は開いたままで、苦悶の表情を浮かべていました。
飼い猫も野良猫も多い地域で、猫同士の喧嘩で死ぬこともあるし、
もしかしたら夜の内に車に轢かれたのか。

待ち合わせの時間に大阪駅に着くよう、急いで快速に乗り込むと、
途中でいきなり停車。・・・え?と思っている内に上ずった声で
「当列車にて、人身事故が発生しました。」
・・・・・・またかー・・・・・・・・・・・・・。
たぶんここは有名な飛び込みポイントだと思うのです、
その日も線路脇に花が供えてあったから。
まずは車掌が現場の状況確認をしに行き、次に運転手が車両点検。
ブレーキ等に異常がないかどうかを確かめます。
そのうちパトカーと救急車と消防車がやってきて、
監察っぽい人が写真を撮って、制服警官がうろうろして、
(わたしが座っている窓の真下に来たんですが 合田じゃなかった・・・
30~40分後に、ようやく運転再開。
その間、若い運転手は平謝りで、気の毒だった。
彼が謝罪するような落ち度はないのに・・・。
一番ショックを受けているのは彼だろうに・・・。
目の前に人が突然現れて、それを自分が轢いてしまった後味の悪さは
一生忘れられないんじゃないでしょうか・・・。
ただでさえ大変な時なのに、JR西日本。

列車は、歩いても駅まで数分の距離で停車していましたが、
「車外は大変危険な状態になっております」といういつものアナウンスで
(わたしは台風の時の新幹線でも、こんな事を言われ続けました)
車内閉じこめ。
まあ仕方ないですけどね、確かに、運転再開の時に安全確認が面倒だろう。
しかしこのアナウンス恐いです。言い方変えてください。
パソコンの強制終了時、「不正な」 ことをしたと言われるくらいイヤです。

その後、ダイヤが乱れたため、待ち合わせにはたっぷり1時間遅刻でした。
申し訳ありません・・・・・・。
でも初めて行ったイーマビルは、日曜の梅田とは思えない落ち着いた雰囲気だったし、
イタリアンのランチも美味しかったー。カフェコムサのケーキは見るだけで幸せ。
パティシエが被っているコック帽は、あの無闇な高さが、自信と誇りの高さですか!

ローズマリ・サトクリフ著/山本史郎=訳『英雄アルキビアデスの物語 上』
2005年05月14日 (土) | 編集 |
ローズマリ・サトクリフ著/山本史郎=訳
英雄アルキビアデスの物語 上』(原書房)2005.2.20

サトクリフ氏は、乙女心のツボを突きます。
これは、アルキビアデスという男性が、いかに万人に愛されているかを描いた物語(笑)
彼の声は「ヒョウが暖かい岩の上で日なたぼっこをしながら人間の声をしゃべった」感じなのだそうな。
分からん。
美少年で、ソクラテスと愛人関係にあり
(本当に愛人関係って書いてあるので誇張じゃないです)、
「大勢いた愛人のうち、あの男のいちばん良い面を出させることができたのは、ソクラテスだけだった」そう。
とにかく、男も女も犬も、何もかもが彼に夢中になった。
貴族階級出身なのに民主制のシンパで、いたずら好きで、天才、自信過剰で、
・・・なんというか微妙にシリウス・ブラックを思わせる人。

「あの人が我らを裏切ったとしても、あの人に神々のお力添えがありますよう」
「アルキビアデスに指一本でも触れてみろ、そうなったらお前ら、ただではおかないからな」
「いやいや、愛じゃない。たいていの男が『愛』と称するようなものではない。
 アルキビアデスの旦那は、すでに大勢の男に愛されていた。
 だけど、旦那も、あっしも、その当時でさえ、女を愛するほうだった」

 ・・・彼らの証言がもう、アルキビアデス激ラブ!というのをよく証明していて・・・
頭を冷やせ。

兵士の述懐で、気になった言葉。
「戦に出ようという兵士たちは、戦の歌などうたわないものだ。
 歌うのはもっぱら女のこと、酒のこと、美少年のことだ」 

 ・・・び、美少年 のこと?

余談ながら。
昔、「アルキメンデス」という、歩きながら食べるカップ麺が発売になったのを
ご記憶しておられる方は、いらっしゃるでしょうか???
大塚食品から出てすぐ販売中止になった代物だけれど、
テレビCMもしていたし、あんかけ中華味で、わたしは好きだったんだけどなー。
でも、わざわざ歩きながら食べなくていい、とは思う。それが敗因?

艦長と先任伍長
2005年05月13日 (金) | 編集 |
映画「亡国のイージス」のHPなかなか面白いです。
イージス艦「きりしま」艦長と先任伍長に聞く”では、
艦長が同席しているせいか、先任が遠慮しておられる感じはあるのですが、

「艦長を落とすか、副長を落とすかは、
 まさに先任伍長の状況判断にかかっています(笑い)」

また、遠慮してある事を言い渋る先任伍長に、艦長が、
「でも、何だ。言え」 と・・・・・・・、もうこの言い方が ---! 艦長!
艦長だー!

そしてまた先任、ばっさり言い切ってしまう!
言うかーそんな事をーまさしく先任だから言えることですよ・・・。

そんな素敵なページはこちらです。
それにしても自衛隊もやたら気合い入ってますなぁ。
テーマがテーマなので便乗しないだろうと思っていたら。
そこが亡国たるゆえん(笑)

ちなみに、映画のキャスティング・・・気になっていた阿久津役は
矢島健一さんなんですね。映画「レディ・ジョーカー」で神崎課長を演じられた方。

蛇髪、もしくは孤独の果て。
2005年05月12日 (木) | 編集 |
目覚ましを止めて、一瞬目を閉じて、次に目を開けて時計を見たら、
2時間が経っていました。
そういう時わたしは、時計が壊れているんだな、と思います。

でも壊れてなくて、急いで美容院へ。
久しぶりにカラーをしたのですが、「ベージュ色にしたい」という希望は叶えられず
かなり抑えたブラウンになってしまいました。
小学生以来だと思うけれど、前髪も作ってみました。
前と同じくらいで、と言ったのに、自称「キモイ」美容師のお兄さんは、
「夏だから!」と、ばっさり切ってしまいました・・・。

アンガールズという2人組の芸人さんは、体脂肪率5%で、
痩せてガリガリらしいのですが(実はテレビで見たことないんですが)、
ものすごくサラサラできれいな髪じゃないですか?
ツタンカーメンの面くらい艶のある直毛ですよね。
彼らの栄養は、髪に吸い取られているのか・・・。

メドゥーサみたいに髪が蛇だったら、蛇とキス出来るよねって
後輩に言ったら、キスしたいですか蛇としたいですか!と訊かれました。
いや可愛いなぁと思って・・・
「スパイダーマン2」のドックオクが持っていた人工アームみたいに、
蛇がくにゅっと顔を向けて、「お昼、何食べるん?」「さっきの客イヤな奴やなー」とか
言うんですよ。可愛いでしょ?
ものすごく可愛いと思うのですよ蛇髪・・・

「ドッグヴィル」
2005年05月11日 (水) | 編集 |
舞台を見ているような、いやもしかしたら舞台より簡素なセットなんですが、
その世界に引き込まれていく不思議な映画でした。
わずか23人という過疎村、ドッグヴィル。そこに1人の美女が来ることで、村人のエゴが暴かれます。
床に家や犬を表す線を敷いただけのセットは、村の閉塞感と貧しさをよく表現しています。
実際は壁や道路に隔てられていても、心理的な距離感はもっと近い、この映画のように
小さなステージに押し込められている感じなんじゃないでしょうか。
そこは、相互監視の行き届いた社会。
ストーリー自体は特に新奇なものではないし、その上、効果音も小道具も極力抑えているだけに、
映画の質は、演出と役者の演技にかかっている。しかしあれ・・・相当なプレッシャーだろうなぁ。
シンプルなんだけど、どんなホラー映画より恐いんじゃないだろうかと思います。

ニコール・キッドマンが美人!ポール・ベタニーは完璧。
職場の後輩に、ステラン・スカルスゲールドのファンがいるんですが、
「好きな俳優は?」と訊いて、彼女の口から、ステランの名前が出て来た時は驚きました。 
「グッド・ウィル・ハンティング」を見て、マットやベンじゃなく、ステランのファンになったっていうのが
十代の女の子にしては、なんていうか、渋い好みだな・・・と・・・・・。

C.S.Forester 『Hornblower and the “Atoropos”』
2005年05月10日 (火) | 編集 |
C.S.Forester 『Hornblower and the “Atoropos”

邦題は『トルコ沖の砲煙』。
最初は、ちょっと番外編的な感じで、渡し船を自ら漕いだりしています。
(艦長の制服を着ているのに!! 例えるなら、
 スーパーの忙しい夕方頃、お偉いさんがレジに立ってしまう感じでしょうか)
ネルソンの葬式の様子もこれでよく分かりました。
黒い天蓋付の葬送用の舟艇に乗せられたネルソンの遺体は、
2マイルに及ぶ小船の行列に囲まれながら、テムズ河を上流へ6マイル航行し、
ホワイトホールの海軍省のところまで行くのですが、
その小船団を指揮するのが、ホレイショ・ホーンブロワーくん。
南西から吹きつける強い逆風のために棺を沈めそうになって、
慌てふためくホレイショが可愛い・・・!
ブレイスガードルも登場してましたが、やっぱりドラマは
かなり原作と異なっているんですね~。
 
こーんなに内省的で生真面目で義務義務言ってるカタイ男でさえ
王のためや国のために戦っている、とは思ってないんですね。
(The hackneyed phrase “ for King and Country ” hardly expressed his feelings at all.)
マライアのためでもないような・・・。
でも・・・船員は、あんたのために戦ってるんだよキャプテン・・・!(笑)
20050608002420.jpg



2005年05月10日 (火) | 編集 |
今夜の会議は、新商品のプレゼンでした。
ものすごく良い声の営業さんで!眠くならずに済みました。
声に陶酔。
この業界の新商品って、いつも謳い文句だけは立派(しかし使い古されたもの)で、
実際に使ってみて、やっぱり期待はずれだなと落胆することの繰り返しなんです。
だから新商品の説明会なんて退屈なだけなんですが、
やー・・・美声はいいな。腰砕けますよね!
ああだめだだめだ声いいのって反則だー。
セクシーなハスキーボイスとかだったらもう何でも買います☆

連休明け
2005年05月09日 (月) | 編集 |
アリナミンAの車内吊り広告がとても印象的でした。
黄色の地に黒で「連休明けの1週間は、とてつもなく長い」 。
いやまあ本当に、GWの忙しさには参りました。
明けたらホッと一息。

客引きする占い師
2005年05月07日 (土) | 編集 |
通勤途中、道を訊かれたので、いつもの如く答えて、それでもまだ話しかけてこられたので
相槌を打ったり、周囲の寺社の位置関係やら行くまでの所要時間やら説明したのですが、
最後に「ここの人は皆のんびりやなあ」「みんな喋り方がゆっくりや!」などと言われて、
さすがにカチンときたのでした。朝から・・・
初対面の方に向かっては、さすがのワタクシも、毒舌を控え丁寧にゆっくり話しますよ!
しかもゴールデンウィーク終盤の土曜の朝10時頃に、観光地で歩いている人って、
たいてい観光客なんじゃあ・・・あと占い師 だな(笑)

占い師、最近めちゃくちゃ盛んに客引きしてます。
毎朝、「お悩みないですか?」って訊かれるんですが、アナタこそ不景気でお悩みでは?
占い師って、国家資格が必要なんでしょうか?
自称で名乗れるものですよね?年収とかも関係ないですよね。
肩書き「占い師」って、なかなかいいなぁ。
「魔術師」とか「錬金術師」とかもOKですか。そんな名刺を作ってみたい。
「陰陽師」のは「憑きもの祓います」なんてPRを入れてみたり。
ああでも自分の名前じゃ面白くないもんな・・・

誰からも「おっとりしている」って言われるので、やっぱり、おっとりしているのかも知れません。
認めろ自分!(笑)


昨日イヤな予感がしたとおり、今日は異常に仕事が忙しかったです。
花粉症もまだまだ継続中なんですが、もう何の花粉なのか・・・!
風邪疑惑も浮上。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。