高村薫さん・五條瑛さん・福井晴敏さん・古処誠二さん等の小説、海外の海洋小説、歴史、B'z、を糧に生きている人間の日常。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


休日に古文書を読む
2005年06月30日 (木) | 編集 |
お休み。
休んでばっかりいるみたいですが、確かにちょっと休んでばっかりいたので、
明日から連勤です★世はバーゲンだというのに!

ひたすら『デルフィニア戦記』を読んでいて、午後は古文書講読。
例の、バカ殿軟禁計画の首謀者2人が交わした誓約書を読みました。
予習していなかったのに何度も質問されて、困りました。
  CIMG2933.jpg

 これのどこが「親類」なんですか鈴木サン!

今度はちゃんと予習やっていこう・・・・・・。
何しろ周りの生徒さん(みな孫がいる世代)は、ものすごく熱心な勉強家ばかりで。

ところで。
ホーンブロワーのDVD-BOXが26%オフになっていますよ→
ちなみに銀英伝も27%引きになっているけど、なって4万6千円かー・・・。
グラディエーター エクステンデッド・スペシャル・エディション」も、発売が決まりましたね。
ラッセル・クロウ御大の解説付きだそうです。
ポール・ベタニーの「ギャングスター・ナンバー1」も廉価版が出ますね。
ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ」のDVDは再版しないのかな。
ゲイリー・オールドマン人気に便乗してぜひ!
それより「sharp」はなぜ日本版DVDが出ないんだ。
NHKの大河ドラマを遡って出してる場合じゃありません(笑)
(完全版の「毛利元就」が出たんですね。)
ガエル・ガルシア・ベルナルのゲバラ関係のも全部欲しいですよ。
今バーゲンに行っても、本とDVDだけ買って帰ってきそうな気が・・・。
スポンサーサイト

本★茅田 砂胡『デルフィニア戦記 第Ⅰ部 放浪の戦死1~4』(中公文庫)
2005年06月30日 (木) | 編集 |
本★茅田 砂胡『デルフィニア戦記 第1部(1~4)』(中公文庫)

たった独りで命からがら逃げ出して来た男と、
まるでこの世の人でない強靱さを持った少女の出会い。

これ以上はネタバレになると思うので省略。
登場人物が魅力的で、ぐいぐい読ませる作品ですね。
漫才のような掛け合いも楽しい。

十二国記』の場合、国とは何か、国王とは何かを突き詰めていくような
わりとカタイところが多いんですが、デルフィニア戦記の場合は
ファンタジーの戦記物にありがちな、年代記だの世界観だのを考えずに、
もっと気軽に楽しく読めます。

登場人物の1人に、“ナシアス”という名前の人がいるんですが、
この人のことを、ずっと“ナルシス”だと思いこんでいました。
今でも間違えます。
だって、騎士には見えないほど容姿端麗、柔和な雰囲気、
“美技”とまで言われる剣の使い手・・・ナルシストじゃなければ何!?
(いや美技って言葉に、テニス部の部長を思い浮かべてるんじゃ・・・)

主人公(たぶん)のウォルがやっぱり好きですが
(『十二国記』の尚隆に近いけれど、あれより落ち着いているかな。
 尚隆は脆そうな感じもあって、いつか壊れそうで、そこがいいですよね)

主人公の支えとなる人物、これが形容に困る。少女というか、少年というか、
前の世界では心身共に少年だったのに、今の世界では少女の肉体を持っているという
ファンタジーらしい設定なんですが、この、中身(精神)と外観(肉体)が違うということで、
高橋克彦さんの『ドールズ 闇から覗く顔』(角川文庫)を思い出しました。
こちらのほうはもっと極端で、8歳の少女に、江戸時代の人形師が甦るという設定。

可愛い幼女の口から、泉目吉さんの低い伝法な江戸っ子弁が聞こえるさまを思い浮かべると
鳥肌が立つくらい・・・・かっこいい! もうめちゃくちゃかっこいいいー!
目吉さんは、回向院での見せ物用に、土左衛門とか女性の生首なんかを
リアルに再現する人形師で、そのリアルさは「生き人形」と呼ばれるくらい。
蝋人形みたいな本物そっくりの人形を作る人でした。

可憐な少女から、オヤジな声(しかも江戸風)が聞こえるとこが、ちょっと恐くてかっこいい。
いや、目吉さんなら、そのままの姿で良かったんですけど!
かっこいいんで!なんというか、闇を背負った御人で・・・
仕事人シリーズの大ファンだった私の心を鷲掴みにしてました(笑)
高校生の時にハマったもうお一人は、加藤保憲(『帝都物語』)です。
当時から壊れた人が大好きだったのか・・・。

外の熱さと中の寒さ。
2005年06月29日 (水) | 編集 |
カエルのポストカードを買って、梅雨見舞いハガキを書く準備をしていたのに、
いつまでも雨が降らず・・・、でも今日はスコールのような大雨が!
洪水は困りますが、少しは降らないと、また琵琶湖が干上がってしまいます。
今日の琵琶湖の水位、-28 cm ですよ。
琵琶湖の水は、近畿1,400万人の生活と産業を支えているんですよ。
心配。

いやあ外の異常な熱さ(もう“暑”いどころでは・・・!)にもかかわらず、
職場の寒さ。ホグワーツの雪景色を思い出します。
冷房のせいなのか、すぐに喉が嗄れて、しゃがれ声になるし。
喋るのが仕事なんだから、これでは困る。手足も冷える。

あたたかい食べ物より、冷たい食べ物のほうが好きだというのに、
身体が凍えるからという理由で(夏なのに!)、
昼食に、インスタントラーメンを食べたり。セブンイレブンで販売している、
イトーヨーカ堂グループ限定「めんの王道」シリーズ(150円)は
生麺タイプのコシのある麺と、美味しいスープでなかなかのものです。
  noodle.jpg

それに、nichiroという会社の冷凍食品「きのことほうれん草のオムライス」は、美味!
(日露って変換になったけどもしかして本当に日露のnichiroですか?
 1907年創業ということは、日露戦争終結から2年後だし)
   20050630010025.jpg


中華料理屋に行くと、入れ替わり立ち替わり現れる店員さんに、
「冷めるぞ」「早く食べろ」「小籠包は熱いうちがイイんだ!」
と、怒られてしまうんですが・・・冷めるの待ってるんすよ・・・

ただでさえ寝付き悪いので。
2005年06月28日 (火) | 編集 |
11時頃に寝たら、夜中1時頃に目が覚めて、それからやはり寝られず。
ああもう習慣になっちゃったよ・・・! 仕事が休みだったのが幸いです。
午前中(1時からずっとだ)は本を読んでパソコンの前に座って過ごし、
午後はふらりと出かけまして、夕食は中華料理屋に行ってきました。
大きな山水画が飾ってあって、普段は穏やかな客が多い、雰囲気の良い店なんですが、
たまたま隣の席になった男性2人が、酔っぱらいで。足を投げ出して顔を向けてくる。
しかも携帯電話で話し出すと、声がさらに大きくなる!
これには我慢できずに、席を取り替えてもらいました。
料理は美味しかったです。久々に栄養を採ったなあ・・・
最近ずっと冷やしうどんか蕎麦でした(合田の影響か)。

読書日記のブログを開設しました。こちら
最初の1冊は、ホーンブロワーの『パナマの死闘』です。
US版『BEAT TO QUARTERS』をテキストにしてますが、99%は日本語です。
第1章が、むちゃくちゃ長くなってしまって、反省・・・今度はもっとコンパクトに!
あらすじではなく、感想をもっと出していきたいから書き始めたものです。
来月はハリポタ新刊を読みますが、その次は、日本の作品も勿論!
古典とかも楽しそうだなぁ。調べるの大変そうだけど。
数人で、読書会みたいにしても楽しいだろうなと思うんですよ~~~

Jeffrey S. Young , William L. Simon『Icon: Steve Jobs, The Greatest Second Act In The History Of Business』
2005年06月28日 (火) | 編集 |
Jeffrey S. Young , William L. Simon
Icon: Steve Jobs, The Greatest Second Act In The History Of Business』(John Wiley & Sons Inc)2005.5.13

すごいと思うのは、これが、ただの企業の創立者礼賛ではないこと。
スティーヴジョブズって、結構ひどい人だと思えます(笑)
著者は、初期からのスティーヴ・ジョブズfanだそうなんですが、
さして美化されることもなく、プライベートなあれこれが書いてありました。

Steve Jobs と、 Steve Wozniakは、
電話代を無料にできる「blue box」を40ドルで作り、
販売し始めました。その価格は、150ドルから300ドルにまで急騰。ぼったくり。
この2人のスティーヴくん(当時まだ)が、アップル社の創設者です。

ジョブズさんは、当時有名だった会社へ押しかけ女房同然に入って仕事をもらってくるとか、
とにかく口が達者!お金持ちになったので、19歳でインドへ旅行。
この時に、友人Dan Kettkeの分の旅行費まで出してあげて、連れて行ってます。

そんな華やかなジョブズさんとは好対照に、Wozさんは、ひたすらコンピュータ好き。

「Steve's role was to buy the candy and cokes while Woz did all the design.」

Wozさんの仕事をかすめ取って、ジョブズさんは、巨万の富と地位と栄誉を勝ち取ったと、
そう思われていたらしく、社内で、ぎくしゃくしていく人間関係。
友人に騙されたと発覚して、泣いているWozくんが気の毒で仕方なかった・・・。

その後、恋人が妊娠を告げた途端に別れてしまい、
DNA鑑定でも決まり!と言われた娘Lisaさんを認知しなかった。
うーん、いいんですかそんなんで・・・
(その後、パソコンに娘の名前Lisaを付けたりして、複雑な男心・・・)

しかし、ジョブズさんの本領が発揮されるのは、技術屋ではないところにあるのですね。
エンジニアの考えるコンピュータというのは、実用一点張り。
今のアップル製品の特長として思い浮かべるのは、その秀逸なデザインにありますが、
それを主張したのが、スティーヴ・ジョブズ。

23歳で、million dollars、24歳で、10million dollars、
25歳には、100million dollarsを超える収益を計上した会社の
経営者で、容姿端麗、メディアのお気に入り。
プレゼンでは、自信たっぷりな笑みと見事な話法とカリスマ性で、聴衆の心をを離しません。
ペプシにいたJohn Sculleyがアップル社に来た理由を問われて、
スティーヴと仕事したかったからさ!と答えていますが、
そういう、人を惹き付ける魅力を、スティーヴジョブズは持っていました。

ですが、その人気と独裁者っぷりが、他の役員との溝を作る。
どうにもならないところまで来てしまって、アップル社を追われます。創立者なのに・・・。

彼がアップル社を追い出されて後に、アップル社について語った言葉がすごい。

My relationship with the company is like a first love.
I'll always remember Apple in the same way any man remembers the first woman he's fallen in love with.

初恋!初恋ですよ。
世の男性が初めて恋に落ちた女性を思い出すように、
会社のことを思い出すって、なんてロマンチストな・・・。
追い出された感があるのに(笑)

I will feel that my genes(遺伝子) are still there.

こういうことをさらりと言ってのけちゃうとこが、
彼をメディアのお気に入りにしている理由でしょうか。

紆余曲折があり13年後、スティーヴジョブズは白鳥の如く舞い戻り、
(もう髪も薄くなって、老眼鏡が必要な状態になってはいたものの!)
iMac、iPodなどのヒット商品を次々と市場に出し、大成功。

Pixarでは、Toy Story を皮切りに、アニメの革新に成功、ヒットを飛ばす。
ディズニーとの確執もいろいろ載っていますが、ややこしいので省略。

誕生日に、Apple社から、20人乗りの(私用)ジェット機をプレゼントされてます。
Gulfstream V corporate jet aircraft、マッハ0.8。
500ノットだそうです。時速926キロメートル。
数十億は下らない誕生日プレゼントで・・・・・・。

膵臓ガンの摘出手術を49歳で受けながらも、復帰。
Steve Jobs, at age 50, had made himself into an icon of 3 different industries.
(彼が経営に携わった企業は、Apple, NeXT, Pixar)
年収は、$3.49 billion.(もう全然イメージわきません)。
  20050628043015.jpg


2005年06月27日 (月) | 編集 |
言いたかないけど、暑いですねー!
駅から職場まで、炎天下を15分ほど歩くんですが、
途中のコンビニで、レジの店員さんを、ぼーっと見つめたりしています。放心・・・
職場に着いたら、日焼け止めの上に日傘までさしているとゆーのに、顔が真っ赤。
そして職場は、冷房が効きすぎて寒い!体調崩しさん続出中。

帰宅後、夕食と風呂を済ませたら、睡魔に襲われました。
9時から11時まで寝てしまって、それから目が覚め、
眠れないのでホーンブロワーを読み出したら、目が冴えてもっと眠れない!
とうとうそのまま朝を迎え、また仕事に・・・。うう。

ホーンブロワーと、オーブリー&マチュリンシリーズを買って
どちらを先に読もうかなとページを開けたら、ブッシュが!
ブッシュ副長がいたので!ブッシュの魅力に屈しました。
丁寧に読んでいるので、別ブログで読書日記を書こうかと準備中です。
(いやここもほとんど読書日記みたいなんだけど・・・)
『iCon』でSJの年収とかを読み飛ばしてしまったので
(だってbillion単位なんだもん、イメージ出来ないっすよ)
もっと数字を丁寧に、あとホレイショの心の動きを妄想して丁寧に
読んでいこうかと・・・でも来月のハリポタ新刊が出たら、
ホーンブロワーは一時中断。
6巻に期待するのは、リーマスとスネイプがどう出てくるかというだけなんですが。
それに回想シーンがどれだけあるかなー。
子ども達の運命なんかどうでもいい
(シリウスのことでかなり心が荒んでいるもよう)。

映画★「天国の口、終りの楽園。」
2005年06月26日 (日) | 編集 |
映画★「天国の口、終りの楽園。

フリオとテノッチ(イノッチではない)は、17歳で大の仲良し。
少々羽目を外し過ぎとも思われる、ドラッグ&セックスの怠惰な生活に、ご満悦。
だが、バカ騒ぎを繰り返す少年時代とも、お別れの時がやってくる・・・
そんな最後の夏を、年上の既婚女性と共に過ごすことになった。
メキシコで、少年2人女1人の、「天国の口」という幻の海岸を探す旅が始まる。

わたしがこの映画のタイトルを聞いたのは、アルフォンソ・キュアロン監督が、
ハリポタ3作目「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」を任されると決まった時でした。
この映画が監督の出世作で、つまりは、これを見て、あのドル箱のハリポタを任せようと
“エライ人”が決めたはずなんです。どんな映画なのかな、と思ってました。

同じ、若き日の憂鬱を描いていても、健全な青少年向け「ハリー・ポッター」とは、
全然色合いが違います。・・・・親世代 向け!(健全じゃないのか奴らは(笑))

フリオとテノッチは、ジェームズとシリウスみたいでした!
監督がこの路線で描いてくれれば良かったのに!
子犬がじゃれ合う感じで、まぁほんとに、仲が良いったらないですよ。

フリオ役のガエル・ガルシア・ベルナルと、テノッチ役のディエゴ・ルナ
親同士が親交があったそうで、生まれた時からの友人同士だそうです。
ヨアン・グリフィズとマシュー・リスみたいに、キスシーンがありましたが
ああいうの恥ずかしくないのかなぁ・・・・・。

ガエル・ガルシア・ベルナルは、特に眼に特徴のある個性的な美青年ですが
ディエゴ・ルナは、端正な美青年でした。
「チェ・ゲバラ&カストロ」や「ターミナル」にも出演していますが、
この時のほうが美形(だと思う)。
来年には、この「天国の口、終りの楽園。」のスタッフ・キャストで新しい映画が
出来るのだそうで!楽しみです。キュアロン監督も兄弟で同業者なんですね。
多いですね、兄弟監督&脚本。

映画★「スキャンダル」
2005年06月25日 (土) | 編集 |
映画★「スキャンダル

見ましたよ!ペ・ヨンジュン氏主演の恋愛映画。
先輩に貸してもらわなければ永遠に見なかっただろうストーリーでしたが
生活文化に関して知ることが出来て、なかなか面白かったです。

まず内容は、ラクロ原作の『危険な関係』のリメイクです。
舞台は、18世紀末の朝鮮。ペ・ヨンジュン氏の役は、金持ちで暇人なプレイボーイ、ウォン。
恋愛ゲームが趣味で、今度のターゲットは、結婚前に死んだ夫に9年間も貞節を守り続けている未亡人。
その他に、もう1人、気性の激しい女性が絡んできます。気になった方は見てください(笑)

まず、衣装がきれい
大阪の鶴橋に行けば、チマ・チョゴリの店がたくさんありますが、
現代婚礼用のは、きれいだけど原色、派手で華やかすぎる気がします。
それに比べ、映画で着られているものは、落ち着いた色彩になっています。
女性の髪型には驚きました。
長く伸ばした髪を編んで、ぐるぐる頭の上に巻き付ける。かなり重そうです。

それに、蓮池!いいですよね! 庭の作りも日本と同じ。
こういう建築の様子を見ると、中国文化圏の相似がよく分かります。

ペ氏が狙う未亡人は、キリスト教の儀式に、毎晩出かけています。
そして、キリスト教が政府の弾圧を受けるという話も出てくるのです。
宣教師はいたのか?中国からの書物のみなのか?と不思議だったのですが、
調べると、李氏朝鮮末期に宣教師がいたようです。
この映画の舞台は、李朝もかなり後半のよう。

もう一つ気になったのが、作中に登場する書物が、全てハングルで書かれていること。
わたしが江戸の(日本の)書物を読んでいて、ハングルを勉強したとか
ハングルを読まないといけないとかゆー話は、出てきたことがないんです。
朝鮮通信使が往来した当時、どうしていたのか?

漢文です。筆談だったようです。

元々ハングルが用いられるまでは、漢字しかありませんでした。
ただそれを理解できるのは、高級官吏や、学校に通うことの出来たお金持ちのみ。
ほとんどの庶民は、読み書きもままならない状態。
それを憂慮した世宗大王が考案、1446年に「訓民正音」として公布されました。

ああ、この映画の時代にもうハングルはあったのだな、とは思いましたが、
さて普及状況はどうだったのか?
官吏にまで浸透したのは、19世紀末、1894年の甲午革命後に、
国家の公用文字として正式に制定してからのことのようです。

で、この映画に出てくる書物は、日本で言うところの草子モノの類、
黄表紙とか、軽い読み物です。あ、それでハングルなんですね。
この時代にあっては、お役人が公用で使うのは、まだまだ漢字のはず。
おカタイ内容の本は漢字で書かれているから、それほど苦労せずに
江戸人は読めたわけですね。なるほど。

2005年06月24日 (金) | 編集 |
真夜中、勝手にビデオデッキの電源が点く んです!
2時~3時の丑三つ時。ウィーン、ガチャガチャ、ドスッ・・・。点いては消える。
おかげで熟睡出来ませんでした。
別に予約録画だったわけでもなく、翌日、同僚に相談すると、
「見えない誰かが電源スイッチを押してるんですよ★」とか
「最近リング見たんですけど」とか「肩に誰か乗ってますよ!」とか
言われてしまいました。すてきな職場です・・・。

通勤路にある、倒産して閉店してしまっていた書店が、
別の有力書店チェーンに買い取られて、再び本屋として生まれ変わります!
嬉しい!良かった!やったぜ!
「新規オープンにつき、従業員募集」の貼り紙を見た時は、転職を考えましたとも。
しかし、家に最も近い本屋では「手塚祭」というタイトルのアンソロを斜めに立てて、
いちばん目立つ場所に置いていたからなぁ・・・。本屋の行く末が気になります。
次は「不二祭」かな、いや「跡部祭」か、それともそれらはもう発行済みなのか?
(そういう問題じゃありません)

映画★「チェ・ゲバラ&カストロ」
2005年06月23日 (木) | 編集 |
映画★「チェ・ゲバラ&カストロ

見終わってから、・・・・これ、もしやアメリカの?と思って、制作国を調べたら!
やっぱりアメリカでした(笑) 分かりやす過ぎだよ・・・。

もちろん「モーターサイクル・ダイアリーズ」とは監督も別人です。

原題は「FIDEL」、作中、最初に出て来たタイトルは「FIDEL AND CHE」になっていた。
その通り、これはフィデル・カストロの栄光と没落を描いた映画で、
チェ・ゲバラは添え物程度にしか出てこない。

カストロが武装蜂起をした直後、非常にお粗末な作戦を立て
せっかくの仲間を大量に死なせてしまい、危機に瀕します。
しかし、その時に死んだ仲間達の努力が実ったかのように、
彼は活躍し始める。

「暗殺は何も解決しない。倒さなければならないのは体制だ」

コミュニストを批判し、自己の革命は
「資本主義でも共産主義でもない、人道主義だ」と、独自路線を強調。

戦闘での捕虜には、
「武器を取り上げ、釈放しろ。あ、将校の武器は取り上げるなよ」
と、寛大な処置。

そしてカストロはキューバを救う英雄として迎え入れられ、
最初は成功したかに思えます。
が、
革命は、成し遂げられた瞬間から、それを維持するための戦いへと変貌してゆく。
カストロは、次第に独裁者の様相を呈していくのです。

この作品のチェ・ゲバラは、「モーターサイクル・ダイアリーズ」の彼とは
繋がらないんですよ、印象が。全く別人。
「反体制勢力がいれば、CIAにつけ込まれる。裏切り者は皆殺しだ」。
うーん・・・
政府高官なのにいつも戦闘服。
寡黙なくせに、発言すれば過激な言葉しか出てこない好戦的な彼が
「戦いに戻る」と言った時には、ああやっぱりと思ったものです。
彼は革命家であって、政治家ではない。
彼の生きる場所は、戦地なんだ。

しかし、映画は、内部分裂と没落を、容赦のない筆致で描く。
うーん・・・

映画が始まる前に、史実であり実話に基づいていることを強調していたのは
アメリカの意向を気にしてではなく、カストロやゲバラファンへの牽制だったのか。


ところで。
日本版予告編で「いかにして彼らは出会い、運命を共にしたのか」などと
一部女子を浮き足立たせるよーな問題発言をしておきながら、
チェ・ゲバラの出番は、むっちゃ少ないんですが(笑)

「モーター~」以来、ガエル・ガルシア・ベルナルの人気が急上昇したので、
彼の出演作ということを、真っ向から打ち出してるだけなんですね。
「モーターサイクル・ダイアリーズ」は2004年の作品ですが、
この映画は2002年。若いガルシアが見られます。
(ところでこういう3つ続いた名前の場合、どこで呼んだら良いんでしょうか?!)

ガエル・ガルシアのゲバラね・・・そうなんですよ、いやー・・・かわいいよー!
この映画のゲバラは、好意的には描かれていないのですが、
あまり喋らず、誰か有力者の脇で、懐かない猫のように佇んでいて
たまに、首を傾けながらニヤリと不敵に笑ったり、
壮大な夢を、少年のように語ったりして、いやもう本当に。かっこいい。
いくらただの人殺しのように描かれようと、
ガエル・ガルシア・ベルナルの魅力を損なえるものではありません(笑)


空耳アワー B'z編
2005年06月22日 (水) | 編集 |
稲葉さんの詞が好きで惚れ込んだB'zの曲。
それなのに、聞き間違いが多いのです・・・。
その一部を披露します。

良い香り枕にゃいる意味がない

(♪怒りまくらにゃ 居る意味がない♪
  「敵がいなけりゃ」『LOOSE』)

 朝まだき、味噌汁の匂いと、包丁のリズミカルな音で、
 目が覚める・・・目を向ければ、キッチンに立つ新妻の姿。
 そんな新婚さんな情景を、想像していました。
 稲葉詞にしちゃあ爽やかだなと思いはしたのですが。


チンジャオロースの森まで

(♪神社をすぎ深い森まで♪
 「drive to MY WORLD」『LOOSE』)


 そんな森ないよな、とは思いましたとも。


肝機能だよ

(♪歓喜の歌よ♪「BANZAI」)

アサヒビールのCMとタイアップしていたので、
さすがビール!肝機能かーと思っていました。


ほかにも、こんな聞き間違いがある!
というのがありましたら、教えてください。

上司のいない会議での決定は、後で覆されるのがオチ。
2005年06月21日 (火) | 編集 |
会議でした。
しかし上司が欠席!
昼頃、「神崎一課長(仮名)、出張に行ったらしいよー。ゴルフやって~」と聞いて、
午前中は、いたやんか!一言くらい言うて行け!ていうか、出張って分かってたら、
会議の日を変更するとかせえよ!・・・はぁ。すっきりした~。
接待される側なんだから、気楽でいい・・・・・・。
でも日頃の行いのせいでしょうか、大雨になりましたね。ゴルフ、出来ないよなー!
ところで、「ゴルゴ13」のゴルゴって、ずっとゴルファーだと思ってました。

わたしだって地どり行きたいです!平日なら検察庁も警視庁も行けます!
防衛庁は、今が旬な気が(笑)

古写真再現フィギュア「幕末サムライ 薩長同盟」
2005年06月21日 (火) | 編集 |
「幕末サムライ 薩長同盟」

最初にあたったのは↓西郷さん。
20050621230654.jpg

種類は、桂・高杉・伊藤・中岡・龍馬・大久保・西郷と、
シークレットが1種。
このメンツで欠けてるって言ったら、
!それに井上でしょうが、シークレットとしては
聞多はインパクト弱いかなぁ・・・。
でも俊輔がいるんだよ!どうして聞多がいないんだ。
勝がいいな~。勝安房。やっぱり。
ところで「薩長同盟」の後は何でしょうね、
4賢公(松平春嶽・伊達宗城・山内容堂・島津斉彬)」でしょうか?

本★氏家幹人『大江戸残酷物語』
2005年06月21日 (火) | 編集 |
本★氏家幹人『大江戸残酷物語』(洋泉社)2002.6.21

前に、扇を使った切腹なんて、武士にあるまじき行為!と書きましたが
前言撤回しておきます。価値観は、やはり時と共に変わるようです。

蒲生下野守忠郷(会津藩主、1627年没)の寵臣だった、
白川鮎之助の殉死の時のこと。
白川さんは、亡き君主から拝領した小脇差を、左の腕先から肩口にかけて
一尺ほど浅く切って、にっこり笑い、介錯人に、さあ首を打てと促したらしいです。

雪より白い肌を、小刀でスーッと切る優雅な動作、
介錯人に微笑んでみせる、余裕たっぷりの死を迎える態度。
確かに、かっこいいです。

何よりも、彼には、腕力や剛胆ぶりをひけらかす必要はなかったんです。
わざわざ白い肌と描写されていること、そして殉死したことから考えても、
白川さんは殿の恋人(男色の相手)だったのだから、
粋で優雅で忠誠心に溢れていれば最高。それが絶賛された。


細川血達磨」という物語があるのですね。
大川友右衛門は、川越藩の藩士でしたが、浅草観音堂で
細川家の小姓・伊南和馬を見初め、和馬と契りを結びます。
それが細川家の殿様の知るところとなり、本来は手討ちになるべきところを
特別に助命され、その恩を感じた友右衛門は、細川家が火事になった際、
危険を冒して宝蔵に入り、家宝を取り出して、割腹して自分の腹の中におさめ
さらに、和馬が希望していた敵討ちのことを遺言として殿に懇願し、死んだそうです。

まず、手討ちになるべきところ・・・というのは、もちろん男色がダメなのではなくて、
殿の相手を寝取った からです(笑) ここ、現代と感覚が違いますが。

なんでわざわざ腹を裂いて(つまり切腹して)、そこに入れなアカンねや?と
不思議に思いますが・・・どうしてなんでしょうか?
火事なんだから、人体が燃えちゃったら、家宝も燃え尽きるやん!

この物語は、昭和になってからも映画化されたりしていたのですが、
大川と和馬の男色関係は、女性との恋愛に置き換えられていたりという
改竄がなされているそうです。残念!そんな恋愛モノじゃ、ありきたりじゃないですか。


「葉隠」の一節、武士道とは死ぬことと見つけたり、が有名ですが、
命を塵芥よりも軽んじて、己が義とする所に従事する」のが武士だと、著者は書いています。

 限りなく暴力に近かった(あるいは暴力そのものだった)としても、
 死を恐れぬ行為を男(武士)らしいと容認する風は、
 博徒を見る武士の眼差しの“優しさ”からも感じられる。


己が義とする所、は、なにも高尚なイデオロギーではなくてもいい、
ただの喧嘩に過ぎないとしても、それに命まで賭けてしまうのが
武士の武士たるゆえん。
だから、何もそこまでしなくても、と思うような、
大川さんが、家宝を腹で護るようなことも、武士として潔い死にざまなんでしょうね。
武士というのは、どう死ぬか、どう死ねばかっこいいか、を
いつも考えていたように思えます。

外来語
2005年06月20日 (月) | 編集 |
仕事帰りの英会話教室。
寝不足が祟ってつらかったんですが。
英語の中の外来語の話で、chocolateはスペイン語だと、テキストに書いてありました。
わたしが、大航海時代のスペインを思い浮かべつつ、さもありなんと頷いていると、
イギリス人講師が「私は知らなかったわ!」とびっくりしていました。

「じゃあ、英語になってる日本語は何がある?」と問題を出され、
tofuとかsushiとか答えていましたが、最近、メルマガで知った
kaijuもアメリカで浸透してきた」という
記事を思い出し、怪獣とかゴジラとかの名前を出すと
「え!ゴジラって日本のだったの?知らなかったわ!」と、再び驚いていました。
いやゴジラ映画には日本人が出てるっしょ・・・・・・・。

一緒に授業を受けた女子大生(たぶん)が、
めちゃくちゃ流暢な英語を話す美女でした。
英語学習法について、講師が「英語の本を読む?」と訊いた時
わたしは読むと答えたのですが、彼女は「読むの嫌い!」と。
講師が「もう1人、ものすごく英語の上手い子を知ってるけど、
 その子も読書嫌いなのよ~~~」と言っていました。
会話だけでボキャブラリーを増やせるなんてすごい。
坂下冬樹みたいだ!
(五條瑛さんの鉱物シリーズの登場人物。日系アメリカ人。所属はUSNavy。
 ・・・ただ書きたかっただけです、坂下大好きだ!)
わたしはチャン(五條瑛@『君の夢はもう見ない』)と同じで、
読むのは読めるのに話せないので、チャンの気持ちがよく分かるんすよ。
(そういう感想を言ってるとこがもうダメ(笑)本の虫)


お気に入りサイトさんで、「バトルスター ギャラクティカ」のオリジナル公式サイトが
紹介されていたので覗いて見ました。すごいです!
1060×1450とか、壁紙以上の大きさの美麗画像がいっぱい!
なんてファン想いなんだ~~~。ジェイミー・バンバーfanの方は必見です。こちら

本★竹田茂夫『竹田茂夫『ゲーム理論を読み解く-戦略的理性の批判』
2005年06月19日 (日) | 編集 |
本★竹田茂夫『竹田茂夫『ゲーム理論を読み解く-戦略的理性の批判』(ちくま新書)2004.11.10

ゲーム理論で必ず引き合いに出される、有名な話があります。
囚人の罠(囚人のジレンマ)」です。
警察が共犯と思われる窃盗犯を2人捕まえたので、
2人を隔離して取り調べることにしました。
警官は、司法取引を持ち掛けます。
「お前の相棒は黙秘している。もしお前が自白すれば、無罪放免にしてやる。
 逆に、お前が黙秘して相棒が自白すれば、お前の罪はもっと重くなるぞ」

ゲーム理論では、囚人はそれぞれ相棒が裏切るのではないかという
疑心暗鬼に陥って、自己防衛のために自白すると説明されます。

・・・ああそうか、すごいな、と納得してしまいそうなんですが、
囚人の罠では、「あいつは絶対に俺を裏切らない」という信頼関係や、
「あいつが裏切っても俺は裏切らない」という意地のようなものを、考慮しません。
たとえば 李歐と一彰みたいなのは、存在しない わけです。
(まぁアレは小説ですが(笑)高村薫『李歐』もしくは『我が手に拳銃を』)。
でも現実に、組織がバックについていたりする場合の窃盗罪なら、
相棒を含む組織を裏切るよりは、黙秘を通して刑務所に入るんじゃないでしょうか。


大岡越前の裁きモノの1つに、子どもを取り合う母親の話がありますよね。
越前が、子どもを引っ張って奪い合うように言い、綱引きが始まります。
痛がった子どもを見て手を放した女性が、本当の母親だ!という、
大岡サマすごいです!あったまいーい!という内容でした。

ほとんど同じような話が、旧約聖書の中にもあります。
この場合、機知を働かせて名裁きを発揮するのは、ソロモン王。
母親2人が、この子は自分の子だと言い張るので、王は剣を持って来させました。
「その子を剣で2つに裂いて、半分を1人に、残りの半分をもう1人に与えよ」と告げます。
すると、本当の母親は子どもを哀れに思い、自分のものにならなくていいから、
子どもを生かしたまま、もう1人の偽母にあげてください、と言うのです。

ゲーム理論家のジョン・ムーアは、このソロモン王のトリックでは
本当の母親を決められはしないと言います。
これは、当然、そうですよね。
偽母が演技で泣き、慈悲を乞う場合もあるし、
実母が自棄になって、相手の手に渡るよりはと殺害を主張するという場合も
考えられるからです。それは分かる。

そこで、ジョン・ムーアは、1つのゲームを提示します。
どちらかの女性(仮にAとする)に、本当の母親かどうかを尋ねて答えさせ、
Aが否定すれば、子どもはBのものになり、ゲーム終了。
Aが肯定すれば、ゲームは第2ラウンドに移ります。
第2ラウンドでは、BがAに同意すれば、子どもはAの手に渡りゲーム終了。
逆にBがAに反論して、子どもは自分のものだと言い張るなら、
Bに指値(買取価格)を決めさせ、子どもをソロモン王から買い取らせるのです。
同時に、Aには罰金を科す。
さて、第3ラウンドでは、AがBの指値に対抗しない場合には、
子どもはBのものになりゲーム終了。対抗する場合には、競りになります。

これ、びっくりしませんか。
実母が必ず偽母より高い値をつける、ということが前提となっているんですよ。
偽の母親を名乗り出てくるのは、金が欲しいからだ、ということなんですね。
ふーん・・・・・・・子どもが欲しいとか、単に意地を張ったとか、
そういう情動的な部分はスパッと切られているんです。


核戦争に対する解釈も、「全面核戦争などという地球の存亡にかかわるようなことは、
相手も望んでいないはずだから、まずは攻撃の最初の段階をしのげる武力を持とう」
ということになるわけ(だそうです)。
ほとんどの場合は、そうかも知れません。
そういう合理的な判断が出来る相手なら。
でもほら、世界のニュースを見渡してみると、
ちょ~っと一筋縄ではいかない国も、人も、いそうですよ!

脅しで一番有効なのは「狂気」なのだそうです。
ゲーム理論を元にして取引が出来るのは、
何が自分にとって得かを考えられる相手だけ。
しかも、価値観も似ていないとダメ
もし相手が、損得勘定なしに感情優先で行動したり、
次に打つ手が予想もつかないような場合、
交渉に臨む場合には慎重にならざるを得ません。主導権を握られてしまう。


著者は、旧ユーゴスラビアの内戦を例に出し、
ゲーム理論では解釈できない、現実の暴力の在り方について指摘しています。
戦争(暴力)は、合理的な判断から始まるものでも、終わるものでもなく、
憎悪、復讐、そういった感情を抜きにしては語れないものですよね。
被害者意識によって、共生の記憶が抑圧され、対立と闘争の事実だけ強調される
という著者の言葉が、胸に染みました。

ゲーム理論は、
「こうすればこうなって、ああすればああなる、これなら、自分の利益は最大化できる」
と、考えられる人間たちの間で、利害が一致しない場合の問題解決には、
効果的だと思います。頭の体操に最適だ(笑)
ただ、広範囲に適用するのは、どうか、というところじゃないでしょうか。
ゲーム理論の持つ脆弱性は、合理性を過信し過ぎるところでしょう。
人間はそんなに合理的に動けるものではないですよね。
そんな合理的な人間なら、誰も見ないような、こんな長い文章を書いてないもんな(爆)

父の日
2005年06月19日 (日) | 編集 |
今日は、父の日という大義名分のケーキの日だったようで
社内でも、どこのケーキが美味しいという話題で
盛り上がっていました。
20050619212936.jpg
20050619212958.jpg


映画「エレファント」
2005年06月19日 (日) | 編集 |
映画「エレファント
20050619003752.jpg

1999年に起こった、米コロラド州のコロンバイン高校銃乱射事件の映画化。
当時、メディアを激震させたこの事件は、映画「処刑人」の公開を制限したり、
マイケル・ムーア監督が「ボウリング・フォー・コロンバイン」という
ドキュメンタリーを作ったり、いろいろな波紋を巻き起こした・・・のですが、
そろそろ忘れ去られたかのような今日この頃。
しかし数日前に、日本でも、山口県で高3生が爆発物を教室に投げ込むという事件が!

この映画は、高校生の日常を淡々と綴っています。
誰かの視点で描くのではなく、数人の生徒の日常生活を、そのまま切り取ったように。
音楽はずっと静かなままですが、しかし、テーマが銃乱射事件だと知っているだけに、
スプラッタシーン直前の、嵐の前の静けさのような不安な印象を持続します。
セリフは、キーワードや流れが決められているだけで、ほぼ俳優任せ。
全てアドリブらしいのですが、キャストは全員、現役高校生なのに・・・
さすが、ガス・ヴァン・サント監督、思い切ったことをやりますね。

描き出される高校生の生活風景は、日本人のわたしから見ると、
かなり開放的に見えました。
校内は、インテリアも明るい色に溢れているし、もちろん私服。
写真家を目指すイーライがしていたアクセサリーは、
フォークを手首にぐるりと巻き付けただけ、という風変わりなもの。
印象的だったのは、「同性・異性愛会」のディスカッション風景。
「ゲイの人が街を歩くとき、どこでゲイだと分かるか」という議題は、先生が出題。
同性愛の羊の新聞記事を見たよ」という生徒にも「それは面白い」と相槌を打つ先生。
(司祭に仕立て上げて蒲田教会に送り込みたいんですがどうですか!>タカムラーの皆様)
同性愛者に対する偏見をなくすためのクラブだそうですが、
そもそも、ない人ばかり集まっている気が・・・。

ものすごく切ないキスシーンがありました。
あんなに切ないキスシーンは、他に見たことがない。しんみりしました。
いつまでも瞼に残るシーンです。

エレファント」というタイトルの由来は、過去の映画にヒントを得てのこと。
ガス・ヴァン・サント監督が、制作会社の重役に、コロンバイン高校の事件を撮りたいと
打診した際、「『エレファント』みたいな作品ならいい」と条件が出たそうです。
1989年にアラン・クラーク監督が、アイルランドの民族対立を撮った
(字幕ではそうなっていましたが、プロテスタントとカソリックの対立)
「エレファント」という映画があり、それは、特定の政治指導者などに焦点をあてることなく、
激しい宗教上の対立が描かれた作品だったそうで、その手法を用いたんですね。

この映画でも、問題は未解決のまま、暴力も消えてはおらず、動機も不明という
もーほんとに「あなたが感じて考えなさい」という姿勢を一貫して取っています。
ただただ歩く人物の後ろ姿を、ずーっと追っているだけのシーンなどは、
「観客に考える時間を提供している」のだそうです。普通はカットされるけれども。

17歳の不安。怒り。焦慮。狂気。
わたしも学校嫌いだったからなー(笑)
小学生の頃からですが、狭い教室に大勢で数時間も拘束されるのは、
息が詰まりそうでした。

メイキング映像で、休憩中のキャスト達(高校生男子)が、
飛びかかったり足蹴りしたりして遊んでいるシーンがあって
それがもう、子犬がじゃれ合うようで可愛かったです。
DVDジャケットにも登場しているジョン・ロビンソン君は、
難しい髪型なんだけどよく似合ってますよね。とにかく仕草がかっこいい。

ポストカードブック『カエルのつぶやき』
2005年06月19日 (日) | 編集 |
管野泰伸『カエルのつぶやき ポストカードブック』(新風舎文庫)2004.7.05
20050619014031.jpg

小杉州一さん撮影の『カエルのこころ』も面白いけれど、
本当にカエル好きだ!という人にオススメなのは、こちら。

書店でカエル本の棚が出来てました。梅雨だからかな~。

のんびり。
2005年06月18日 (土) | 編集 |
今日は休みでした。

数日前「ボーナス出たね」と同僚に言われ、あ!そうなんだと気づき、
「何に使うの?」と訊かれて、じゃあ父の日のプレゼントは旅行にするか、と。
午前中は、ホテルの予約及び情報収集に費やしました。
この少しずつ決まっていく時間が楽しいのですが、
今回は家族旅行だからな・・・一人旅がしたいよ・・・
せめて部屋はシングルを取りたかったけど、
両親連れてくのにビジネスホテルじゃあんまりかと思って、
安いプランの、まぁまぁなホテルで、トリプルを探しました。

午後は再び英会話教室。
今回は中高生が一緒だったからか、カナダ人女性講師が
「今日はスポーツについて話しましょう!」とにっこり。
いや・・・一番疎いジャンルなんですが!
「親密になるのに、一番好まれる話題ですよ」
誰が!誰と!
「バスケはquarter」
え?quarter?ホーンブロワーの原作に頻回に出てくる単語!
え?意味が違うの???
・・・という感じで、ルールから教えてもらうハメに・・・。
スポーツ関連のルールと単語の知識より、
quartがラテン語由来だということのほうが面白かったすよ。
それで、ヨーロッパの諸言語に似たような単語があるんだなぁ。

午後はDVDを見たり、外付けDVDをインストールしたり。
先輩からヨンジュン主演「スキャンダル」のDVD-Rを借りているんです。
えええっと、笑顔で「見てね!」と言われたんで。
わたしはファンじゃないんだけれど、布教活動の一環のようです。
断り切れないし。うう。がんばって見ます。

映画「イブラヒムおじさんとコーランの花たち」
2005年06月18日 (土) | 編集 |
映画「イブラヒムおじさんとコーランの花たち

パリの裏町で暮らすユダヤ人少年、モイーズ(通称・モモ)は、
父親と2人暮らし。母親はモモを捨て、厳格で小心者な父親は、
自分が生きていくのに必死で、あまり構ってはくれない。

モモの住むアパートの周囲には、大勢の女性が客待ち顔で立っている。
ある日、モモはお小遣いをはたいて、その娼婦を買った。
それからは、彼女達が心の拠り所にもなった。

(映画字幕では16歳と言っているが、公式サイトでは13歳と書かれている。
 どっちが本当なんでしょうか・・・・16歳だと思うんだけど・・・・)

そんな折に、モモは、近所で食料品店を営むトルコ移民の老人と親しくなる。

モモの家は貧しくて、その食料品店では、いつも万引きをしていたが
「盗みを続けるなら、うちの店でやってくれ」
と、店主のイブラヒムに言われ、モモは仰天。
愛してくれなかった両親より、食料品店の店主のほうが、
モモをあたたかく見守ってくれていたのだ。
イブラヒムは、モモが今まで知らなかった愛情を注ぎ、
モモは、急速に、イブラヒムの感化を受ける。

彼は少年のモモに、世界を見せた。
仏教、キリスト教、イスラム教、それぞれの寺院をまわり、
パリからトルコまで旅をしながら、その国の情勢を語り、
彼が奉じるコーランの教えを伝授してゆく。

 この辺り、高村薫さんの『神の火』で、
 江口が、島田さんをスパイに仕立て上げる過程を彷彿とさせます。
 あっちはもっとハイソですが。江口、白スーツだもんなー。
 『神の火』旧版にある江口のセリフが良い。
  「1人のスパイを育てるというのは、育てる者にとっては
   多分、究極のエゴなのだろう。親と違うのはそこだ。
   ほとんど恋だったよ、これは」。
 あ、イブラヒムはコントローラではないし、モモもスパイではありません。

身寄りのいないイブラヒムにとって、寂しげなモモが愛おしく思え、
自分が育てたいという熱意を抱いたのは、普遍的な人間の心理だと思います。
イブラヒムは金持ちでもなく、特別賢いわけでもなく、普通の人。
だからこそ、人種も世代も超越した絆を築くことは、
そんなに難しいことじゃないんだ、と思わせてくれる1作。

モモの父親を演じるのは、ジルベール・メルキ
パッと見、佐藤B作に似てると思ったら、もう佐藤B作にしか見えなくなった。

↓この人がジルベール・メルキ。
momo_father_sabu.jpg


イブラヒム役を演じるのは、オマー・シャリフ
最近だと、ヴィゴ・モーテンセン主演の『オーシャン・オブ・ファイヤー』に出演しています。
↓この御方。ibrahim_sabu.jpg


公式ホームページは、こちら

世界電話代事情
2005年06月17日 (金) | 編集 |
仕事帰りに、英会話教室。
今夜もあのOTAKU講師でした!
しかも、今度は、マンツーマン・・・・・・・・!

NARUTOの話でもしようかと思いつつも、
私自身、カカシの過去(ほぼ捏造)くらいしか語れないし
ブリーチのほうだって、妖精フィルターがかかってるから、
同じ映像が2人の網膜に映っているとは思えないんですよね。

で、牽制をかけて?コンピュータの話で。
ちょうど昨日、外付けDVDを買いに行ったとこなので、
マシンのスペックやら何やら話していると、
「周囲に、女性でパソコン使ってる人、見たことない」と言われました。
そんなー!
わたしだって、わたしの周りだって、昔から使ってるよ。

8年くらい前は、ADSLも光ファイバーもなくて
ダイアルアップ接続を、昼間に長時間しているとお金がかかるので、
テレホーダイという、夜11時から朝8時までは月定額というNTTのプランを
使って、寝不足になったんだよという話をすると、
講師は、オーストラリア人なんですが、

「日本って、1分につきいくらっていう電話代だっけ」などと言い出す。

あったりまえじゃーん。
電話代に、他のシステムが存在するとは思えない。
ところが。

「オーストラリアの電話代は、同じprefectureは、1回いくら、なんだよ。
 どんなに長く話してても同じ金額」

ええ?!なんじゃそれ!

「アメリカじゃ、同じprefectureは、フリーだよフリー」

ええええええ!

prefectureって、日本だと県って訳されることが多いんですが、
アメリカだのオーストラリアだのって大陸だと、どのくらいの範囲なんでしょうか・・・。
本当に、そんなアバウトな電話代請求なんでしょうかー。

ちなみに、同僚の携帯電話代は、毎月2万円~3万円だそうです。
わたしは基本料金を殆ど超えず、3千円くらい。メールばっかりですから。
同僚の友人は、月10万円近くになることもあるそうで、
2万円だったら安いほうだと思っていたらしいんですが、
・・・・・平均は、いくらくらいなんでしょう。

ミヒャエル・ゾーヴァ展
2005年06月16日 (木) | 編集 |
京都伊勢丹で開催されているミヒャエル・ゾーヴァ展に行ってきました。
ホームページはこちら

絵本の挿絵画家として有名なのですが、映画「アメリ」の美術担当も。
アメリの部屋に置いてあった犬やガチョウのイラスト、豚のランプは彼の作品です。

代表作と言えば、アクセル・ハッケと組んだ絵本『ちいさなちいさな王様』。

20050616234345.jpg


この王様の国では生まれたときが一番大きく、年をとるにつれて小さくなります。
そして「死」とは、小さくなって見えなくなること、なんです。

年を経ると、いつの間にか、「これはこう」「あれはあれ」と、
ガチガチに固まった固定観念を持ちがち。
そうして同じことの繰り返し、同じ発想の繰り返し、
同じ道をそのまま進む・・・・ことになる。
でも「これがあれ」でもいいじゃん!と、そう思っただけで、
何かが変わる気がするんですよ。
現実は何も変わらなくても、頭の中は、少し風通しが良くなる

そんな本だと思います。
文担当のハッケも、挿絵担当のゾーヴァも、同じように柔軟な思考の出来る人だと思う。

日本では未出版の『フライドポテトのラファエル・シュミット』の挿絵も展示されていました。
擬人化されたハンバーガーが、ロシアの伝統的な料理を追放してゆく様に
ゾーヴァらしい皮肉が込められています。
彼の特徴は、なんといっても、そのちょっと斜に構えた表現。それが楽しい。

『ゾーヴァの箱舟』の大きな一枚は、圧巻でした!
夜の闇に包まれた海の不気味さ、寄せる波の飛沫が、
小さな舟の心許なさを浮き彫りにしているのですが、
その舟に乗っている動物たちは皆ユーモラス。ライオンは笑顔を振りまいている。
なんだかホッとします。彼らの未来は明るいんだと思える。

いくら技術が発達したと言っても、一般に本として発売される程度の印刷では
原画の筆致を、じゅうぶんに伝えてはくれません。
こうして見に行って、気に入った原画に囲まれていると、
帰りたくなくなりますよね・・・・・・。

迷惑メールと一緒に削除してもいいな誕生日。
2005年06月15日 (水) | 編集 |
それはシンデレラタイムに来た一通のメール。

テレホーダイ開始~日付変更時~丑三つ時というと、
迷惑メール大量受信の時間帯。
そんな傍迷惑な時間に携帯メールを送ってくる友人はいないので
着信音を聞きながらも、放っておきます。

翌朝、寝ぼけ眼で迷惑メールを削除していたところ・・・


同僚からの誕生祝いメールが!


誕生日の朝一にしたことが、
出会い系サイトの勧誘メール大量削除だったっていうのも
我が人生の、来し方行く末の孤独さを暗示しているかのようで
なんだかなぁ・・・・・・・という感じですが。
でも掃き溜めに鶴だよ!ありがとうございます。


先日、こんな↓迷惑メールが送られてきました。

“完全に女性だけで立ち上げた出会い系サイト!
 同姓愛も歓迎!”

愛?

同じ名字の方と愛し合うんですか?
結婚もしくは養子縁組でも名字が変わらないから?
それはいいですね!

・・・メール書いたら読み直せよ。

出生率を上げるには。
2005年06月15日 (水) | 編集 |
社の先輩の送別会でした。
6ヶ月ほど入社日が違うだけなので、一番身近な存在だったし
同じ小・中学校を卒業したのでローカルなネタでも盛り上がり、
会議の席はいつも隣で・・・そういう方がいなくなるって
どーなんだろう~~~。全然実感が湧かない。
妊娠されたゆえの退職なんですが。

出生率を引き上げるための措置として、
「古代の妻問い婚を復活させればいい」
(実家にいる状態で18歳くらいで産んでおき、
 子どもの教育は祖父母がバックアップをして、
 社会経験を積んだ中年になってから結婚する)とか
蟻とか蜂みたいに、分業体制にすればいい」とか
非現実的かつ倫理的な問題を棚上げにした発言を
しばしば繰り返しては笑われているのですが、
うーん・・・
このまま子どもが少なくなってしまい、
さらに幼児虐待が頻発すると、
産まれた子どもは、親ではなく国の管理下に置かれるような
そんなことにもなりかねませんよね。
まぁその、生態ピラミッドのバランスが崩れてしまったなら、
数の多い世代が早めに減少することで、またきれいな
ピラミッドを形成して、人類の滅亡を防ぐことになるんでしょうが
生物学の教科書の図では、種AやBの生態ピラミッドを
再構築する現象として扱われる死が、
人類のピラミッドになると、そこに自分や友達や
身内の名前が刻まれることになり、
ただの無機質なものでしかなかった生物学が、一気に湿っぽい、陰惨な、
身近すぎる現代史になってしまう。

早めに減少する世代って、うちらかよー・・・・

でも自分が産んでないから、出生率低下云々と言われると、
肩身が狭いっすよ(笑)

貪欲なメダカ
2005年06月14日 (火) | 編集 |
友人がメダカを飼い始めました。

熱帯の奥地に生息するような、奇妙な姿形の魚を
飼育していた経験もあり、魚類に関する愛と知識は豊富。

で、メダカは楽勝だと思って飼い始めたらしいんですね。
ところが、予想に反してよく食べる。
いや、よく食べるのは1匹だけらしいんですが、
与え足りないのかと思って量を増やせば、
増えた分も、その1匹が全て食べ尽くしてしまう。
そのうち、異常に太ってきた。
これは食べ過ぎなんじゃないかと心配しているうちに、
その肥満魚が、水草の裏に 卵を産んだ そうなんです。

あ~なんだ、それで過食のうえお腹が出ていたのかと
ほっと安心、胸をなで下ろしたところ。

翌日、卵が減っている。

また減っている。

おかしいと思って観察していたら、
親メダカが、自分の産んだ卵を食べていたのだそうです。
ちゃんと、決まった時間に餌はもらっていたんですよ。

貪欲の極み ・・・!

ホラー映画みたいですよね。恐るべしメダカの食欲。

映画「バッドサンタ」
2005年06月13日 (月) | 編集 |
映画「バッドサンタ
badsanta.jpg

ビリー・ボブ・ソーントンの、サンタ姿でワルっぽく笑う姿に一目惚れ。

女好きで酒浸りの毎日だけれど、毎年末にはサンタ姿になって
クリスマス商戦まっただ中の華やかなデパートへ御出勤。
大嫌いな子ども達の相手をする・・・・・・目的は、泥棒

子どもだろうが関係なしに浴びせる悪口雑言。すぐにキレるコワイ人。
本当に全くもうひどい大人なのだが、憎めないのでモテる。
黒々と毛深い胸とは裏腹に、少しまばらになってきたかのような頭髪もご愛敬。
サンタクロース(神聖で不可侵なもの)と、ダメ男ウィリーとの
ギャップがものすごくセクシーなんです。
日野(@高村薫『神の火』)がサンタになったらこんな感じだ。
だって、酒とスルメを手にしている姿が似合いそうなんだもん(笑)
シリウス(@『ハリー・ポッター』)でもいい。あれは女癖悪そうだ。

今日は何を食べたんだろうと訝るような怠惰な1日。
2005年06月12日 (日) | 編集 |
市長選挙があったので、いちお投票に行ってきました。
きっと誰も何も期待していなかったであろう選挙。
投票率は、ものすごく悪いと思います。

投票所のトイレをふと見ると、「多目的トイレ」と書いてありました。
・・・多目的?
あれ以外に何の目的があると言うのだトイレに。
本棚でもあるんでしょうか。それならいいが。

“苺ジャムのような味わい”と紹介されていた
赤ワインを買ってみました。ほんとーに飲みやすいです。
でも発疹が出てきたのは気のせいかな???
体質的にアルコールを受け付けないんだと思いますが
だからなんだ!飲むんだ!(酔っぱらいか)

友人が、福山雅治さんのコンサートに行ってきたらしいのですが
大阪の千秋楽で、なんと、4時間あったそうです。
すごい・・・・・・長い。
わたしはJ-POPだと(ロックも含めて)B'zしか行ったことがなくて
だいたい2時間程度なんですよね。
で、KinkiKidsのファンの人に聞いても、B'zはMCが少ないし
時間が短いと言われます。そして音量が大きいと。
(ファンとして時間に文句はないですよ!B'zは激しい曲が多いので)
こうして比較してみると、個性が出てて面白いなぁ。

映画「モーターサイクル ダイアリーズ」
2005年06月12日 (日) | 編集 |
映画「モーターサイクル ダイアリーズ

伝説の革命家、チェ・ゲバラの若き日の旅を描いた映画。とはいえ、
劇中、「これは偉業の物語ではない」と再三繰り返されるように、
これはただ、モラトリアムの青年2人が、広大無辺な南米大陸を旅して、
土地の風土や人々に触れ、自分の生き方を模索していく話です。

時は1952年、所はブエノスアイレス。
23歳だったエルネストは、持病の喘息で兵役を逃れた医学生で、専門はハンセン病。
大学を休学して、29歳の親友アルベルトと、ベネズエラまでの旅に出る。
おんぼろバイクに2人乗りで。全身の装備は「紅の豚」。
砂埃にまみれつつ、雪を冠した山々の連なりを前方に見ながら歩いたり
あるいはアルベルトが「ここはスイスか?」と、嘲弄まじりに感嘆するような
(日本人なら♪おしーえて~おじぃーさん~♪とスキップして欲しいところだ)
南米大陸の広大な風景が素晴らしい!

途中、いろいろな出会いがあるのだけれど、
食事にありつくために、あの手この手を使うあたりは
いかにもバックパッカーの若者らしくて微笑ましい。
アルベルトは・・・分別が付いてもいい年なんだけど・・・。
銅山経営の実態を見て、感受性の強いエルネスト青年は怒りに燃えていた。

アマゾン川沿いにはハンセン病患者のための隔離療養施設があり、
そこで医師としてボランティアをする。
修道女の規則によって、患者以外は手袋着用が義務づけられていたが、
エルネストはそれを拒否。
人々と笑談したり、ラグビーをしたりして、みんなに受け入れられていく。

ある日、全員に配られるはずの昼食が、彼ら2人は貰えなかった。
修道女に理由を訊くと、「ミサに出席しなかったから」だという。
ボランティアドクターにまでそれを課すとは、その一貫性は
すごいとは思うが、結局、宗教ってそうなんだなーと・・・。
いったん組織化されると、“信じる者しか救わない”んだなー。


革命。
チェ・ゲバラを、Tシャツの流行りの柄のように崇拝する映画ではありません。
見終わって、真摯に何かを変えたくなる映画です。

公式HPはこちら

雑誌「月刊 松下村塾 Vol.7」
2005年06月11日 (土) | 編集 |
20050611091659.jpg

雑誌「月刊 松下村塾」

最初見た時、同人誌かと思いました・・・。
さすがですよ長州!人気あるなぁ。
履歴書が楽しいです。
山県有朋の場合なら「通勤時間:馬関まで徒歩半日」とか。
              (馬関=下関)
タウン情報誌「YAMAGUCHI」の別冊ということですが、
“人生応援マガジン”と銘打ってある。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。