高村薫さん・五條瑛さん・福井晴敏さん・古処誠二さん等の小説、海外の海洋小説、歴史、B'z、を糧に生きている人間の日常。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


季節は変われど同じ生活
2005年09月30日 (金) | 編集 |
仕事は今日もあまり忙しくなく、空いた時間を使って、
社のHPに載せる写真を撮っていました。
30枚くらい、後輩に手だけ出演してもらって撮影。
ダメ出しされたのが3枚あったので、また明日もやらなくちゃ・・・。
1人で出来るならいいけど、誰かに手伝ってもらわないとダメなので
それを頼むのが苦痛。
加工は、ウェブ制作会社の方がしてくださるそうなので、そこは気楽です。

帰りに英会話教室。たいてい20時から21時までの最後の回です。
今夜も同じメンバーでした!
「『ファンタスティック・フォー』を見に行ったよ」と言うと、
さすがOTAKUを自認する講師。
彼は、アメコミのほうで読んでいたらしい。
「良かった?」と訊かれて
「うーん・・・『コンスタンティン』のほうが好き」と答えると
「えー?『コンスタンティン』は退屈~~~」と。
なんでやねん!どこがやねん!
あれは、ああいう世界観が好きな人でないとダメなんでしょうか。
わたしはガブリエルが大好きなんだけど。

日頃の疲労が重なって、それから12時間ほど寝てしまいました。
スポンサーサイト

映画★「ファンタスティック・フォー」
2005年09月30日 (金) | 編集 |
映画★「ファンタスティック・フォー

本屋で時間を過ごして、意気揚々と劇場に着いてみれば、
「チャーリーとチョコレート工場」のスクリーン前に、長蛇の列。
うわあやばい!
平日とはいえ、6時半という時間帯は、仕事を終えて帰宅する人々にとっては
絶好の映画時間だったんだ! 急いで並ばないと!
と、走るように来てみれば、
「ファンタスティック・フォー」の上映フロアは、がらがらでした・・・
しかも周囲は、スーツ姿のおじさんばかり。
いや、おじさん好きゆえ全くもってパラダイスだけれども(笑)
しかしヨアン目当てで来た自分のような女性は皆無って、どうなの。
興行成績は。
やっぱり、来日しなかったツケが出ているのでは?ヨアン!

それにしても、いつも不思議に思うことがあります。
あの「興行成績No.1」とか「空前の大ヒット!」とかいう宣伝文句。
たいてい、史上かつてない規模の金額や動員数を、誇っていませんか。

この映画に関して言えば
「『スター・ウォーズ エピソード3』に並ぶ大ヒット!」。

あり得へんやろ、それ。

「7月8日に全米で封切られ公開3日間で5600万ドル(約62億円)を稼ぎ出し」
「全米の業界紙が『この夏の興業界の救世主!』とまで称えた大ヒット」なのだそうだ。

映画作品の興行成績の誇張はありやなしや?
この点について、JAROの見解はいかがなものか。


ま、それはそうとですね、普通に面白かったです。
友人と連れだって見るのに向いている楽しい映画でした(わたしは独りでしたが)。
アクションも効いてます。
スー・ストーム役のジェシカ・アルバさんが、とても 美しい。
陽気で才能豊かなジョニー・ストーム、彼はとにかくかっこいい。
元上司のベン・グリムへ仕掛けるイタズラの数々もかわいい。
まぁ、スポーツ万能で頭も顔も良くてモテモテだったら、
人生を前向きに考えられて当たり前か。
(何をやさぐれているんですか貴女・・・)

ヨアン・グリフィズ氏が演じる天才科学者のリード・リチャードは、
性格がホーンブロワーでした。
非常に頭が良く、勘が鋭く、真面目で、リーダーとしての素質大。
それなのに、周囲が自分に向ける愛情に全く気づかない鈍感男。
(ここって笑うとこなのかな?)という風に、自信なさげに
眉間に縦皺を作りつつ微笑んで見せる姿とかがもう。
仲間の心をわし掴みですよ!


チラシで韓流風恋愛ドラマって書いてありましたが、
むしろその恋愛の描き方がイマイチ、よく分からないなぁ。

映画の中で描かれる恋愛で、少しネタバレします↓ご注意。
(チラシに書いてある程度ですが。)

リード・リチャードの元同級生で、現在は出資者となるヴィクターは
リードの元彼女であるスーを恋人にしていて、結婚を申し込もうとしている。
ヴィクターは、やたらとリードにライバル心を燃やしているのが、
言葉の端々に現れます。
「どうしてスーを結婚相手に選んだのですか?」という部下の質問も
はぐらかして答えない。
どう考えても、それは、スーに未練たらたらなリードへの、当てつけにすぎないような。
む。
君も男に人生を狂わされたクチなのか(笑)

一方、スーの態度も曖昧。
リードに対して、ヴィクターのことを「彼は何でもないのよ」と言うのですが
男に結婚指輪まで出させる仲が、“何でもない”関係、で済むのだろうか。
今どき、結婚の話が出てくるということはベッドを共にしていると考えるほうが自然で
そういうのも“何でもない”で切って捨ててしまうのか、それとも本当に何もないのか・・・

アクションは良かったし、リーダーを中心にメンバーが一致団結して情を深めるのも
良かったんですが、恋愛は定石かな?
うんまぁ、キャラの性格から、ああなるしかなかったんだろうな。

「ミラノ展」
2005年09月29日 (木) | 編集 |
大阪市立美術館で開催されている「ミラノ展」に行ってきました。
ミラノ展

この展覧会の目玉は、チラシにも大きく印刷されている、ダ・ヴィンチの素描。
レダの頭部」の、俯きかげんで目を伏せ、薄い微笑をたたえたレダは
とても優美で、気高く、しかし近寄り難くもなく、柔和で、
色気はあるのに性的ではなく、母親の持つ包容力を感じさせました。
あの視線は、白鳥に行ってるんだろうか・・・。
題材になっているギリシア神話は、単に、ゼウスの女癖が悪いってだけのような
気がしないでもないんですけれど・・・美女と白鳥の交わりは、絵的には美しいのか?

ダ・ヴィンチはもう一つ。「キリストの頭部」。
素描とも言えないような、漫画で言えば“主線”だけ描いたものを、
上から弟子がなぞっているという絵でした。
そういう風に師の作風を勉強しているのだ、という解説を読んで、
工房の様子を想像したりしてました。

わたしが気に入ったのは、
アンジェロ・インガンニ旧ドゥオーモ広場に面するフィジーニの列廊
背後に立派な建築が描かれ、その周囲に、通りをゆく人々の姿が描かれています。
汚れた身なりの貧乏人の親子、いかにも金持ち風なカップル、
それに、正面に位置するカメラ目線の犬。
シルクハットをかぶった紳士2人が、なぜか結婚式でヴァージンロードを歩く
新郎新婦のように、幸せそうに腕を組んで歩いているのが気になったり、
右端にいる(これもシルクハットだ)精悍な顔つきの若い男性がかっこいいー!とか
ミーハー魂を炸裂させつつ。
制作年は1838年、日本だと江戸時代末期。
こういう構図の絵画って・・・今でこそ昔の風俗が知られて興味深いものの、
当時だと、そこに行けば普通に目にする景観であって・・・なぜ描こうと思ったんだろう?
写真のない時代における、ファッション雑誌や建築関係の雑誌のような役割なんでしょうか。
現代だと、「現代建築と通行人」を描く作品がどれだけあるだろうか?
あ、漫画か~~~。もうあまり、美術の分野では、描かないですよね。

バロック時代の肖像画、「手に帽子を持った少年の肖像」は、
貴族の少年が描かれているのですが、鼻を真っ赤にして、緊張した面持ちで、
ものすっごく可愛い。そしてなにより驚いたのは、彼が着ていた衣装です。
フェルメールの「絵画芸術(The Art of Painting)」という絵に
描かれている画家が着ている、あの奇妙な服と同じ。
ということは、流行りだったんですね・・・あの、黒い布を縦に裂けさせて、
下の白い服が見えるようにするという、ピエロのような衣装が・・・。

聖フランチェスコ」の静謐な雰囲気も良かった。

我に触れるなかれ」に描かれたイエス・キリストは、痩せこけてなくて、男前でした。
ポーズを取って、マグダラのマリアを見下ろす姿も、なんだか“俺様”っぽかった。
この画家の持つ独特のイエスのイメージが面白かったです。


同行者2人は、2人とも、
籠を手にした老年の物乞い」が一番良かったと言っておりました。

さらに気楽な1日
2005年09月28日 (水) | 編集 |
仕事が恐ろしく暇で、後輩達とお喋りにうつつを抜かす。
後輩の高校時代の思い出話が印象的でした。
1人、とてもユニークな同級生(男性)がいたそうなのですが、
彼は、親友を「アニキ」と呼んで、新しいゲームを買ったりすると、
「アニキ、良いブツが手に入りましたぜ!」とのたまうらしい。
すてき!そんなリスキーな自己表現を敢えてしようとするなんて!(笑)
私立女子校育ちで、今も女ばっかりの職場にいるわたしには、
公立の男女共学高校における男子生徒の振る舞いなんて全く未知の世界で、
面白いなぁと思いました。女子校は、言わぬが華。

それにしても、いつもこんなに暇だったらパラダイスなんだけどなぁ・・・
店が潰れなきゃね。

帰りに英会話教室に寄り、なぜか昨日と全く同じメンバーで授業。
講師がOTAKUだからなのか、ネット小説みたいに、
一行ずつ皆で話を作っていくという作業をしました。
こういうのは、どこまでウケ狙いに走っていいのやら、
分からないのが問題なのですよね。
・・・いや、ウケを狙う必要はないってば。

夜中の1時頃に、後輩から悩み事相談の電話。
アドバイス出来るような立派な人間じゃないのに!人選を間違ってるよ。
2時間くらい話を聞いて、寝ました。

ありきたりな1日にも青い鳥がいる。
2005年09月27日 (火) | 編集 |
仕事の後に、英会話教室で2時間。
お腹が空くと集中出来ないってことを思い知りました。
先生は例のOTAKU講師。マレーシア出身の、楽しい男性です。
「先生が生徒に与える罰」の話になって、
「バケツを両手に持たせて、廊下に立たせるでしょ」と言われました。

 それ、「ドラえもん」で見た のか・・・?

いつの時代やねん!
わたしが中学生の頃は、たぶん全国的に荒れていた時期で、体罰が当たり前でした。
女の子でも、殴られて頬を腫らして泣いてました。
彼女はバスケ部員で、別に悪いことしなくても顧問に殴られていたんですが、
今考えたら、かなり理不尽な話だ・・・。

帰路に乗ったJR西の電車が、源平号 でした!
車体に、義経とか弁慶とか知盛の絵が描いてあって、
車内には、「壇ノ浦(下関)」と書かれた中吊り広告で、電車ジャック。
源平一同勢揃いした、集合写真のような趣のポスターでした。
パッと見、京都市地下鉄かと思いました。
(京都市の地下鉄は、地元の風物詩が描かれた派手な車体です)。
京都方面に行くのかと不安になって、何度も行き先を確認しましたよー・・・。

潜水艦乗組員が、大麻や合成麻薬MDMAの所持で逮捕された件に関して、
月美さんから頂いたメールでのコメント↓が大ヒットでした!

醜聞隠しにダイスに消されなくてよかったデスネ☆

なかなかハードな1日を、これで乗り切ったよ!ありがとう・・・。

本★Alexander Kent 『Band of Brothers』
2005年09月27日 (火) | 編集 |
届きました、ボライソーシリーズ最新刊。
Band of Brothers

本★Alexander Kent『Band of Brothers』(McBooks Press)

主人公は勿論ボライソー、アダムじゃなくてリチャードのほうのボライソーです。
彼がまだ17歳で、士官候補生の頃のお話。親友のダンサーも一緒です。
若い彼の目には、提督は男盛りでかっこいいし、旗艦は大きくてかっこいい。

The Navy was like that; a family, some discribed it.

海軍は家族のようなもの----よく出てくるフレーズですが、最近これを見たのは
海自の隊員が大麻取締法違反で捕まったニュースで、ですよ!(苦笑)

本★大谷昭宏・宮崎学・北海道新聞取材班『警察幹部を逮捕せよ 泥沼の裏金作り』
2005年09月26日 (月) | 編集 |
本★大谷昭宏・宮崎学・北海道新聞取材班
 『警察幹部を逮捕せよ 泥沼の裏金作り』(旬報社)2004.6.30

前書きで、まず、「警察」と「一般企業」の本質的な違いを突いてきます。
もし何か、例えば泥棒に入られるなりして110番する、とする。
その場合、東京都民なら警視庁、大阪府民なら大阪府警が駆け付けて来る。
私は警視庁を信用していないから別の組織にお願いしようということは出来ない。
ただ、これが一般企業なら、話は違うのですね。
雪印の製品が信用出来ないから他社製品を買うという選択肢があり、
それによって企業も淘汰されていく。

なるほどなぁと思いました。
合田さんに頼みたいなぁと思っても、出来ないわけですね(そりゃ出来ません)。

それから。
この本で焦点があてられているのは、幹部の腐敗です。警察というシステムの問題点。
現場の苦労は、取材されている記者さんのほうがよくご存じで、同情的です。

現場の警官1人の逸脱を、新聞に書かれても、さほど衝撃はないわけです。
以下、カッコ内は引用。

「確かに私的流用も問題ですが、裏金で家の風呂場を直したとか改築した
 とかいうのは、警察庁にとってはあまり痛くないのです。
 処分さえすればいい。
 とんでもない奴が1人いたということで済むわけです。」

問題は、県警本部長への餞別だったり、つまりは上層部への金の流れ。
福岡県警の場合は、以前の県警本部長で、1人餞別を断った人がいたそうです。
「こんな金を受け取れるか」と。それでこそ警察官だ!
それなりの苦労をして(しておられる人はたくさんいると思います)、
それに見合った報酬を受け取るのはいいと思う。
金額と労働量が適切なのかどうか、そこらへんが外部には分からないけれど。
ただ、自分の出世のために上司に金を都合するっていうのは、イヤだな。
その金は“労い”の程度にとどめておいてほしい。
余生を、遊んで暮らせるような額になっちゃダメでしょう!

拳銃摘発には国費が出るそうです。
検挙率の上昇という、対外的なアピールも含めて、そのためにやらせがあるんですね。

日々苦労して働いてくださっている多数の警官のためにも、
きちんと引き締まった、信頼できる組織であってほしいものです。
何かあるとすぐ、下のほうで引責自殺しちゃうんだよなー・・・。
甘い汁を吸った黒幕は安泰、大して罪のない人が良心の咎めに苛まれて自死。
そういう体質が問題なんでしょう。

本★森博嗣『θは遊んでくれたよ』
2005年09月26日 (月) | 編集 |
本★森博嗣『θは遊んでくれたよ』(講談社ノベルス)2005.5.07

φに続き、θ。この記号を見たのは、何年前だったか・・・。
どこで使われていたっけなというくらい文系一直線なのを反省しています。
高村さんの愛読誌は「日経サイエンス」だし!
わたしも頑張る。まずは「Newton」で。

これを読んでいて、気づいたことがあります。
わたしは、サスペンスを見たり読んだりする時に、
出来るだけ犯人を推理しないようにしているんですよ。
犯人当てをしない。
ずーっと、サスペンスの読み方に、他者と違和感を感じていたんですが、
それだったんだー!と、(今さら)腑に落ちました。

犯人は、作者が劇的に明かしてくれるものだと思っているようです。
その構成が作者の手腕であり、それを味わうのが、サスペンスの醍醐味だろうと。
だから自分では、待ち受け状態。他力本願。

そういう読み方をしているから、サスペンスと普通の小説との間が曖昧で
あまり区別しないし、どちらが好きということもない、というところでしょうか。

シリウス・ブラックの女性関係
2005年09月25日 (日) | 編集 |
偶然が重なって、上司・先輩が全員休み。
出社している最高責任者がわたしということになり、
艦長から4等海尉くらいまでが上陸作戦を遂行している時に、
1人で艦に残された士官候補生のような気分で、心細い思いをしました・・・。

別ブログで書いてますが、J.K.ローリングさんのインタビューで、
シリウス・ブラックの過去の女性関係が明らかに!
しかも明らかに、極東の(最近はグローバルのようですが)一部女子を
狂喜させるような内容なんですよ!

ハリーのゴッドマザーは?という質問に答えて、

‘Sirius never had time to get a girlfriend’

ええっ、そうなんですかッ!?
いくら彼が忙しかったとはいっても、暗黒の時代だったといっても、
親友のジェームズは、子どもまで作ってるんですよ?
アズカバンに収監されるまでに、成人してるんですよ?
時間がないなんて、そんな理由で恋人いなかったなんて、
そりゃないでしょうよ・・・!

第2の加納祐介か、あんたは。


その後で、JKRさんは、ポッター夫妻が、ハリーの名付け親に
シリウスを選んだことに対して、こうコメントされています。

This was not going to be a widely attended christening,
because he was already in danger.
So this is something they were going to do very quietly,
with as few people as possible,
that they wanted to make this commitment with Sirius.

潜伏中だから、ひっそりやらないといけないから、って
だから身近にいたシリウスに頼んだってことですか?
別に他の人でもよかったの?いや、出来たら他の人に頼みたかったのか?!
そりゃ・・・シリウスって、ネーミングセンスないと思いますよ。
しかし、しかし、これじゃ・・・シリウス可哀想ですよねー。


それでもシリウスは、恋人も作らず、家族とも疎遠で、
親友だけが彼のことを理解して受け入れてくれる存在で。

早過ぎるジェームズの死によって、自分の中でも何かを失って、壊れて。
アズカバンで、きっとジェームズとの思い出を反芻して、
ピーターを守人に選んだことを、壮絶に後悔していたんだろう。

次にハリーに出会った時には、ジェームズの面影を追い求めて。
それが叶わなくて、モリーに言われなくても気づいてて、
自分でも苦しんだと思う。

そうして5巻ラストへ繋がる、と。


元々は、女遊びは激しいけど、特定の彼女はいない、
坂下みたいな感じかなぁと思っていたんですが。
ガールフレンドがいなかったっていっても、遊んでないわけじゃないのか、
そのあたり、どうなんだろう?
いくらそうでも、(一応)児童書のキャラに、そういうのは書けないか(笑)

件のインタビュー
The Leaky Cauldron and MuggleNet interview Joanne Kathleen Rowling」は、
こちらに掲載されています。
6巻ネタバレありますので、読まれる際はご注意を。

更新記録
2005年09月24日 (土) | 編集 |
ようやく、「亡国のイージス」ツアーレポをupしました。
『亡国のイージス』メモリアルツアーです。こちらからどうぞ。画面左上にリンクがあります。

日記に書いていたものの焼き直しですが、趣向は変えました。
仙石・若狭・田所・菊政・如月が揃って、遠足のように思い出の地を巡るというもの。
楽しんで頂ければ幸い。
書くほうは楽しいんですよね、こういうの(笑)
あ~~~京王プラザホテルと警視庁見学レポがまだなんだけど、
それよりハリポタ6巻のほうを何とかすべきだ・・・

メモリアルツアー”という名称を初めて見たのは、
B'zの稲葉浩志氏の故郷・津山市が出していたパンフでした。
出身校やら、ご実家のイナバ化粧品店やら、お兄様の経営なさる和菓子屋やらを巡る、
津山市の観光課が考え出した苦肉の策、という感じのツアーなのです。
JR西日本の正式アイテムのようになっていて、地域活性化には役立ったようですね。
大阪駅から高速バスで津山まで、3時間もかからない。
津山インターで降りて、タクシーを拾えばすぐです(タクシー代もそんなにかかりません)。
ま、ファンなら行ってみるのもいいかと・・・。

プレステ2「亡国のイージス2035」やってます!
戦艦モノ初めてで、なかなか難しいですが、易モードならOK。
でも、作戦成功して貰える成功報酬っていうのが、
25mmCIWSとか、ミサイルVLS1とか、ガスタービンなんですよ!
竹中が欲しいよ!!! (笑)
(ゲーム内の副長はイマイチなんで)
お年を召された渥美翁が、昔語りをされるのがすてきです。
瀬戸いないんですけど・・・。
ヨンファを名乗る男の声が置鮎さんで、相変わらず威厳たっぷり。
「シャイニングフォース・ネオ」にも置鮎さんが声優として出演されていたので、
彼の活躍は、手塚以外はゲームが多いのでしょうか。ええ声やなぁ。

Happy Birthday, 178543 !
2005年09月23日 (金) | 編集 |
お誕生日おめでとうございます(ひっそり)。
バースデーケーキ


テレビ番組の「海上保安庁密着24時」を見ました。
海自に関しては、そこそこ知識も増えましたが、保安庁はノータッチ。
「海猿」ですら見ていません。
だからものすごい新鮮だったんですが。

すごいじゃないですか!
自衛隊のように手枷足枷はめられて、なかなか身動きできない組織と違い、
保安庁というのは、その名称の口あたりの良さに反比例して、
なかなか強硬な組織だったのですね~~~。

密漁目的の外国船に発砲、警告弾や催涙弾の使用、さらに接舷して乗り移る!
近接戦だよ!ネルソン提督か?いやあ接舷って!接舷って!ホーンブロワーみたい。

保安庁のほうが自衛隊より戦闘的で、対人の武器使用はむしろ多いんじゃないですか。
訓練じゃなく、実戦で使う武器弾薬は。
真っ暗な夜の海で接舷して、保安官の一人が海へ落ちていた場面には、ぞっとしました。
海上保安官は、最前線に立って、激しく攻防を繰り広げていたんですね・・・☆

自衛隊の場合は、少し動くだけで政府レベルの交渉になりますが、
保安庁の場合は、もっと自由に動けるんですね。
ただ、自衛官の場合は、身動きが取れない息苦しさはあるものの、
政府レベルで守られているため、迂闊には手を出せない。
逆に、相手が他国のマフィアだったりする海上保安官の場合は、
個人レベルでの報復があり得るし、そうなったら守りは弱い。

密漁に関して、相手国側の事情も取材していました。
漁獲量の問題は、漁師同士なら、国籍問わず、
お互い身につまされる話に違いないんですが・・・。
海上保安庁に父親が逮捕されて、残された家族の窮乏ぶりとか、
ああいうの見たら、ちょっと、つらいだろうな・・・。
でも一線は引かないといけないんだろうな。ダメなものはダメだと。
情に流されちゃ、何も守れません。

フェリーで急病になった子どもの輸送とかしてる場合は、
悩まなくていいだろうけれども。

大変なお仕事ですねえ・・・。

休日に古文書を読む
2005年09月22日 (木) | 編集 |
映画を見ようと思って早めに出かけたら、その映画館は
前売り券の指定劇場に入っていなかったため、使えず。
まぁいいか、今度、前売り券を買った劇場(梅田ブルク7)まで行きましょう・・・。

時間が空いてしまったので、うっかり本屋に入って散財する羽目になりました。
だから普段は出来るだけ1人で行かないようにしているのに!

スティーヴ・ジョブズ表紙の雑誌、英語関連とPC関連と、けっこう出ていますね。
「Mac Fan 10月号」の付属のDVD、PCでしか見られないということは
Winユーザーには、SJが見られないってことですか!残念。
驚いたのは、日本の音楽は何が好きですかと質問されたSJの返答。
「ウルフルズ」
それは貴方のイメージとは違うすよSJ・・・!

古文書講読、まだ『平家物語』の敦盛最期です。
熊谷直実が敦盛を羽交い締めにするところ、
ちょっと引用してみます(漢字は現代風に改めます)。

  むずと組んで どうと落ち 取りおさえて
  首をかかんとて 兜をおし仰のけて
  見たりければ 薄化粧して 鉄漿黒き

この躍動感!さすがですね!!!
しかし、敦盛・・・薄化粧して、お歯黒 ですよ・・・!
平家って、ヴィジュアル系!!!

数えで16,7歳ということだから、現代だとまだ中学生くらい。
見た目は「容顔 まことに美麗」らしいです。
息子の小次郎さんと同い年くらいらしいが、
もし直実パパが、敦盛の美形ぶりに心を奪われて
殺さずに家に連れて帰ってきて(相手が大将級だからそれはムリだけど)、
可愛がるということも、この時代、なきにしもあらず。
父親に、自分と同年代の同性の愛人が出来るって、息子としてどういう気分なんだろう・・・
(いや実際、そういうケースも多かったろうし)
 古文書 小次らが

↑「小次ら可」・・・「ら」は「良」の省略で、「良」は「郎」の崩しです。
 可に濁点は、お馴染み「が」。つまりこれ「小次郎が」という意味です。

着物のデザインブックも読んでいます。
古文書 着物デザイン

地の色は白、帆は浅黄色や紅色、鶸色、紫色など様々取り混ぜよという解説が。
そんな派手な着物、どうかなぁ・・・。単色のほうが良いとわたしは思うが・・・。

イージス人気投票の結果に驚愕
2005年09月21日 (水) | 編集 |
「亡国のイージス」公式ウェブサイトの
One Clickアンケート”で、人気投票をしているんですが、
それが・・・宮津がダントツ首位 !で、56%
続くは田所の38%、仙石と行は仲良く2%
に、2%?メインの2人が2%?

コミックスの田所って、眉なしの、妖怪みたいな顔立ちなんですが(笑)
それがそんなにも人気あるなんてーすごいですね~~~。

月美さんと話していて、新たなドンチョル認識が生まれました。
「ドンチョルは、ヨンファにとって、自分は戦力にすぎないと思っていた
そうなの!ドンチョルは過小評価しすぎなんですよ!!!
単なる戦力ではなくて、精神的支柱でもあったのに!
でも最後のあのシーンで、ヨンファの見せた表情で、
ドンチョルは悟ったに違いないですよ。
いいなぁ。
まぁその後に出て来た竹中こそ良い面の皮だったな。
ヨンファのやるせない怒りを受け止める羽目になって・・・気の毒に。

そんなこんなで今日も仕事でした。
はい。仕事でした。ちゃんとやっています(笑)

いつからいつまでが1日なのだろうか
2005年09月20日 (火) | 編集 |
千秋楽のレポもう少し書きたいと思います(書けました!現在21日の午前2時46分)。
しかし「新聞配達が来たら出来るだけネット落ちして、すみやかに就寝」が
マイルールの(一応)社会人なので、もうベッドに潜ります。ごめんなさい。
市ヶ谷レポとかハリポタ6巻の感想も放ったらかしじゃん!
書きたいネタもいっぱいあるのに!
しかも今思い出したけど明日って就業後に会議じゃ・・・!
しかもしかも提出物まだ出してないよ!これ〆切いつよ?!
いっぱい休んでいたから上司に会ってなくて、それで催促もされなかった模様・・・
それはあなた!だめじゃないですか!
有給申請、明日はやめておこう・・・。

「CIRCLE OF ROCK」千秋楽!大阪ドーム最終日 ツアーレポ
2005年09月19日 (月) | 編集 |
会場の灯りが消え、腹の底を揺るがすような「THE CIRCLE」の演奏が聞こえてくると
今か今かと待ち受けていた観客の期待感は、絶頂に達した。

大阪ドームのアリーナの隅、「近鉄物流」と書かれた扉が開き、
続々とメンバーの姿が現れる。観客の歓声を浴びながら、ステージへ。

今回のツアーは、ホール・アリーナ・ドームと3つの会場規模によって、
演出も演奏曲も異なっている。
今ツアーの目玉は、アリーナツアーから始まった、
B'zでは初の試みとなるセンターステージ
丸く円を描くステージは、ツアーのタイトル「CIRCLE OF ROCK」にぴったりだ。
ステージ
メンバーがステージに上がると、すぐに「X」が始まる。
今宵の稲葉さんの衣装は、メタリックな色合いのブルーグレーのスーツ。
光の加減できらきら反射して美しい。最近、光るの多いですね。
シャツは紫、ネクタイは紅。
一見するとルパン三世!(褒め言葉です)

来世はない 今だけが どこまでも続く
 終わりまで 味わいつくせよ

今夜は「CIRCLE OF ROCK」ツアーの千秋楽!
もちろん終わりまで、味わいつくしますよ!!!

「X」を熱唱の後に恒例の「B'zのLYVE-GYMにようこそ!」

そして流れるままに「パルス」へ。
どくんどくん ふるえるの可愛いフレーズが生で聴けた!と思ったら、
次の「Fever」の、うずうずで むずむずのでは、卑猥さ全開。

続く「イカロス」では、稲葉さんのと~んでみせろぉの後に、
観客の「うぉ~ぉお!」の声がきれいに重なった。
ツアーロゴを描いた旗が現れ、ゆるく回り出すステージ周辺部。
稲葉さんと松本さんも、その流れに乗って、くるくると回転。

一転して美しい青のライトが辺りを照らすと、
アクアブルー」が始まる。
知らないことばかりで この星はまわってる
 どうしようもないわけで だれもが泣いている
やるせない日常を歌った曲のタイトルがなぜアクアブルーなのか、
青い光に包まれた会場で、なんとなく分かった気がした。
ステージの青は、点滅する真実のブルー

この曲の中間でのコントっぽい演出は、時によって変わる。
仙台の時は、初めてのセンターステージということで戸惑いも大きかったのか、
2人が珍しく肩を寄せ合い(今回バラバラに駆け回るので、隣に立つことが少ない)、
一斉にアクアブルーが静かにの歌い出しが、
初日は合わなかったのだけれど、それからは息の合ったコンビぶりのよう。
今回も、その点は問題なかった。
千秋楽用の演出としては、今まで転けて滑るだけだった稲葉さんが、
そのままステージから下へ落ちたこと。
クッションになる緩衝材が置いてあるとはいえ、なかなか豪快なジャンプでした。

次の「睡蓮」では、ステージの上方に作られたスクリーンに、
モネの睡蓮の絵が浮かび上がる。

MC。「空っぽ になろうぜ」。
・・・なれたらすごいらしい。
空っぽになるというのは、厭なことは勿論、
楽しみにしていることも、全部忘れることだそうだ。

ゆっくりと聴き惚れた後は、「Mannequin Village」。
ステージ周辺部の回転部分にセクシーなマネキン数体が現れて、
稲葉さんは、そのマネキンの間を、すり抜けながら歌う。
マネキンを上から下へ愛撫する指、絡みつく腰。
空っぽになった結果がこれなんでしょうか(笑)

今回のライブで、良さを再発見したのが、次の「哀しきDreamer」。
この曲は、「FIREBALL」の2ndビートにあたる。
前屈みで内面と向き合うように、独特の調子で歌うこの曲は、
余人には歌えそうもない歌詞とリズム。
稲葉さんの真骨頂。

BLACK AND WHITE」では、黒衣の僧が松明を手にして現れ、
うぉ~おおおぉおぉ~~~という稲葉さんの声が厳かな雰囲気を盛り上げる。
歌い方は、稲葉さんお気に入り(だと思う)アキレス腱伸ばしスタイル。

MC。
「ワン、ツー、スリー、フォー」というカウントを観客が出す、という指示あり。
まずは、サポートメンバーがお手本を見せてくださるのだけれど、
マイクにかぶりつくようにして言えばそりゃー大きく聞こえるよな、と思っていた。
千秋楽の今回は、「マイクなし!」の稲葉さん命令。
指名されたのは徳ちゃん。
かつての「遠くまで」のラストのように、少し離れた場所にマイクを置いて、叫ぶ。
その後、観客のカウントの声も大きくなって・・・、

ALONE」へ。
1991年10月30にリリースされた古い曲だけれど、
一文字ずつかみしめるかのように稲葉さんが歌う詞も、
包容力を感じる松本さんのギターも、いつの時代でも、色褪せない。
サポートメンバーも含めて全員でハモる最後は、じんわりと身に染みた。

しばらくスローなナンバーが続く。
次は、タイアップしたドラマが流行った「今夜月の見える丘に」。

次は未発表曲なので、曲紹介のMCが入る。
誕生日を祝う歌がないということで作られたらしいBirthday song
明後日の21日はB'zの結成記念日、23日は稲葉さん自身の誕生日なのに、
それには全く触れられなかった。

最近テレビでもよく演奏している気がする「love me, I love you」。

次に「ねがい」。
この流れですこの!待ってました!

juice」。
イントロで皆が浮き足立つ。
この曲はなぜこんなにも盛り上がるのだろうか、
とにかく、ライブには欠かせない曲になった。
青いマイクスタンドをしっかりと握った稲葉さん、
ステージ周辺部の回転が徐々に速くなり始め、眼にも止まらぬ勢いに。
高速回転

そのまま突入した「IT'S SHOWTIME!!」の時に魚のような飛行船が2つ現れ、
次の「愛のバクダン」で、【LOVE BOMB】と書かれたピンク色の風船が
飛行船から、観客席に向かって落ちる。
千秋楽の演出に、さらに巨大風船が加わった。
これは客席奥から、ステージに向かって観客がリレーしていくのだけれど、
途中で割れて、ここからも愛の風船が飛び出す仕掛けになっている。
大騒ぎの中で、とりあえずの幕切れ。

アンコールでは、黄色いカッターシャツで現れた稲葉さん。下はジーンズ。
16日は黒白のシックな装いだったのに、そもそも黄色は珍しいような。

次の「OCEAN」の時はスクリーンにもPVの映像が流れたり、
ドラマの海上保安庁な印象がある演出でした(でもむしろ海自の印象が・・・)。
最後は、今ツアーのロゴを描いた旗が掲げられてゆくのけれど、
今日は特別に「 千秋楽 」と書いてある。
ステージを支える柱(電光掲示板になっている)にも、ファイナルの文字。

一年間、これを待ってたんだ!の「BANZAI」。
ソロ活動の直前にリリースされた「BANZAI」は、テレビでも演奏してもらえず、
どんなに見たかったことか。ようやくライブで聴くことが出来た・・・と感慨深い。
ステージと客席で、バンザイ!をした後は、紅白の幕がステージに下りる。

そして、「ultra soul」のイントロが鳴り響く中、移動した稲葉さんと松本さんは
突如、スタンド席に近い特設ステージに出現!
周辺から悲鳴が聞こえ、魂が解き放たれた大興奮の渦の中で、
この「CIRCLE OF ROCK」ツアーは、終わった。

わたしの夏も終わった。

「ファイナル」の文字が最も感慨深いのは、メンバーとスタッフの皆さんだろう。
お疲れさまでした!素晴らしいステージをARIGATOございました!!

「CIRCLE OF ROCK」千秋楽! その1 海外のB'zファン
2005年09月19日 (月) | 編集 |
とうとう「CIRCLE OF ROCK」ツアーも今日で最後。

友人とホテルで待ち合わせの後、「シャーロック・ホームズ」というバーで、
フィッシュ&チップスの正統派ブリティッシュな食事。2人ともシャーロッキアンです。

3時半頃、会場である大阪ドームに到着。
フランス人のB'zファン男性2人と待ち合わせです。
日本語が達者で、幸運なことに、少しお喋りさせて頂く機会を得ました。
彼らは、B'zのライブを見るために日本に来た!という、筋金入りのB'zファン。
そんじょそこらのファンじゃ太刀打ち出来ないほど、B'zに関して詳しいのです。
PVからMステから「僕らの音楽」に至るまでチェック済み。
彼ら自身のバンドでは「HOME」をコピー。勿論日本語で!
(同行者の友人は、「シェーンの『裸足の女神』より上手い」と仰ってました。
 リップサービスじゃないよね?(笑))
このライブの為に、ビジネスを引っかけて来日されたというのが真相なのかな。
日本の音楽全般にお詳しい(自国のロックがお嫌いなのだそうな・・・)。
日本の、特にB'zの楽曲がお好きな理由として、メロディの確かさを挙げておられました。
わたしが聴いていても思うんですが、松本さんの書くメロディは、ものすごく情緒的。
稲葉さんも、ロマンティックだと評されています。
そこに、稲葉さんのエモーショナルな声が、ぴったり寄り添う。
B'zほどではなくても、メロディがあるというのが、日本の曲の特徴なんだそうです。
稲葉さんと松本さんの音楽性の違いを、稲葉さんはブリティッシュ(ロック)で、
松本さんはアメリカン(ロック)だと言われていたのも、なるほど、と。
フランス人に受けそうなB'zの曲は?という質問には「LOVE PHANTOM」というお答えが。

いやあ面白かったです。
彼らはプロのインタビュアーなので、素人の質問は退屈だったろうと思うのですが
誠実に答えてくださいました。すてきだ。こんなB'zファンが海外にいるなんて!
実際、高額納税者番付に毎年名を連ねるB'zのお二人も、アメリカに行けば無名。
アメリカで行われたライブだって、たいていの客は日本人という有り様らしいし、
「B'zは洋楽コピーバンドだ」という非難も、まだ根強く残っている。

ロックという、いわば借り物の舞台で、日本人がどこまで認められるのか。
大御所も若手も人材豊富なアメリカで、聴いてもらう機会すら少ないと思うんですが・・・。

本★藤原伊織『シリウスの道』
2005年09月18日 (日) | 編集 |
本★藤原伊織『シリウスの道』(文藝春秋)2005.6.10

シリウス・ブラックではなくて(それはええっちゅーねん)。

広告代理店の競合を中心に、物語が進みます。
全然知らない業界の話というのも面白いですね。
ネット証券に新規参入する大手電器メーカーという設定ですが、その広告が18億
じゅうはちおく!!!
テレビCM、新聞広告、各種イベント、全てのプロモーションを含めての18億だと思いますが
そうかー大企業って、宣伝費にそれだけかけるんですね。映画もね。
そりゃ大変だ。
そのわりに、印象に残る宣伝って、あまり見かけないなぁ。
パッとしないキャンペーン、やってますよね。

さて、主人公は、広告代理店の営業。すぐに手が出る(喧嘩っ早い)副部長。
男性好みのハードボイルドなタイプで、こういう男性は、わたしはちょっと苦手。
それより、25歳の戸塚くんが良い味を出しています。
銀行員だったのが、バブル後に零細企業から融資を引き上げるという
精神的苦痛に耐えられず、この広告代理店に中途採用されてきた経歴の持ち主。
失敗を隠さない実直さと、1を聞いたら10を会得する勤勉さ。

企業ものが好きな方には楽しい物語だと思います。
でも主人公の過去や、幼なじみたちとの因縁話は、中途半端な感が・・・。

男性好みのハードボイルドって、読むことは読むし、面白いけれど、
合田雄一郎みたいには魅かれないんですよね。
俳優で言うと、松田優作さんかなぁ。
あの手の、孤高というか、一匹狼というか、背中に哀愁みたいなタイプは、
泥まみれになって地べたを這い回っていても、
「こんな俺を見てくれ!」みたいな感じがある気がして、引いてしまう。

福井晴敏さんの世界って、そういうハードボイルドじゃないと思う。
五條瑛さんも違うと思うな。高村薫さんに至っては、まったく違う。
もっと無私なというか・・・鈍感なんですね。仙石も行も葉山も合田も。
相手のことは分かっても、自分のことは分かっていないというか、
思わずツッコミたくなる抜けたとこがあるのが、いいんでしょうか。

勝手な思いこみにすぎないかも知れませんが。
藤原伊織さんの『テロリストのパラソル』が好きです。

つまりは福井晴敏さんのファンだということ。
2005年09月17日 (土) | 編集 |
朝7時頃、家に帰ってきて、朝食を済ましてシャワーを浴び、就寝。
午後になって起き出してから、最近買った福井さん関連のグッズを
取り出して、眺めてみたり。
こんな感じです。
いそかぜ精密フィギュア

↑原作に忠実な、いそかぜ精密フィギュア

Call the Roll

↑『Call the Roll』。珠玉の短編集です。
「お竹さん」の一撃も強かったけど、仙石も、対決に腕相撲を選ぶのがもう・・・!
じっくり読んだのは、渥美の話。
渥美が行をどれほど買っていたか、なぜテルミットプラス使用に
強硬に反対したか、が分かりました。
国益の名の下に、宮津隆史をあっさり(苦悩はあったとしても)切って捨てた渥美が
東京を人質に取られても、最後まで如月行を諦めなかった理由・・・。

ゲーム「亡国のイージス2035」

↑プレステ2「亡国のイージス2035」買いました!
 RPGか格ゲーばかりなので、こういうゲームは初めて。
 ヨンファの声は、手塚部長っすよ・・・。


ドキュメント自衛隊

↑DVD「ドキュメント自衛隊 海上自衛隊篇1」。
 少し古いんですが、そこがまた『亡国のイージス』を理解するのによろしいかと。
 戦略構想などは、図で見ていてもなかなか頭に入ってこないので
 こういうアニメーションだと分かりやすいですね。
 手旗・モールス信号・発光信号・旗流などの教育風景も見られます。
 こういうのが普通に教えられていたんだなぁと思うと感慨深い。
 小説を読んでいて、時代遅れに思える手旗やモールス信号などを、
 咄嗟に使えるかしら?やっても分かってくれるんだろうか?という疑問があったのですが
 仙石などは、まさしくそういう教育をきっちり受けていた世代なんだろうと思います。
 渥美がきっちり解読していたのは不思議でしたが。彼は天才っていうことで!(笑)
 「CIC」は、コンバット・インフォメーション・センターの略だったんですね。
 室内の様子は、映画のようなかっこよさはないけれど、リアルなだけに迫力があります。
 このDVDの取材が古いので、飛行機のボディの塗装が違っていたりして、
 今ならCICも、かっこよく様変わりしているかも知れませんけれど。
 64式小銃の分解・結合訓練は、葉山のぼやきを思い出してしまいました。
 坂下の手順を見てみたいものですが・・・あのエディも感嘆の面持ちで見ているのかも。
 艦内で料理をするのは補給課員のお仕事です。
 300人という大所帯の料理は、かなーりダイナミック。
 1人増えただけでも、量の予想がつきにくいのに、300人分って・・・!
 江田島で幹部候補生に教える「統率学」、いわゆる「帝王学」なんでしょうか。
 “親分型”などの区分が面白かったです。

178’s
2005年09月16日 (金) | 編集 |
ライブ終了後は、靫公園近くにある「178’s」というカフェへ。
178’s

稲葉さんのご親戚がされているという噂です(噂ですが)。
店内には、お母様がTシャツにサインされている写真と、
津山のイナバ化粧品店で撮られた稲葉さんの写真が飾られていました。
178’sTシャツ

メニューは↓こんな感じ。
178’sメニュー

178’sオリジナルカクテルは、稲葉さんを思わせるネーミング。
178’sカクテル


味も雰囲気も良く、特に178さん関連でなくても足を運びたくなるカフェでした。

のんびり喋っていたら日が変わってしまい、終電に乗り遅れ・・・。
手頃なホテルは全て満室だったため、近くのカラオケボックスで完徹を。
久々に、歌い明かしました。B'zオンリーで「あ」から順番にしていたら、
朝の6時まで歌っても、3分の1も歌えなかった。すごいね曲数!
ああ幸せな一日でした・・・。

いろいろお世話になった皆様に、感謝。

B'z「CIRCLE OF ROCK」大阪ドーム1日目
2005年09月16日 (金) | 編集 |
さて、夕方からは、もう2人の友人が待つホテルへ。
合流した後にカフェで休憩し、大阪ドームを目指します。
B'zのLIVE-GYM、「CIRCLE OF ROCK」。
(以下、ネタバレありますので、これから行く!という方は御覧にならないでください。)


今回のツアーは、ホール・アリーナ・ドームとはっきり分かれていて、
演出がそれぞれ違います。
アリーナツアーに入ってからは、ステージが(タイトルに合わせて)サークル状になりました。
ステージ


ドームツアーの曲目は、どこも同じ。
(YUKO様のHP「B'z ROOM」に詳しいレポが出ています。)

 The Circle(演奏のみ)
 X
 パルス
 Fever
 イカロス
 アクアブルー
 睡蓮
 Mannequin Village
 哀しきDreamer
 BLACK AND WHITE
 ALONE
 今夜月の見える丘に
 Birthday song
 love me, I love you
 ねがい
 juice
 IT'S SHOWTIME!!
 愛のバクダン
 (以下アンコール)
 OCEAN
 BANZAI
 ultra soul

アリーナツアーとの違いは、「Sanctuary」と「さまよえる蒼い弾丸」がなくなったことですね。
さま弾! 大好きなのに・・・。
仙台で聴いた時は未発表曲だった「OCEAN」が、今回は新曲として聴けました。
ドラマとタイアップすることも、当時は知らなかった(噂は流れてましたが・・・)。

わたしの席の真後ろの男性が「B'zが解散したら生きていけない」等と喋っておられて
まぁそういうの、ファンだったらよく思うことだよな~と聞き流していたんですが、
ライブが始まったら、(君はその通りだな)と頷くはめに。
「稲葉さんかっこええ!!!」「松本さんー!」「増田さぁん!」、
「徳ちゃああああん!」「シェーン~~~!」と絶叫し続け、
わたしの腕に唾を飛ばし、頭髪は、彼の息でくしゃくしゃに・・・。
いやまぁ、B'zに男性ファンが増えたのは嬉しいです。好きな曲とかも訊いてみたかった。
ライブ中、彼は完全に正気を失っていましたよ。人のこと言えないけどさ。

稲葉さんは、ファッションモデルかと見紛うようなスタイリッシュなスーツで登場。
えんじ色と黒の水玉模様のベロア生地に見えたんですが、遠くからだったので自信がない。
アンコールで着替えてからは、やたらベルトのバックルが気になるのか、
指で何度も触れつつ、引き上げておられたような(いや落ちてもいいっすよ!)。
急いでるから着替えが途中のままステージに上がって来られるんでしょうが、
マイク持って喋りながら、ボタン外そうとしたり、シャツを上げたり下げたりして、
そういう無防備な感じがすてきです(笑)

Fever」の“うずうずでむずむずの”という歌詞のところは、
そういう意味だったのね・・・という振り付けをされていました。
「スイマーよ!!」がライブで“ストロー噛むより 僕 を噛んで”となっていたのと
同じ感じです(笑)

ステージを照らすブルーのライトは、iPodミニのブルーの色によく似ていました。

アリーナツアーでなかった演出としては、大規模な爆発
ステージの周辺が、ぐるぐる周ること。
アリーナでもシェーン(ドラム)は回っていたけれど、
ドームでは、松本・稲葉両氏共、高速回転!旗が完全に翻ってました。
フィギュアスケートで似たようなのがありますね。
「Mannequin Village」の時の、マネキンとのセクシーな絡み
稲葉さんの手が、もう・・・それはここでは書けないようなことを(笑)
(俺もマネキン買うぜ!)と思った御仁がいらっしゃるに違いないですよ。
セクサロイドという単語を思い出しました・・・(SF用語ですか?)。
「愛のバクダン」の時の、飛行船から観客席に落ちる、愛の風船
「BLACK AND WHITE」の時の、松明を持った黒衣の僧
宗教が、心身ともに入り込むことなら、B'zはわたしにとってまさしく宗教。
こういう“入り込む”(忘我の)境地というのは、既存の宗教には感じません。
キリスト教とか仏教っていうのは研究対象にすぎなくて、外から冷静に見ている感じです。
「OCEAN」の時の、今ツアーのマークが描かれた旗の掲揚
上がっていく旗を稲葉さんがじっと注視していて、国旗掲揚の雰囲気に似ています。
「ultra soul」の時は、客席のほうで歌ってくださって、それが近かった!・・・至福。

優雅にランチ
2005年09月16日 (金) | 編集 |
休み。
まずは天王寺の旭屋書店で、いそかぜ精密フィギュアを購入。
予約販売のみかと思っていましたが、大型書店なら店頭販売しています。
(梅田の紀伊國屋と、天王寺Mio内の旭屋書店にはありました)

再び電車に乗り、環状線で大阪駅下車。
友人と待ち合わせをして、ハービスへ。お気に入りの「ブルディガラ」でランチ。
隣の席に、デ○ーク○家さんが。テレビで拝見するそのままでした。
何をどう間違えられたのか、その辺りはVIP席のよう。
一緒にいた友人が、背が高く足が長くて姿勢が良くて、
上は短い丈のパーカに、下は細身のジーンズ、深めにキャップを被っているという
休暇中のモデルみたいな格好をしていたからなんでしょうか・・・
以前、高級ブランド店に勤めていた彼女は、自社製品には目ざとくて、
あれはケリーだこれは何だと指さして、周囲の金持ちぶりを指摘していました(笑)
彼女は来月からフランスに留学するので、
仕事を辞めてから国内外を遊び回っているのですが、
今日の午前中は、古墳 に行っていたらしいです。
仁徳天皇陵の前方後円墳に。
最近は会津に行ってきたとかで、白虎隊について延々と語ってました。
尊敬している友人の1人で、フランス留学で何を得てくるのか楽しみです。

映画★「ジェリー」
2005年09月15日 (木) | 編集 |
映画★「ジェリー

ほとんど、マット・デイモンとケイシー・アフレックしか出てこない。
とりたてて何の説明もなく、ただ荒野を歩き続けるだけという、
見る人によっては、ものすごく退屈な映画です。景色はきれいだが。
さすが、ガス・ヴァン・サント監督。「君が考えなさい」な映画。

ドライブしている内、何を思ったのか砂漠へ歩き出す2人。
急に走り出し、微笑み交わし、おまえらクララとハイジか!というノリ。
(いや、あの「アルプスの少女ハイジ」の主題歌が似合うと思ったんです・・・)

仲良くじゃれ合って、話し合っているのも束の間、
厳しい熱砂の中で道に迷った2人は、次第に理性を失ってゆく。

どうして男2人で砂漠をハイキングしようと思ったのか。
あのノリは、友人の枠を越えていないか?
ええっ、なにそれテントの中の義兄弟みたいだよ!!!などと、
ツッコミたいことしばしば。

映画でケイシーが着ていた、黒地に黄色い「」1つという
(赤かったらキューバです)Tシャツがとてもかっこよかった。


ケイシー・アフレックは、ベン・アフレックの弟さんだそうです。
そして、ケイシーの婚約者は、サマー・フェニックスだそうです。
(サマーは、リヴァー・フェニックスやホアキン・フェニックスの妹)

ケイシーは、「グッド・ウィル・ハンティング」や
「オーシャンズ11」「オーシャンズ12」、
「200本のたばこ」「チェイシング・エイミー」にも出演していたんですね。
なんちゅーか、兄とその親友がメインで出る映画には、必ずいるわけだ。

悪いとは言いませんが、ツテとコネって大切なのね。
そしてベンとマットって・・・家族ぐるみのおつきあいなのね・・・。

研修
2005年09月15日 (木) | 編集 |
定休日のはずが、取引先企業の研修へ行く羽目に。
ホテルの宴会場で、冷房が効きすぎて辛かったことを除けば、
おおむね楽しめました。
小売店の女性従業員3名が、シミュレーションをやってくださったのですが
それがもう上手いのなんの。
流暢な口調、小ネタを混ぜて笑いを取る余裕、緊張でとちったりしない度胸。
理想のキャリアウーマン像だよ・・・。「こうならねば」と反省しました。

隣の宴会場では「南アルプス市商工会」の方々が集ってらして、
それが気になって仕方なかった・・・。
南アルプス市というと、故郷のような懐かしさを覚えます(笑)
2年前の4月1日に、周辺の市や村が合併して名前を変えたので
分かりにくいけれど、山梨県です。旧芦安村が含まれます。
というとタカムラーには一目瞭然。北岳を擁する市です。
死ぬならあそこ、みたいな(おい)。
北岳の話を聞きたかったな・・・・・・。

仙石の夫婦仲
2005年09月15日 (木) | 編集 |
たじ様のイージス愛憎図を拝見しまして、
「仙石→仙石の奥さん」なのねーと、今更ながらに思った次第。
やっぱり先任は愛妻家ですかー。
(たじ様のHPはこちら。日記に書かれています)

仙石の奥さんは、なんで夫に不満だらけなんでしょう。
いっぱいご自分で理由を仰ってましたが、わたしには分からん!
貴代子が合田に不平不満を持つのは、むしろ当たり前な気がしますし
彼女には同情する。
仕事が忙しく一緒にいる時間が取れず、すれ違っていくという状況下で、
やっと取れた休暇を、妻の兄上と登山して過ごすっていうのは
どう考えてもおかしいですよ、合田さん。

でも仙石の場合、休暇で帰ってきた時は、ちゃんと家族サービスしているし、
浮気もしてないし、子ども好きだし、酒もギャンブルもしない。
そんな夫のどこに不満を持てと?!
結局、先任が艦に居る時の、一番かっこいい姿というのを見られないのが
最大の損失というか。そういう場合、陸にいるしかない妻って寂しい。
でも仕方ないし、分かっていて結婚したんじゃないか。

英国海軍ドラマの「ホーンブロワー」で、ブッシュ副長が、ホーンブロワー艦長に、
「艦長の奥様になれるなんて、幸せな女性です」なんてことを言っていたけど
本当にそういうことですよ仙石の奥さん!!!
仙石の妻になれるなんて、幸せな人だと思うなー。

真顔で言うブッシュが印象的だった・・・。
ブッシュって、艦にいる時はキリリと鋭い顔立ちをしているんですが、
陸に上がると眉尻が下がって、迷子の子犬みたいになるのが
もうむっちゃいいです!
いや、陸にいるせいじゃなくて、ホレイショを前にすると、なのかも・・・。
ホレイショより上官だった時は、そうでもなかったのになぁ。

「開けずの間」は「開かずの間」ほど恐くない。
2005年09月14日 (水) | 編集 |
摩訶不思議!新耳袋ラリー」という商店街活性化プロジェクトがありまして。
『新耳袋』にピンときた方には、お馴染みかも知れません。
これは、そうした怪異譚を紹介しながら、商店街を巡ってもらおうというスタンプラリー。
近々お祭もあるので、それにこじつけて客足を伸ばそうという。

気になったのは、ここに紹介されている、某商店街で語り継がれている怪異・・・

   1人でそこを通り過ぎようとすると、後ろから声がして呼び止められる。
   「・・・・・・して、・・・・・・して」
   が、振り向いても誰もいない。

痴漢 やろそれ!!!

稲葉氏の「してして」を思い出しました。←B'z「Do me」


偶然見ていたテレビのバラエティ番組で、
「追っかけ貧乏」という25歳の女性が登場していました。
本業は塗装職人。これがむっちゃかっこいい。
副業は呪術師。これもなかなか様になっている。
その実態は、お笑い芸人スキー。
いや、それはいい。
しかし彼女の書いている妄想日記が問題なのです。
“私とあの芸人さんは恋人同士”という妄想をして、楽しむという・・・。
あーれーはー出来ないな~~~。
“竹中は宮津艦長にほの字だ”とか“坂下が本気で怒るのは葉山が絡んだ時だ”とか
“ゾロはルフィを盲信している”とか“ホレイショとアーチーは見てるほうが恥ずかしい”
とか、そういう妄想はいくらでも(おい)出来ますがね。

しかしそれにしてもあれです。
合田! 合田雄一郎。
彼についていくと、もれなく楽しいことがありますっていう幸福製造器な人です。
今日は、お客さんで、合田と同業者で同年代の方がいて、嬉しかったです(笑)
45歳の男性で、剣道は週3回すると言っておられました。
突きの鋭い教官はいないか、訊いてみたかった(笑)
合田も、もうそんな年ですよ。
加納もか・・・。ロマンスグレーかなぁ。

『マークスの山』文庫をまたまた読み返していました。
読み返す時にも、初回みたいに、テンションが上がりっぱなしなんです(笑)

高村薫さんの講座、申し込み出来ました。明日にでも入金に行ってこよう!

高村薫さんが講師を。
2005年09月14日 (水) | 編集 |
質&量共に他を圧倒する高村薫ファンサイト[ゴーダホリック]さまのHPにて
朝日カルチャーセンターで、高村さんが講師を務められることを知りました。

題名: 「小説の表現と同時代 ― 「新リア王」をもとに ― 」
場所:  大阪・中之島の朝日新聞ビル。
日時:  12月17日(土) 15:30~17:00
受講料: 会員2,500(一般2,800)円。

詳しくは、こちらへ。ここから申し込みも出来ます。
もちろん早速申し込んでみました!
まだ連絡が来ないので、不安です・・・行きたい!絶対行きたい!
何が何でも行きたい!休み取れなくてもいい!休むから!

小笠原とアトピー
2005年09月13日 (火) | 編集 |
スキューバダイビングが趣味な先輩が、「潜るなら小笠原」と仰る。
サイパンや沖縄などにもお出かけなんですが、小笠原の海がお好きなんだそうな。
その方が、「一週間、小笠原にいたらアトピーが治った」と・・・・
(その先輩は、来月に今度は2週間の連休を取って、小笠原に行かれます・・・)

ただ、家に戻ってきた時点で、再発したらしいです(笑)
でも、そうかー・・・島に一週間もいれば、アトピーが治るのか。
森くんも、七係の喧噪から逃れて、ストレスから解放されたってことでしょうか。


小笠原諸島へは、東京から船で25時間半
25時間半。
25・・・

いまどき、海外へ行くほうが早い。ずっと早い。

そして、帰りの便は1週間後。
一週間後。
一週間・・・

本★奥山貴宏『33歳ガン漂流ラスト・イグジット』
2005年09月12日 (月) | 編集 |
本★奥山貴宏『33歳ガン漂流ラスト・イグジット』(牧野出版)2005.7.20

タイトルからも分かるように、これが最後。
死へのカウントダウンが、終了。

クオリアMD付属のヘッドフォンが単体販売していることを知った著者が

「で、早速電話かけたら半年待ち!!!
 正直、その頃生きているか分からないけど、予約したよ!!!」

この筆致の躍動感。
未来への期待。
90%以上の確率で、ないかも知れない未来への期待。

楽しみにしておられた「スターウォーズ エピソードⅢ」が
見られずに終わってしまったけれど、
このヘッドフォンも、後続記事がなかったことを思えば、
手に入らなかったんだろうな。

もし、坂下メインの五條瑛さんの新刊を読めず(タイトル告知は随分前だけど)、
合田の再登場も見られず(メインで書かれることはもうないかも、だけど)、
チケットも入手してあるライブに行けず(これはもうすぐだ!)、
ドラマ「ホーンブロワー」の続きも見られず(制作会社が手を引くようなので確率が高いが)
ハリポタの大人世代が別シリーズで映画化されるのも見られず(これは単なる願望)
テニプリ実写版も見られず(これは本当なのですか?!ミュージカルメンバーで?)
世界平和が実現されず(やはりこれは書いておこう)、

自分も命を奪われるようなことがあったら・・・

・・・・・

市ヶ谷同盟って、右寄りの団体じゃありません(笑)
2005年09月11日 (日) | 編集 |
市ヶ谷同盟」に登録させて頂きました。
ファンサイト「ゆうらゆら」のフロントページ下のほうに、バナーがあります。

ところで、市ヶ谷同盟があるなら、「赤坂同盟」があっても良いと思う。
エディファンに。もうあるのかな?

お気に入りサイトさんや、お気に入り作家さんに、
気軽にファンメール出したりとか出来なくて、
イベントでも声をかけられなかったりするんですよ。
そういうのがすごくいやなんだけど、なかなか・・・改められない。
後輩にも「飲みに行こう」とかが言えないんだなー・・・。

ちなみに「DAIS占い」の結果、夏生由梨でした。
女性の中では最高じゃないのか?!畏れ多いです。

投票日 でしたね。
行ってきました。
あちこちの日記を拝見したら、結構みなさん行っておられるんですね。
うちは両親が厳しいので、行かないわけにはいかないんですよ。
選挙は毎回必ず行ってます。
が、20人ほどもいる社内の女性で、行っているのはわたしだけ。
そういうもんかと思っていたんですが。
やはり、高村さん五條さん福井さんのファンの方って、
社会問題に関心がある方々ばかりなのでしょうか。

昨日、駅の改札を出てエレベータに乗り、1階に着いて足を踏み出した途端。
目の前に、20人ほどの警備員の団体が整列してました。
あれが警官だったら、反射的に回れ右して帰っていたかも。。。恐ろしくて。
選挙の警備なんでしょうね。ああびっくりした。

選挙の何が厭って、選挙場の雰囲気でしょう。
そりゃあニコニコされても困るけど、空気が重い、独特の雰囲気ですよね。
なんていうか、素人でも思わず 笑いを取りたくなってしまう くらい暗い!
白々しい選挙ポスターも苦手だな。
あらぬ方向を向いて、微笑みの貴公子を気取っていたり。
中学校の同窓生から、いきなり選挙前だけ電話がかかってくるのもいやだ。
わたしが天の邪鬼だということを知らないくらい親しくないのなら
電話をかけてこないでください・・・・・。


ゲーム「シャイニングフォース ネオ」、プレイ時間が104時間を超えました(笑)
レベルは130。さすがに雑魚は相手になりません。
もうラスボス直前なんですが、map制覇しないと気が済まないので、
うだうだやってます。でも、いきなりコントローラが壊れました。明日買ってこよう。
後輩には「暇ですね」と呆れられました・・・。
お気に入りのFFXでさえ150時間くらいなので、確かに、長いなぁ。
ハリポタ6巻の感想が止まっている!市ヶ谷レポも出来てない!
だめだこんなことじゃ!!!
さっさとクリアして、「亡国のイージス 2035 ウォーシップガンナー」やりたい!
(またゲームかよ)

社内でストレスを感じていないのはわたしだけなのか?!
2005年09月10日 (土) | 編集 |
病に倒れていた後輩が出勤してきたので、正式な病名を聞きました。
いっぱいありました(泣)
お昼の休憩の時も苦しそうでした。昼食はゼリーのみ。
本来は肉食の2人なのに・・・!

2人ともストレス性の病気で、特に何も悪いところはないのだそうです。
心療内科系というか。
身近に接していたのに、何も気づけなかったよ自分・・・。
悩みがプライベートなことなのか、仕事のことなのか、全般なのか、
それも分からないし、聞くに聞けないし、どうしたらいいのかなぁ・・・。

今日になって、さらにもう1人、休んでいる後輩が増えたんですよ!
どうなっているんだ・・・・

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。