高村薫さん・五條瑛さん・福井晴敏さん・古処誠二さん等の小説、海外の海洋小説、歴史、B'z、を糧に生きている人間の日常。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


むげにんと江古田ちゃん
2006年04月30日 (日) | 編集 |
コミックス★沙村広明『無限の住人 19
      (講談社アフタヌーンコミックス)2006.4.21

卍さん!卍さんむっちゃかっこいいじゃないですか!!!
斜に構えて、相手に投げかける視線とか、大好きです。
しかも凛ちゃんとも良い感じだし。言わず語らず、でも通じている。


コミックス★瀧波ユカリ『臨死!!江古田ちゃん 1
      (講談社アフタヌーンコミックス)2006.4.21

初のコミックスですよね。疲れた社会人女性のツボを突く笑いだと
思います(笑) しかし江古田ちゃんの男の趣味は分からない。
スポンサーサイト

風邪
2006年04月29日 (土) | 編集 |
最近よく咳が出るんですが、花粉症のせいだろうと思って、
「余命二年の咳」とか言っていたら、その夜に38度以上の発熱をして、
普段35度台が平熱のわたしには寝苦しい夜になりました。
ていうか寝られない。解熱剤を服んで唸ってましたよ・・・。
しかし朝には熱も微熱程度にまで下がり、出勤しました。
社会人の鑑だよね!でも本当に余命2年だったらどうしよう!
会社辞めるね!!!


潜水艦の全貌
2006年04月28日 (金) | 編集 |
店の人の、「海上J衛隊の潜水艦が見られますよ!」という
誘い文句につられて、遊覧船“ロイヤルプリンセス”に乗船してしまいました。
そんな言葉で普段から客を釣っているのかなぁ。
まんまと釣られてしまった女一人・・・。
定員500名らしいのですが、実際は10人前後しか乗っていませんでした。
メリケンパークには大勢の観光旅行客がいたんですが、お船には興味ないのかな。

ドック入りしている潜水艦は、初めて見ます。
せいぜい繋留しているところしか見たことがなかったので、びっくりしました。
ドック入りしている潜水艦

写真だと、背後の建造中の船と一緒になって分かりにくいのですが、
空中に浮いてる感じじゃないですか?
巨大な魚雷のよう。そうしないと改造も出来ないから、当たり前なんですが・・・。
ステルス性アップだそうですよ。

おまけ。↓海上保安庁のお船。この白さが眩しい!
海保の船


「ボストン美術館所蔵 肉筆浮世絵展 江戸の誘惑」
2006年04月28日 (金) | 編集 |
神戸市立博物館へ行ってきました。
ボストン美術館所蔵 肉筆浮世絵展 江戸の誘惑
江戸の誘惑

浮世絵大好きです。
だいたい正月はデパートで浮世絵展が開催されていたのに、
最近はそういう習慣もなくなりましたね。
あまり見ることが出来なくなったなと落胆していたら、
やってくださいました神戸市立博物館!さすがだっ。肉筆だけど。
版画の浮世絵とは違い、肉筆の浮世絵というのは
数が少ないだけに贋作が多いとか、昔、高橋克彦さんの小説で
読んだことがあるけれど、本当なんでしょうか。

美人画なら 栄之 、風景画なら 北斎 、が好きです。

鳥文斎栄之(ちょうぶんさいえいし)、18世紀半ば~19世紀前半の人。
旗本の嫡男として生まれ、お家を相続するものの、浮世絵にのめり込んで
さっさと引退した後は、絵師として生活していた変わり者。
本名は細田時富さん。画号の「栄之」は、将軍徳川家治が名付け親らしいです。

当時の浮世絵というのは、現代の漫画ほどの評価も得てはいなかった
と思います。幕府の御用絵師と言えば江戸狩野派。
京都では、伝統的な画法を打ち破る町絵師の円山応挙、尾形光琳、
曾我蕭白など錚々たるメンバーが活躍していますが、
彼らも最初は狩野派なんですよね。

栄之も最初は狩野派の絵を学び、それを土台に浮世絵を描いている。
旗本のぼんぼんらしい教養と、上品さが魅力になっていて、
この展覧会にも出品されている「墨田川渡舟図」では、
殆どが、墨彩色と呼ばれる墨の濃淡による色づけのみのモノクロな画面なんですが、
ただ、渡し舟に乗り込んだ武士の刀2本と、美女2人だけが極彩色に塗られ、
さらに、他の人物は山水図(南宗画)の技法で描かれているのに対して、
中央の美女だけは、浮世絵風の描き方をしています。
美女の周囲だけパッと画面が引き立ち、印象を強くします。

あと、栄之が描く美女の着物は、黒に紫という重ねも多いのですが、
灰色がかった藤色、藤鼠という色なので、黒と合わせても派手にならない。
「柳美人図」の女性の着物がきれいです。
あ、そういえば最近気に入って着ているキャミソールとカーディガンが
藤と黒でした・・・。こんなところに江戸趣味が!(そうか?)

ちょこっと春画も展示してありましたが、グロテスクなものではなくて
雰囲気が色っぽいという程度のものでした。
でもゲームのFFシリーズの恋愛よりはアダルトかな!(笑)
展示されてあった栄之の春画「象の綱」の絵は、身分の高そうな女性が
本を読んでいるところに、背後からちょっかいを出す男性の図なんですが、
部屋に秩入りの『古今集』が置かれていたりして、典雅な雰囲気です。

北斎の絵の場合は、風景画に出てくる人間の後ろ姿が好きです。
男性の場合は躍動感があります。
今回は肉筆なので美人画が多かったんですが、「鏡面美人図」の
女性の後ろ姿、簪を触る指やうなじに、色気があって良い。
鏡面に映る顔がなければなぁ(笑)


近世は、電車もエアコンも冷蔵庫も洗濯機もない時代だけど、
こんなに豪壮な絵が描けるんだなぁと思うと、
何が豊かで何が貧しいのだろうかと思ったりしてしまいます。
だからといって江戸の暮らしに戻りたいわけではないけれども、
こんな絵画を残してくれた江戸の人々に感謝。

銀魂
2006年04月24日 (月) | 編集 |
WJ連載の漫画「銀魂」を読んでいます。
ここの「真選組」、新選組ファンのツボを突いていますよね!

土方の台詞
「…幕府でも将軍でもねェ
 俺の大将はあの頃から近藤(こいつ)だけだよ」

沖田の台詞
「俺や土方さんみてーな性悪がいて
 それで丁度いいんですよ真選組は」

作者は司馬氏の「燃えよ剣」のファンだそうです。
腹黒な沖田なんですよね。沖田だけ、べらんめぇ調な喋り方もいいなぁ。
少しずつ名前が違うので、歴史上の人物と全く同じには
設定されてないとは思うのですが。
ビジュアルものすごいかっこいいし!近藤さん!
あの性格で、あの容姿!上司にしたい人ナンバー1!幕府の歩く広告塔!

桂さんも良い役どころで。
男性は皆、桂さんが嫌いなのかと思っていましたが、
男性ファンもいるじゃん!桂さん良かったなぁ。
ところで木戸は「木戸」って呼び捨てに出来るのに
桂はなぜ「桂さん」ってサン付けにしないと気が済まないのか。

高杉が一般的な高杉像と違うのは、主人公の銀時と
キャラがかぶるからでしょうか?
あの風来坊っぷりは、高杉っぽいというか、長州藩士みたいな・・・

空耳アワー B'z編
2006年04月23日 (日) | 編集 |
B'zの「なりふりかまわずだきしめて」という曲の
♪なりふりかまわずだきしめて♪という歌詞を、
ナイフ にかまわずだきしめて♪だと思っていました。
なんてハードボイルドな恋愛だろうかと。
いや、心のナイフかも知れないけど。



御室桜
2006年04月20日 (木) | 編集 |
友人とバスの車内で待ち合わせ、京都は右京区の仁和寺へ。
著名な「御室桜」を見に行ってきました。
仁和寺の塔と桜

ここの桜は毎年4月20日ぐらいが見頃になります。
他の桜より、ちょっと遅いんですね。そういう品種なんですねー。
友人と、桜の見納めに行こう、ということになりました。
御室桜

起源は平安時代まで遡れるらしいのですが、
現在あるのは、江戸初期に植えられたもので、
品種は殆どが有明、それから車返し、鬱金など。
桜

緑色の桜「御衣黄」もあります。
緑色の桜

帰りは叡山電鉄。バスだと混雑するし時間がかかるので、
京都では、出来うる限り電車での移動をオススメします。

四条に出て御池のほうに歩き、三条通り富小路の「うしのほね あなざ」へ。
町家の和風居酒屋で、ここのシチューが絶品!
高い天井に大きな梁、掘り炬燵、というのも落ち着ける。
ものすごーく穏やかな標準語の良い御声で、還暦くらいの男性数人が
それぞれの研究論文について相談やダメ出しをしていて、
非常にその場の雰囲気に合っていて良い感じでした。
友人もわたしも声フェチなので、良い声が聞けてよかったなーと大満足でした。

本★高部正樹『傭兵の生活』
2006年04月18日 (火) | 編集 |
本★高部正樹『傭兵の生活』(文芸社)2005.9.15

以前からこの著者の作品は読んでいます。
ジャーナリストではなく、「傭兵」という立場から戦場を見る、
その視点がまず興味深かったので。
その先に見えるものをしっかり見つめて、文章になさっています。
地に足の着いた考え方で、安心して読めます。
武人ってあんまり文章を書かないようなイメージがあるんですが、
空自の戦闘機パイロットの訓練経験がおありになるというから、
下地がきっちりしておられるのでしょう。

“こいつの意見には大いに同意するが、言ってる本人が気に喰わん、
 という事は日常生活でも多々あると思う”(29頁)

意見そのものと、発言した人物を混同しない、
こういう感覚が、この人は信を置けると思えるところです。
坊主憎けりゃ袈裟まで~というんじゃ困る。

でも日本にいると「愛のエプロン」という番組を見ることが多いというのは
どうなんだかな(笑)ああいう料理番組は、わたしは苦手なんですが、
人気あるみたいですね。

イラク戦争の時のイラク側からのオファーでは、月40万円の報酬だったそうです。
それでは行けないですよね、金ではない、よほどの大義がないと。


“世の中は戦争終結宣言が出されると「戦争は終わった」などと
 思う人たちばかりだが、実際にはそんな事は関係ない。
 テロリストでも民兵でも、とにかくゲリラ戦を仕掛けるものにとっては、
 自分たちが諦めない限り戦争は終わらない。
 ゲリラたちにとっては、戦争は組織対組織の戦いではなく、
 個人対組織の戦いなのだ。”(160頁)

だからこそ泥沼化しているんですよね。
日露戦争とか、ちゃんと終わったら終わっている戦争って
(その後に太平洋戦争があったけど)、すごいなぁと思う。
あの時、国民から罵倒されても、戦争を終わらせた政府側の人間は、
やっぱりそれなりの見識があったのですね。
引き際を見極めないと、将来に禍根を残すのですよね。

第2次長州ブーム
2006年04月17日 (月) | 編集 |
休みの日は大掃除です。
主に小学生の頃に読んだ戦国時代小説の文庫本を、
ごっそり捨てました。広い書斎が欲しかったなぁ・・・。

長州と太平洋戦争の本で、友人オススメの本をお借りして読みました。
それで第2次長州ブームです!(笑)
あーやっぱりあの時代って、すごいですよね楽しいですよ。
萩の海と空の青さ、陽光の眩しさ、開放感、いいですよねー。
やっぱり伊藤なんかは、ああいう土地だから出てこられたんじゃないかと
なんとなく納得したりしました。
国の形をごろっと変えてしまうことって、なかなかないからなぁ。
楽しそうだなあ。

B'zのニューシングル「ゆるぎないものひとつ」を聞いてます。

♪真っ直ぐ優しく生きていきましょう♪

・・・ほんまに。

電車に鳩
2006年04月15日 (土) | 編集 |
JRの電車の車内に がいた。
鳩

最初、手乗り鳩だと思いました。いいなー可愛いなぁと眺めていたら、
終点の駅で乗員全員が降りても、周囲の人が誘っても、鳩は頑として降りない。
どうしてだろ・・・。

伝書鳩に憧れます。
3年ほど前に、北京で伝書鳩を養成しているところを見たから、
まだまだ現役の伝書鳩はいるに違いない。いいな伝書鳩。

駅を出てすぐの場所にスクランブル交差点があるんですが、
そこで信号を待ちをしている間に、肩に乗ってきてくれないかなと思う。
それでポケットから餌を出して与えて、また飛ばす。
この一連の動作は無表情で、特にスーツを着ていると良い。
実は渥美なんか最高に似合うと思うのですがどうでしょうか。
市ヶ谷の駅を降りた渥美の肩に鳩が降り立ち、渥美はその鳩に顔を寄せ、
鳩の足に巻き付けてある用紙、もしくは、miniSDカードなんぞを受け取り、
何事かを囁いて(高精密マイクロフォン搭載鳩なのですよ)、
再び伝書鳩は空中高く舞い上がる・・・・・・。
鳩ならレーダーにも引っかからないし、
引っかかっても「あ、なんだ鳥か」で終わってしまうだろうし、
良いと思うけどなぁ伝書鳩。ダイスで実用化を検討してほしい。
目標追尾型のミサイルも、鳩には無力なんでは?
でも個人的な用件で、瀬戸に飛ばして欲しいとも思います。
「今晩、飲みに行こう」みたいな。ものすごくかっこいい最新兵器かと思うと
携帯電話代わりの伝書鳩だったりな。うん。
いくらダイスでも、鳩に特攻させるのは止めてほしいし。
GUSOとかTPex搭載鳩は要らない(笑)

肩に鳩を乗せた姿が絵になる人 というと、
渥美の次に 合田雄一郎 かと思うけれど、
合田の場合は、もっぱら加納さんが管理しているでしょう。
(合田さんに動物の世話は出来まい。むしろ世話されそう)
ものすごく近いK視庁とH務省のビルの間を伝書鳩が飛んだりすると面白い。
何しろ、問題児の合田さんを、誰がどこで盗聴しているか分からないから、
携帯もFAXもパソコンも止めよう、というのは表向きの理由で、
肩に鳩を乗せた合田さんを見たいというのが本当の理由。

肩に鳥といえばハリー・ポッターが印象的ですが、わたしはルッチ!
『ONE PIECE』のルッチが、かっこいいですねぇ。

4月、新学期
2006年04月13日 (木) | 編集 |
太極拳。
脚力はついたのに、持久力はつかないのですよねー。
すぐに息が上がる。心臓の問題なのかこれは???

午後は古文書講読。
4月からの新学期開講で、生徒が2人増えて、総勢20名ほどになりました。
当初は十人くらいだったから、「もしかして古文書ブーム?」などと
囁かれています。わたしも先輩株ですよ!さほど上達してないのに・・・。
残念なことは、30代40代という働き盛りが男女ともに皆無なのです。
40代後半のJ衛官とかK官とか、運良く知り合いになったら
いろいろお話を聞けるのになぁ♪と淡い期待を抱いているんですが(笑)
働き盛りが平日の昼間に古文書なんて読んでないから!
・・・読んでてもイヤだ。
英会話教室では一時シ○ープの方が多くて、会社のことを聞いたりして
面白かったんですが。異業種の方と話すのは、刺激になって良いですね。

映画★「海猿」
2006年04月12日 (水) | 編集 |
遅ればせながら映画★「海猿」を見ました。
海上保安庁の潜水士になるための訓練の様子を描いた作品です。

潜水士というのは、海難救助のエキスパートと言われているらしいのですが、
映画の冒頭で、教官が「なぜ潜水士になりたいのか?」と生徒に問い、
皆が「人命救助」を理由に挙げると、教官がそれを否定するシーンがあります。
現実に遭難事故が起こったら、遺体の収容が主な任務になってしまう。
海の中で、溺れて救助を待っていられる生存者などは殆どいない、
そういうつらい仕事なんだということなんですよね・・・重いですね・・・。

訓練生のロッカーに「目指せマリアナ海溝」「打倒海自」と書いてあるのが
印象的でした。打倒海自!打倒するなら空自のメディックではないの(笑)

それにしても海と船とヘリはかっこいいですねー。
保安庁の船は白いのが良いね。なんかこう、お天道様の下で正道をゆくというか、
灰色のように日陰者じゃない感じが(笑)

交番初体験
2006年04月11日 (火) | 編集 |
仕事中に家から電話がかかってきて、すぐに警察に行けと言うのです。
えっ、出頭?!何がバレた?・・・ではなくて、定期券が見つかったらしい。
しかしこちらは仕事中。それが「すぐ来い」とは、国家権力とは横暴なものだなぁと
思ったりしつつ、それでも警察から呼び出しを受けてそれを阻む上司もいませんので
仕事を抜け出して、仕事着のままで、最寄りの交番まで行ってきました。

扉が自動じゃなかった(驚愕)。
節約ですかね・・・

どうやら事件もなく暇そうで、4人ほど巡査がいらっしゃって、
一番若い警官がわたしの相手をしてくださいました。ちなみにハンサムさん。

「遺失物届は出していますか?」
「え?いえ・・・」
出してませんよ、再発行可能な、後数日で切れるような定期券ごときで。
ていうか、交番に届けてくださるのは非常に親切な方だと感謝はしていますが、
わたしはてっきり、届けられるなら駅のほうだと思っていました。
しかも見つかった定期券には電話番号が書いていないのだから、
自宅に電話があったということは、すでに警察からJRへ照会済みということ。
仕事中に呼びつけるんじゃなくて、駅へ回してくれてもいいのにーとか
ちょっと思ってしまったのでした。いやごめんなさい。

そこでハンサムさん、こちらをじっと見つめて、
「では届けを作成します」
ああ・・・時間が・・・仕事中なのに・・・・。
「いつなくされましたか」
えーうわーいつだっけー
「どこで」
「どのくらいの時間で」
・・・と、質問が続きます。
届は巡査が記入してくれるので、わたしは口頭で答えるだけ。
終わると、やおら胸ポケットから、シャチハタではない印鑑を取り出し、
巡査○○○○印、と押してから、こちらの署名を求められました。
届の上には、主任から始まって課長や署長のハンコを押すスペースまで
あったけれど、わたしの場合はそこまでいかないでしょうね?こんなので。
それにしても本当に書類多そうだなぁ。大変だなぁ。
合田がぶつぶつ文句を言っていた理由が分かりました。

身分証の提示を求められたけど、持っていないので、
制服と名札を示して、じゃあまぁいいでしょう、ということに。

こうして交番初体験は終わりましたー。


前日、家族に「誰か届けてくれないかなぁ」と言ったら
「何言うてんねん、今どき悪用されるに決まってるやろ!
 人間なんか誰も信じたらアカン!」と小言を言われていたので
こうしてどなたかが交番に届けてくださって、手元に戻ってきたのは
ほんと嬉しいことでした♪

夜桜
2006年04月09日 (日) | 編集 |
夜桜を見に行ってきました。
夜桜


海が見たかった・・・
2006年04月08日 (土) | 編集 |
強風なのと、花粉症の症状がひどいのとで、海を見に行く予定を断念。
いつもの如く街で買い物を。
しかし薬の副作用もあって、ボーッとしている状態で街歩きは危険ですね!
しばらく家でじっとしていよう、と心に誓いました・・・。

定期券
2006年04月07日 (金) | 編集 |
定期券を紛失。
もう何度目なのだろうかというくらい、
落としたり失くしたり置き忘れたりという前科があります。
地元の駅でフルネーム呼ばれるのはもうイヤ。
京都駅で遺失物取扱所に行くのも面倒でイヤ。
やっぱりB衛庁で海上J衛隊のネーム入り定期券入れを
買わなくて良かったよ!
あれに入れていたら、恥ずかしくて受け取りにいけません。

DVD★「真実のイージス」
2006年04月05日 (水) | 編集 |
DVD★「真実のイージス
「真実のイージス」

イージス艦「こんごう」を舞台に、ドキュメンタリータッチの作品に
仕上がっています。イージス艦の装備の詳細な解説、艦で働く人々への
インタビュー等、初心者にも分かりやすく興味を持ちやすい内容。
いかにも人の良さそうな先任伍長さんが、奥様の運転なさる車で
ご自宅に帰還される姿までカメラで追っていました。
若かりし頃の、艦長曰わく“ちょっと生意気”な頃の写真まで(笑)
そうそう、今どきの新入隊員って、きれいに眉を整えてるんですよね。
時代だなぁ・・・。映画の田所みたいな人がたくさんいる感じ。

これと一緒に同社の「空自保有機大全」も買いましたが、
こちらはマニア向けといった感じのシンプルな作りでした。
飛行機に重点が置かれているわりには、
戦闘機が空中で少しでもアクロバティックな動きをすると
カメラが付いていけない・・・という感じで、
それはちょっと残念でした。映画のほうが撮影が上手い。
いや、予算の都合だろうか。
でもJwingsの付録DVDは、地上からの撮影で全体がつかめてたのにー。

呉地方隊のHPの「移動広報」の部分がちょうど今日更新されて、
平成18年度の日程表が掲載されています。わ!休みを取らなければ。

本★半藤一利・横山恵一・秦郁彦・戸高一成『歴代海軍大将全覧』
2006年04月05日 (水) | 編集 |
本★半藤一利・横山恵一・秦郁彦・戸高一成『歴代海軍大将全覧』 
  (中央公論新書)2005.5.10
様々なエピソードの紹介です。対談形式なので読みやすい。

鈴木貫太郎が“「水雷は凍って出ませんでした」と言うと、
伊東祐享司令長官は「チェストー」と後ろを向いてしまった”(44ページ)

えっ、薩摩示現流の掛け声である「チェスト」って、こんな時にも使うのですか?!

八代六郎氏は、面倒見の良い人だったようです。
“戦死した部下の遺児に奨学金を出してやったり、金鵄勲章の年金を
 すべて傷痍軍人の施設に寄付した。”
“山梨勝之進が「八島」の甲板士官のとき、八代から新品の靴を
 「僕にはあわないから」と貰っている。これなど初めからくれるつもりで
  買ってきているんですよ。”

驚くのは、軍人の子どもというのは、それだけで殺されることもあるということ。
仕事柄恨みを買いやすいのか、憎まれるのは親なのに、警備の手薄な
子供が殺される。

“山下源太郎の三男は小学生のとき、飯島という海軍大尉に、
 ナイフで喉を抉られて殺されました。
 飯島は片目が義眼なんです。山下が飯島の肩を鉛筆で
 ちょっちょっとつついて呼んだら、
 飯島がひょいと振り返り、鉛筆が目に刺さってつぶれてしまった。
 それを恨んで、飯島は山下の息子を殺したという話があります。”
“山下が佐鎮長官のときの事件ですね。山下の「伝記」では、
 飯島の失明は少尉候補生時代の喧嘩が原因で、
 相手の耳に硫酸を入れて復讐したことになっています。”(124ページ)

その硫酸での復讐話もコワイ。

芹沢光治良氏は、百武源吾氏との交わりを「義兄弟の契り」という
エッセイで書いておられるそうです。
“老僕が注いだシャンパン・グラスを右手に持ち、左手で握手したまま
 グラスを合わせ、「我等は将来、兄弟になることを契って」と言い、
 目を見つめあって半分飲み、グラスを換えてから飲み干す。
 そして、抱き合う、という順序なんです”(244ぺージ)


井上成美氏は、たいてい非常に高い評価を得ていますよね。

“イタリア大使館付武官を務めたけれど、ファシズムに感化されず批判的でした。
 帰国後、海大で戦略の教官になると図上演習の指導ぶりがずば抜けている。
 精神力や術力を加味しない純数学的な講義をし、海軍は米英相手に
 勝つ見込みがあるかと聞かれれば、数理上勝てない、
 だから外交があるんだ、と答える。
 猛訓練すれば勝てる、必勝の信念であたれば活路は開けるなんて
 バカなことは言わないんです”(352ページ)

その馬鹿なことばかり言っていた人達のおかげで戦死者が増えたんですが、
でも「頑張れば勝てる」といった調子の言動のほうが、一般受けするんですよね。
理詰めで、だから負けるよって無表情で言われたら、反感を買ってしまうだろう。
「あんなに税金を使ってて、それで勝てないとは何事だ」と言われても返す言葉がない。
人気取りが命の政治家は、粉飾決算じゃないけれど、そうそう正直には
言えないというのが本音でしょうか。
だから、井上氏の貴重さを痛切に感じるんですが、
今出てきても、この人、一般受けしないだろうなぁと思います・・・。
NHKの朝のドラマで「愛があるから料理は美味しい」と言っていたけど、
いまだに、日本ではこの手の精神論が幅をきかせているのだなぁと思いました。
愛より調味料だ。
少なくとも、精神はあって当然 。それなりのやる気は、あって当たり前。
誰でも必死になれば馬鹿力が出るんだから、それが勝敗を決する最終的な
要因として最初からアテにするのは、おかしいと思う。
井上氏も、実戦は苦手だったみたいだし、全てが計算通りには進まないですね。

花粉は毒
2006年04月04日 (火) | 編集 |
出勤してすぐ後輩に「今日って祝日だっけ?」と鼻息荒く
質問してしまったくらい、観光客が大勢いました。
(祝日は開店時間が早いので、忘れていると減給なのですよ)
春の陽気に誘われて、お花見客が町に溢れたようです。

もっとも、こっちは花粉症の症状が強くなって、
耳が遠くなったり頭痛がしたり平衡感覚が失われたり
鼻水と咳とくしゃみが止まらなかったり、喉が痛いし、息詰まる。
さらに薬の副作用で、身体中が異常に乾燥するわ、
異常な眠気に襲われるわ、いやー・・・今の外気は 毒ガス です。
家の中にいてさえ、これは毒ガスや!と思うのに、
一歩外に出たら、そこはもうアウシュヴィッツ。
花粉って喉にくるんだけど、花粉症じゃない人は、平気なんでしょうか。
不思議だ・・・。

2006年04月03日 (月) | 編集 |
通勤時、車窓から桜並木が見えます。
ピンク色の花弁を空に向け精一杯に広げて、もう満開に近くなっていました。

桜と言えば飯田橋(@『亡国のイージス』)か姫里(@『李歐』)。

でもこの時期の長時間外出は自殺行為なので、花粉症の友達とは、
花粉が飛ばなくなった頃に会おうという葉桜花見の約束をしています。


弱肉強食
2006年04月02日 (日) | 編集 |
勤務先では、高給取りのアルバイトを数人雇っているのですが、
社員が減給になるに合わせて、その方々のバイト料も
時給15000円→13000円に引き下げたいということを
上司が頭を下げながら懇願したのですが・・・
・・・すごいですよ。
「そういうことなら今日限りで辞めます」
と、契約を打ち切られてしまいました。
せめて「今月限りで」とは言えんのか!?
有資格者とは強い生き物ですよ・・・。
中には「それでは生活出来ません」と言う御方もいて、
一体どういうセレブな生活をしているのだろうかと思いました。
時給が 諭吉1枚と英世3枚 ですよ?
1日働いたら、もう10万円近くになるんだよ?
それで生活出来ないってどういうこと?

というわけで、下っ端には事情はよく分からないものの、
移転を余儀なくされてしまい、ひたすら社員の給料と経費が削られてゆく
「ヒロシです・・・」と言いたくなるような暗澹たる職場です。

これまで有資格者に対して平身低頭で優遇していたのに、
経営難には掌を返したように冷たく突き放された上司が
一番こたえているかも。そういう表情でした。

先輩も同僚も、結婚と出産を視野に入れた将来設計を
考えているようだし(それはつまり早々に退職したいということだ)、
やっぱりこのままではいられないんだなぁと、実感した次第です。

HAPPY BIRTHDAY!
2006年04月01日 (土) | 編集 |
お誕生日おめでとうございます、合田雄一郎さん!

ケーキを買って帰ろうと、お気に入りのケーキ屋さんに行ったのですが、
併設のカフェで結婚式の二次会をしていて、周辺一帯が貸切だったため、
ケーキ屋も閉まっていました。残念。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。