高村薫さん・五條瑛さん・福井晴敏さん・古処誠二さん等の小説、海外の海洋小説、歴史、B'z、を糧に生きている人間の日常。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


旅行の手配完了。
2006年09月30日 (土) | 編集 |
宴の支度は調いました、というフレーズを思い出しました・・・。
良いホテルが見つかったので、ほくほく。ホテル大好きです!

太田記念美術館では鳥文斎栄之展(歌麿と)を開催中なんですね。行かねば!

由良のレポートはいつUP出来るんだろう・・・
どうしても使いたかった写真があるのです↓これ。お気に入り。

由良「防衛」


この埋もれ具合がいい!
この下に“庁”が付いていたら、ここは防衛庁の土地だ!という縄張りの主張になり、
“防衛”だけなら、ここは国防の礎だ!という誇り高さのアピールなのでしょうか。
スポンサーサイト

ふにゃ
2006年09月28日 (木) | 編集 |
太極拳。
先生には「身体は柔らかいのにねぇ・・・・」と言われました。
“のにねぇ・・・・”に凹みます。
背筋がんばって伸ばしてますよ!
でも柔らかいと、ふにゃふにゃしてダメらしい。
生きざまが表れてます・・・

旅行の手配に追われています。
行く予定の美術館のアクセス方法や休館日の確認とか、
持って行く服や本や化粧品を選んだり、というそれだけなのに
どうして時間がかかるのかな~~~。

ホテルを迷っているからだ・・・。

京極さん新刊出たんですね!
(楽○ブックスのランキング1位だったから。まだ書店で見てません)
これを新幹線のお供にしようかな。

「俺の潮」
2006年09月24日 (日) | 編集 |
神戸で開催された福井晴敏&かわぐちかいじファンのオフ会に参加してきました。
ほんっとーに、楽しかったです!
スタッフの皆さんの衣装は、撤退作業の時なんか本職にしか思えませんでした・・・。
目の保養になりましたー。
50人を超える大人数で、幹事の方は大変だったと思います。
お疲れさまでした。でもまたやってください!期待してます!
今度は呉とか江田島とか市ヶ谷ツアーとか防大ツアーとか絡めてどうですか?
妙な集団になっちゃいますけど(笑)
いろいろお話してくださった皆様、本当に有り難うございました。

和歌山港「しらせ」見学
2006年09月23日 (土) | 編集 |
南海電車で和歌山港駅へ行きました。
車窓から体育祭をしている学校がいくつか散見できました。
快晴だし、体育祭日和ですよね!
そのせいで、教師をしている友人から
同行を断られてしまったのですが・・・。

列車の乗員は多くて、みんな港まで行くのだと思っていたら
和歌山市駅でほとんどが下車!
1車両に四、五人ぱらぱら乗っているくらいの寂しい状態でした。
港まで行く電車は1時間に1本なので、見学するつもりの人なら
この列車に乗っていないといけないはずなんですが・・・

えっ、こんなに見学者が少ないの?と思っていたら、
皆さん自家用車で来られてました。駅から埠頭までは遠かった・・・
6月にも護衛艦見学の為に和歌山港に来たけど、
その時は、見学者に便利なように、駅や一般道から近いところに
碇泊して下さっていたんですね! 

炎天下の中を歩いて来てみれば、既に乗艦待ちの長蛇の列が出来ていました。
暇なので、撮影開始。
「しらせ」全体

最初に、あっ!と思ったのは、クルーが被っているキャップ。
朱色というか、オレンジ色なんですよね。
(友人曰わく「エルメス色」とも)
ヘリコプターの一部や、艦の塗装の一部も同じ色なので、
これが「しらせ」のテーマカラーなんでしょうか?
艦の塗装も帽子の色も、見慣れた海自ブルーじゃない為に
K上J衛隊の艦だとは思えない。
この色が、南極の、雪と氷に覆われた白い大地に映えるから?
それとも、「しらせ」の特殊な位置づけに理由があるんでしょうか?

“「しらせ」は文部省(当時)の予算で発注され、
 運用は防衛庁に移管して行うという形態をとっている。
 艦のオペレートはK上J衛隊が行い、同様に輸送ヘリコプターも
 K上J衛隊が運用している。”(『海自マニア』12頁より)


あのオレンジ色で、J衛隊色を払拭しているんでしょうかねー。
寄港した時の、住民受けも良いしねぇ。
「しらせ」艦尾

艦内では、バイオリンのクラシック曲がBGMとして流れています。
ゆ、優雅な・・・。

艦内の通路は狭いため、乗艦人数が制限されていて、
見学者も、立ち止まって見たりすることは出来ません。
完全ベルトコンベアー式。
じっくり見たい!写真が撮りたい!という欲求を
満たすことは出来ないのでした・・・残念。

何より驚いたのは、艦橋が広い ことです。
機械がごちゃごちゃしていて、(艦長から見て)振り返れば海図台があり、
隣にレーダーで収集した情報を映すディスプレイがあり、背後に舵があり、
隣に副長や航海長がいる・・・というように、かゆい所に手の届く配置!
というのが今までの経験から得た艦橋のイメージだったんですが。

「しらせ」は、副長と艦長の席の間が開き過ぎ。
これじゃ本当に手旗信号で会話しないと(笑)

理髪室には、あの青と赤のくるくる回るランプがありました。
利用許可証かなんかはCPO室にあると書かれていました。

観測室にある機械には覆いが掛けられていて「触るな!OO士長」
などと書かれていました。そんな強く命令口調にしなくても…(笑)

↓キャップと同じオレンジ色の耐寒スタイル。
「しらせ」耐寒スタイル


↓500気圧という圧力によって、2重構造のステンレスのマグカップも
潰れてしまうのだそうな・・・。
「しらせ」マグカップ


↓同様に、カップ麺の箱も、小さくなってしまっています。恐!
「しらせ」カップ麺


狭い通路には、壁面にたくさんのチラシが貼られています。
学校の保健室にあるようなタイプのもので、塩分摂取量は適正か、
体脂肪は多くないか等、事細かに健康について教えてくれます。
身長と体重が書いてある、痩せ過ぎ・普通・太り過ぎチェック表は
思わずじっくり見てしまいました。
私の身長だと“普通”は55kg迄だそうな。ああそれならクリア(笑)
でも、ファッション雑誌の読者モデルさんなんか42kgあたりが
普通じゃないですか。可愛いですよねぇ(どういうコメントだ)。

カウンセリングを呼び掛けるチラシも、どこの艦にもありますが、
凄いなぁと思います。こういうの普通の会社にはないと思いますよ。
J衛隊の自殺者は毎年多いらしいですね。
2006年の4月~8月までで、隊員の自殺者は36人だそうです。


艦載ヘリコプターは↓こちら。S-61A型ヘリ。これも色が独特。
「しらせ」S-61A型ヘリ


全長:22,29メートル。
搭乗員:3名、最大搭載人員:24名。
物資搭載量:2000kg。
航続時間:約5時間。
最大速力:144ノット(時速約260km)
任務:航空輸送、氷状観測、その他。

操縦席の右上方に小さな扇風機があるのは、冷房がないせい?
ヘリは低空飛行なのに、こんな暑い時にも冷房がないのか・・・。


見学を終えると、暑さでくらくらして来たので、埠頭から出る臨時バスに
乗って帰ろうと思い、駐車場にいた隊員さんに発車場所を聞くと、
23日は臨時バスは出ていない、と言われました・・・
地本に電話して教えてもらったのにい・・・。
1時間に1本の電車に乗って帰りましたよ。ふう・・・。

大人のストレス解消にはお金がかかる
2006年09月22日 (金) | 編集 |
一目惚れしたrusset(ラシット)のショルダーバッグを購入。
russetのショルダーバッグ

写真は発色が悪いのですが、本物は穏やかなピンク色。
難を言えば、肩掛けしている時にファスナーの開閉がしにくい点かな。
買い物する時には大きな問題なんですが、でも、
大き過ぎず、小さ過ぎず、カジュアル過ぎず、フォーマル過ぎず、
斜め掛けも出来て、肩掛けも出来て、手持ちにもなって
旅行に最適! 
「斜め掛け出来ないと艦のラッタルの昇降がツライのー」と
母に言うと、呆れられましたよ・・・。親不孝者です。

ファー付きの白いジャケットを探していて、あるショップで手に取ったら
「あ、それエビちゃんが着てたんで人気あるんですよー」と
店員さんに言われました。そうか、そういうので人気が上がるんですね!
B'zのライブの時に、売り上げの悪いツアーグッズを、稲葉さんが身に着けた途端
ライブ終了後には飛ぶように売れるのと、同じ構造なんですね~。

気に入った白いジャケットを試着した時、それにはリボンが付いていたんですが
「リボンお好きですか・・・?」と訊かれて
「いや」と答えたら、
「そうですよねえ!そうだと思いました!」と大きく頷かれました。
それはどこでそう思ったのか、とても気になりますよお姉さん!

ベアトップを着ていたら、帰宅ラッシュの電車の人混みで、
ずり落ちそうになりました(もうかなり下がっていた)。びっくり。
それを後輩に話すと「逆セクハラですよ!人様に申し訳ないでしょう!
23億円払ってください!」と、言われました。
はいお目汚しで申し訳ないです・・・。本当ごめんなさい・・・。


さて、“普通に普通の女性の日常生活を送っていますよアピール”をしてみました。
女性であることを忘れがちな自分と、たまーにあるB軍からのアクセスの為に(笑)
でも最近は化粧の時間も長くなったし(それは年齢のせいか?)、
至極フツーにまっとうに生きていますよ。
スクリーンセーバーがK上J衛隊のものだろうが、壁紙がミサイルだろうが、
頭の中では何を考えていようが、至極フツーにまっとうな日常生活です。

背骨を感じて☆
2006年09月21日 (木) | 編集 |
太極拳では姿勢が悪い!と指摘を受け、
「背骨を感じなさい」というご指導のもと、
脊髄と肋骨を頭に描きながら身体を動かしてます。
気を抜くと、すぐ猫背になってしまうんですよね~。
同僚は、背筋がスッと伸びていて美しい!と
先生からべた褒めされているんですが、彼女は、
ウェイトレス時代に、猫背だと重いものが運べないから
矯正されたのだそうです。背に定規をあてて(拷問だよ)。


連休を申請していたので「旅行?」と聞かれて
「はい、東京へ」
「東京のどこですか?」
「えっ・・・あ、あちこち」

不意打ちに弱いです。
でもなぁまさかまたイッチーだとは言えないし。
今回は、都会のホテルで優雅に休暇を満喫!のつもりです。
一人の時に安いビジネスホテルだと、ちょっと・・・
一人の時こそ良いホテルで過ごしたい!
今度こそ江戸東京たてもの園とか松陰神社に行きたいけれど、
地どりの予定も入れたいな。でも防大ツアーは時間的にムリかも。

旅行計画を練っている時ほど楽しいことはありませんよね!

秋分の日は和歌山港へ行こう
2006年09月20日 (水) | 編集 |
復活(したような)。

ネット落ちして早寝な生活を数日続けていると、
妙に廃人気分に浸ってしまうのはアレですか依存症?
自分の拠り所ってどこなのここなのという気分です。
(口調が少し『銀魂』の影響を受けてます)

一日中、今後の艦見学の為の情報収集だとか、旅行の手配だとか
そんなことをしておりました。充実した休みだ!(錯覚)

和歌山港の「しらせ」見学ですが、JRの和歌山駅と
南海の和歌山市駅から臨時バスが出るそうです。
(南海の和歌山市駅から和歌山港駅までは1時間に1本しか
 電車が出ていないので、バスがあると安心ですね~)
バスの時間を問い合わせたら冷ややかな応対だったので
またちょっと心に冷水シャワーを浴びた気がしましたが
最後はずいぶん親切に教えてくださいました。

臨時バスに関しては↓「和歌山バス」HPをご参照ください。
http://www.wakayamabus.co.jp/rinpatsu/sirase/sirase.htm

お昼に地連(あ、今は地本ですか)のHPを見たら
ちゃんと表示出来ていなかったんですが、今は大丈夫でした。
こちら→ http://www.wakayama.plo.jda.go.jp/sira.html
和歌山港、9月23日と24日です。

「しらせ」公開のことは、あちこちで紹介されているし、
臨時バスが出るあたり、護衛艦よりマスコミ受けや住民受けが
良さそうですね。ミサイル積んでないからかな。誤射しないもんね(笑)

季節の変わり目ですから
2006年09月16日 (土) | 編集 |
最近ちょっと落ち込んでいてパソコンに触れてません・・・
でも普通に生活は出来ていますので!
そのうち復活したらまた・・・

月刊誌「新潮」、かなり入手困難なようです。
発売日を数日過ぎたら、もう店頭には残っていないと思われます。
定期購読か、図書館で読むのが確実かも知れません。
新潮社さん、高村人気を軽く考え過ぎですよ!

日経夕刊コラム「ベストセラーの裏側」
2006年09月13日 (水) | 編集 |
9月13日付け日経新聞夕刊の「ベストセラーの裏側」というコラムに
高村薫さんの文庫『照柿』(上下)が採り上げられました。

“発売前からベストセラーになることが期待される本がある。”

という書き出しには唸りました。
そうなんですよね! マークス文庫化の時に証明済みではありますが、
文庫化する時にベストセラーを運命づけられた作家なんですよね、高村さんは。

“好調な売れ行きの背景には、主人公である合田雄一郎刑事の人気もある。”

そうなんですよ・・・
合田に人生を狂わされた人間が、どれだけいるか。


“とりわけ『照柿』における合田は、おさななじみと関係を持つ女性に
 一目ぼれしてしまう。こうした合田の恋愛が描かれている点も、
 彼のファンにとっては読み応えを感じさせるようだ。”

えっ、そうなんですか---
美保子への感情は恋なんですか。
美保子が、合田の心の隙を突いたのは確かだとは思うんですが、
途中から達夫が絡んでくると、漱石の「こころ」の主人公とKみたいな、
恋愛対象(女性)不在の様相を呈してくると思うのは考え過ぎなんでしょうか。

美保子との関係で思ったことは、
合田は女にとって酷い男だと、つくづく実感しただけですね・・・
それはわたしが恋愛に疎いからかも知れませんが。

野田達夫は強いようで脆いし、主人公の幼なじみという役どころで
登場する人物としては、日野草介@『神の火』がいいなぁ。
目ん玉ふたぁつ、というところが好きです。

高村作品には、闇の中を覗きこむような陰鬱な暗さがあるのに
登場人物は変人で、魅力的なんですよね。
合田だって変だ!
マンションの公園で夜にヴァイオリン弾く刑事なんかいないよ!
皆が聞き耳を立てている時に、「達夫、好きや・・・」なんて言う
刑事なんかいないよ!(あっさり削除されましたが。)
それが、しっかりしたストーリーと、重厚な文体に彩られて、
リアリティを失わずに存在しているんですよね。

むしろ『晴子情歌』『新リア王』に登場する厭な女性達なんか
親戚とか近所に絶対いますよね。いてほしくないんだけど。
いてほしい加納祐介みたいな人がいないんだよなー。
加納祐介が1人でもいたら日本の未来は明るいと思うね(ドラえもんか)。
温暖化も進まないね(涼風が吹いてくれる)。

合田シリーズの恋愛っていったら焦点は義兄弟ではないのですか・・・。
それは避けて通るべき話題なんだろうか・・・。

タカムラーにとっても特別な日に
2006年09月11日 (月) | 編集 |
911ですね。
ということは、貴代子の命日ですよね。
(「新潮」第1回目のネタバレになる部分は白文字にしています)
亡くなって5年ということなんですね・・・。
それにしても、貴代子の最期がテロの犠牲者になることとは・・・
想像もしませんでした。
そして、貴代子に関して合田がだらだら回想している記述を読んで
ああ合田は再婚していないのだな、と思いました。


携帯変換バトン改訂版
2006年09月10日 (日) | 編集 |
携帯変換バトン」、各自に指定された文字があったんですね!
間違いに気付きました・・・すみません再挑戦だ!

さて、わたしのお題は【かいじふあん】 。

航さん・・・。


1位:艦長
(おおお)
2位:勘違い
3位:花山
4位:
5位:賀茂
(京都の地名)


1位:井伊
(“藤原伊周”が一発変換できないので“井伊”と“周年”で)
2位:射る
(弓を射る)
3位:一条
(京都の地名)
4位:
5位:いったん
(“いったん家に戻る”とメールした記憶があります)


1位:自衛
(・・・この後に、“隊”か“官”を付けるんです)
2位:従者
(古語では“ずさ”と読むけど“じゅうしゃ”でないと変換できない)
3位:順風
(“順風満帆”と打ちました)
4位:
5位:時代


1位:二人
2位:藤原
(平安貴族は藤原姓ばっかり!)
3位:太い
4位:フランス
(友達が留学中なので。
 彼女は「大阪はバカばっかり」と言って東京に行き、
 「東京もバカばっかり」と暴言を吐いて渡仏した強者です。
 仲間内では“北○○”とあだ名されていました)
5位:


1位:んじゃ
2位:んだ
(『亡国のイージス』で仙石が白浜で会うお婆さんを思い出させる)
3位:んだね
4位:ん家
5位:んでしょう


では、たじさんと月美さんにもお題を用意させて頂きます。

たじ様【みやつひろたか】
月美様【きさらぎこう】

よろしくです♪

それにしてもわたしの携帯、イタイなぁ・・・。
絶対失えないですよ・・・。
「見られて困るメールなんか無い」と言う友達もいるのですが、
わたしなんか、見られて困るメールばっかりだ・・・。
死ぬ前に、携帯を海に投げ捨てないといけません。
うっかり待受画面を見られただけでも困るな、ターターだもんな・・・。

携帯変換バトン
2006年09月10日 (日) | 編集 |
「携帯変換バトン」
【へるしあうおうた】で変換候補の上位5文字を暴露だそうです。

航さんより。いつも有り難うございます。
キスバトン、忘れてないんですがわたしには無理かも(笑)


1位:平安
(今読んでいる本が平安貴族の本で、感想を携帯でメモっているからです)
2位:部屋
3位:平日
(平日なら休める、もしくは平日しか休めないという愚痴メールを出してました)
4位:返事
5位:変更


1位:ルミナス
(化粧品か船の名前)
2位:るし
3位:るね
4位:るの
5位:るよ


1位:JR○○駅分発の電車に乗ります
(これは登録している文章です。
 実際には通勤の最寄り駅の名前が入っています。
 ホームで時間を確認して、家族宛に送ります)
2位:周年
(藤原伊周の名前が一発変換出来ないので、
 「井伊」「周年」と打ってから消します。
 それにしても、“伊”も“井伊直弼”からしか
 連想できないとは・・・)
3位:死亡
(前は1位に何故か“死んでくれ”が来ていたのですが
 3位に“死亡”くらいでよかった・・・)
4位:しばしば
5位:集団
(少し前に“しばしば集団で乱闘”という文章を打ちました)


1位:愛人
(あ い じ ん ・・・ああそうか“花山法皇の愛人”)
2位:
(これ本当よく使う文字なのです)
3位:相継ぎ
(“不祥事が相継ぎ”とメールで打った)
4位:争い
5位:阿久津
(言わずもがな『亡国のイージス』うらかぜ艦長の阿久津二佐)


1位:右大臣
(藤原為光のこと)
2位:受ける
3位:嬉しかった
4位:
(これが4位なのは意外。もっと使ってるはず)
5位:上に
(下衆の勘ぐりはしないでくださいね☆)


1位:
2位:起きた
(起床のことではありません。事件。)
3位:大勢
(平安貴族の従者は大勢で乱闘騒ぎをよく起こしたそうです)
4位:お父さん
(療養中なので、母親に容態を問うメールを頻繁に出してます)
5位:俺の
(今読んでいる大日本帝国海軍の本で
 “俺の艦長”という言い回しがあったのですよ・・・
 ちなみに一般の書籍です!)


1位:
(藤原為光)
2位:
(藤原隆家か、宮津隆史@『亡国のイージス』)
3位:
(過去形の“た”)
4位:闘う
5位:竹中
(平蔵ではありません。竹中勇三佐。いそかぜ副長@『亡国のイージス』)

2回目の「う」は重複するので省略しました。
月美さん、たじさん、よければバトン受け取ってやってくださいましな。

やさぐれモード全開
2006年09月09日 (土) | 編集 |
疲れた時は 引越先を夢想 します。引越願望が強いのです。
現在の第1候補はY県。
(H県K市が良いけれども、そのままズバリな場所に住むと
 海自ストーカーみたいで・・・!追っかけでとどめとこう)

海がある。
史跡が多い。
基地が多い。
風光明媚。
長州弁だ。
H県のK市にも近い。
機動隊のマークがかっこいい。
とにかく長州だ。

・・・パラダイスだ。

反論

海がある→津波、台風等の自然災害の危険大
史跡が多い→保存が大変
基地が多い→テロの標的
風光明媚→観光客が多い
長州弁だ→喋れない
H県のK市にも近い→恥を忍んでK市に住め
機動隊のマークがかっこいい→日常に機動隊など見かけない

・・・

第2候補はT県T市。房総半島の真ん中。

一人暮らしに手頃なマンションと、仕事が見つかったらなぁ・・・。

祝★合田雄一郎、完全復活!
2006年09月08日 (金) | 編集 |
「新潮」10月号 新連載、

高村薫さんの「太陽を曳く馬 を読みました。

いやあもう凄すぎて、何をどうコメントしていいのやら。
読むまでは、彰之が主人公だろうと思っていたんですよ。

合田 ですよね。

合田シリーズ最新作 なんですねこれ。

!!!!!!

新しい合田さんですよ!
合田の体重とか、加納祐介のその後とか、2人の新たなエピソードやら
新情報満載で、今はもう、胸がいっぱい・・・!

もう、仕事が忙しいとか休みが取れないなんて文句は言いません!

月刊「新潮」を楽しみに、生きていけます。

有り難うございます。
近所では入荷しない書店もあるようなので、定期購読の契約を結んだ方が
いいかなと思っています。入荷しても数冊なので、すぐなくなりそう。
皆さんもお気をつけて。

病み上がり
2006年09月05日 (火) | 編集 |
体調がすぐれず、職場のスタッフとは、首を縦に振るか横に振るかだけで
会話している有り様でしたが、ようやく快方に向かってきました。
仕事が暇だったのも良かった(従業員としてどうなの)。
軽口を叩けるようになりました。
笑いを忘れた関西人は、歌を忘れたカナリアより救いようがないのです。

週刊現代」で始まった福井晴敏さんの新連載を読みました。
大地震が起こったことを想定して書かれたシュミレーション小説です。
今回は都庁が舞台。京王プラザホテルの真ん前ですねぇ。
(そんな覚え方か。だって都民じゃないもんタカムラーだもん)

館山に住みたいな☆と半ば本気で考えていましたが、
関東で実際に起こった地震が、千葉県に集中しているのを知って、
即座に諦めました。阪神淡路大震災も経験したからね。もういい。


殆どテレビを見ないほうなのですが、偶然見た時に限って、
“海自のミサイル艇、20mm機関砲10発誤射”
などというニュースが、目に飛び込んでくるんですよね。
艦ナンバー「823」は、大湊のミサイル艇3号じゃないですか。
陸に向かって誤射した為に、近隣の住宅には、制服姿の隊員が
説明に回ったそうです。ちょっと・・・羨ましい。
いや誤射は困りますが!
でも制服姿の隊員が家にって!(まだどこかを病んでるな自分)

詳しく知りたくてネットのニュースを見たら、
“呉の海士長が大麻所持で逮捕”というニュースも発見。
大麻関連の逮捕者は、海自からは何人目でしょうか。
艦内も捜索したそうです。
何かと問題の多い海自ですが、来月末の観艦式は大丈夫ですか・・・。
期待してますよ・・・。それが目下最大の楽しみなんだから。

本★月刊K察Valiant編集部/編『40歳までに警部になる方法』
2006年09月04日 (月) | 編集 |
本★月刊K察Valiant編集部/編『40歳までに警部になる方法
                 (東京法令出版)平成13.10.31

出版社に問い合わせてまで入手する勇気がなかったので、
楽○ブックスが入れてくれるまで待ちました。
リクエストしていたら比較的早くに連絡があったので、びっくり。

内容は、ハウツー本というよりも、精神面での心構えなどを記した読み物。
以前『大学教授になる方法』というタイトルのベストセラーがあり、
“長期留学や学会出張の名目で、遊学や名所見物が堂々とできる”と
書いてありましたが、そこまで公然と出世街道の謳歌は書かれていません。
“40歳までに”と付いていると、何か裏の手があるのかと勘繰ってしまいますが(笑)

我らが合田雄一郎は、29歳で警部補になっています。
同期の大卒組の中では早いほうだったそうですが、最終的に
『レディ・ジョーカー』ラストで、神崎一課長の推薦により警部に昇進しています。
つまり36歳で警部になっているんですよね。
凄い!出世頭!2回も自宅捜索された問題児なのに!
さて、そんな合田さんの出世街道はと言うと、↓

“所轄署5年、本庁6年の勤務の中で、めったに出会うものではない凶悪事件に
 3度巡り合い、特別功労賞3回と競争率100倍の昇進試験で這い上がってきた。
 半ば幸運で手にした功労賞は別にして、それなりに働きに働いた自負はあった。
 定年まで27年、昇進には上限があるし、あと1つか2つ昇れば終わりだが、
 父のような男が何万人もいるのが警察の本体であるとすれば、
 自分はその本体の頂点に近いところにいるのだった”
                   (単行本『マークスの山』166ページ)

現在のK察組織の中では、警部補の数が異常に多いそうです。

“警部補の人に言いたいのは、
 「なぜ上司の言うことしかやらないのか、自分の考えはないのか」
 「組織の批判を部下の前でするな、部下と一緒になって幹部の批判をするな」”
                       (57ページ)
どの組織においても、ごもっともなご意見です。
そうですよね組織(上司)の批判を、後輩にしたらアカンよな・・・。
ついつい愚痴っちゃうんだが。

印象的な言葉↓
“階級には、漏れなく責任がついてくる。”(160ページ)

著者の、警部の人々に対する提言。
“K察庁の施策に影響を与えるような仕事をしようではないか”
                      (162ページ)
すごい。
何というかこの一言でまた組織と組織の何かが見えた気がします。

組織を率いる者としての心得↓
“一生懸命やっている姿をそれなりに評価しておしまいというのが多い。
 がんばっているのだからいい評価は当然である。そうではなく、
 幹部としてどうやって彼のようなできる人物を使おうかと興味をもって
 ほしいのである。こういう人は、往々にして本人の思い過ごしや
 周りとのペース違いが原因になって暴走する場合もあり得る。”(164頁)

一生懸命で、出来る人だが、暴走する・・・合田雄一郎を彷彿とさせます。

警部は40歳までになりたい通過点に過ぎない。最終的な目標は↓
“警部になろうと努力している我々にとって、
 目に見える目標は当面「警察署長」である。”(136ページ)

そういえば合田さんは、達夫に
“「俺みたいなノンキャリアは、出世して所轄へ異動になるんや。
  そのうち所轄へ行ったら、本庁の雑魚をいびりたおして”
                    (単行本『照柿』167頁)

と言ってますが、その後「俺は出世出来へんやろうな」と。
・・・してるやんか。40歳までに警部になってるし。
合田がどこまで行くのか楽しみです。
「新潮」での連載開始までもう一週間を切りましたが、
そわそわしてしまって、落ち着かなくて・・・。
合田警部を早く見たい!

旅に病んで夢は枯野 をかけ廻るby芭蕉
2006年09月03日 (日) | 編集 |
休み。
ベッドから起き上がれなかった・・・。しかし低血圧だからといって
横たわっていると、運動不足でますます血圧が下がるという悪循環。
寝るか、本を読むか、で、快晴の日曜日が終わりました。

先日買った史跡巡り本が、すごく良く出来ていて、抱腹絶倒。
鹿児島中央駅の「若き薩摩の群像」が凄い!
しかも観覧車をバックにしているところが凄い!
観覧車の放射線状になっているのが、仏像の後光みたいに見えます。
一番トップに立って、両手を広げているドリーマーは、誰なんでしょうか。

群像では、「自由大懇親会群像」もド迫力ですね。
京都の河原町にあった土佐四天王像は一体どこに行ったのか。
そこのビルにお洒落な居酒屋があって、松陰先生の小さな銅像が
飾られていたのだけれど、それも何処へ・・・。

会津の藩校、日新館もいいなぁ。
水練場の池の中に、説明用の銅像があるのがシュールでいい。
あからさまに長州を嫌っている風なのもいい。
記念館には、説明用のドール(蝋人形の館風の不気味な人形)が
設置されているのも面白いですよね。リアルなんだか何なんだか。

そういえば最近、純粋な史跡巡りをしていないなぁ。

好きな県K察で終の棲家を決めるのもいい(か?)
2006年09月03日 (日) | 編集 |
Y県K察H署のHPで、架空請求(振り込め詐欺)のことで、
「被害防止のポイント」が3点挙げられています。

★ 振り込む前に 110番!
★ 振り込みは その日にするな!
★ 振り込みは 1人でするな!


1人でするよ!むりだよそれは!


Y県のHPに「刑事の仕事」として、ある窃盗事件の捜査の様子が
紹介されています。URLは↓こちら。
http://www.police.pref.yamaguchi.lg.jp/0310/sigoto/keiji_2.htm
その張り込み、バレバレでしょう! 怪しいでしょう!
黒スーツのリクルーター(@映画「亡国のイージス」)くらい怪しいでしょう!


思わずツッコミたくなってしまうのが悪い癖ですが、愛ゆえです。
全体的によく出来ているんですよねY県警のHP。
Y県に引っ越したいなぁ・・・。長州・・・。

人生はハードボイルド
2006年09月02日 (土) | 編集 |
いまいち薬が効かないので、ちょっと時間があるとすぐに踞っていたら、
上司に見られた。「急病人用のソファに(以下略)」
店舗の引越後に初めて設置された急病人用ソファの初使用者が、従業員か・・・。

床で、のたうち回るなんて、マフィアの抗争かと思っていたら
我が身に降りかかってくるのだから(しかも毎月)、人生ってハードボイルド。


★今後の課題:血圧を上げよう。

初めての職場
2006年09月01日 (金) | 編集 |
いきなりブレーカが落ちて、冷蔵庫が使用不能。
蛍光灯が点かないとトイレも真っ暗で、とてもじゃないけど使えない。
腹痛もひどくなる一方で、今すぐ辞めて、海の見える場所に
わたしが引っ越したいと思いました。瞼の裏に艦が見える・・・。
先輩が「急病人用のソファに寝ていてもいいよ」。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。