高村薫さん・五條瑛さん・福井晴敏さん・古処誠二さん等の小説、海外の海洋小説、歴史、B'z、を糧に生きている人間の日常。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


高野山
2008年10月28日 (火) | 編集 |
高野山は日中の気温10度、まさに下界とは違う空気が流れています。
緑の木立の中に数本、色鮮やかな銀杏やモミジがある情景は、
晩秋の全体が染まった景色とは違う、凛とした風情がありますね。
小雨が降り、寒さも増していた時だったので、山歩きに慣れた方は、
しっかりした登山服を着ておられました。

奥の院への道には、有名な武将や家、企業のお墓がたくさん並んでいます。
高野山奥の院

信長、光秀、小田原北条氏、武田信玄・・・戦国以前は個人名で、
近世になると徳川家だったり、津山藩森家だったり、家名になってます。

ところで、好きな名字って皆さんあるものなんでしょうか。
私は、上杉・北条・北畠・毛利・徳川などの名字が大好き!
ただもう字面や音だけで好きなんです(笑)

うえすぎ、ほうじょう、きたばたけ、もうり、とくがわ・・・


なんて美しいんでしょう! こういう名字の人と結婚したかったなぁ~~~
ま、名前負けしますけどね。
でも、こういう名前は絶やさないでほしいと思うんです。
美しいから。
字画が多くなく全体にすっきりしていて、くどくない。そして音の組み合わせが絶妙。
無形文化財ですよね。

数学者が数式を美しいと思うように、「な」や「よ」という平仮名が好きな人がいるように、
特定の名字を美しいと思う人も、たくさんいるはずだ~。
上に羅列したのは、有名人のばかりですが、きっと、まだ出会えていないだけで
美しい名字が他にもあると思う!
(知人ですごくかっこいい名字の人も数人いるんですが、
 珍しい名前なので記載は控えます。)
スポンサーサイト

天王寺動物園
2008年10月23日 (木) | 編集 |
天王寺動物園の車

この車、一般道を走っているんでしょうか?注目の的だろうなぁ・・・。

2008年10月19日 (日) | 編集 |
書き込みが久しぶりで申し訳ありません。
元気にやっております!

拍手くださる方、本当に嬉しいです。有り難うございます。
コメントはアダルトサイトの広告ばかりなので、頂いたものに管理人が承認してからの掲載に致します。
アダルトサイトかどうかという確認だけですので、お気軽にコメントください。
拍手も、特に賞讃の意味でなく、個人的なコメント用に利用してくだされば・・・

いろいろ時間かかってますが、頑張って整理していきたいです~~~。
ミクシィ始めましたので、もしよろしかったら検索してみてください。
ミクシィには、近況報告のような普通の日記を書くつもりです。



本★小池百合子『女子の本懐 市ヶ谷の55日』
2008年10月19日 (日) | 編集 |
本★小池百合子『女子の本懐 市ヶ谷の55日』(文春文庫)2007.10.20

著書が防衛大臣を務めた55日間が日記風に書かれています。
とかく権力闘争しかしていないように見える霞ヶ関ですが、
(防衛省だけは市ヶ谷で離れているけれども)
在任は2ヶ月に満たない期間でも、大臣の2ヶ月というのは
非常に濃密なのだなと思いました。

“(ワシントンでの)破格の待遇は、プラス、マイナスだろう。
 日米関係の強化にはプラス、嫉妬の世界である永田町ではマイナスだろうか。
 女ヘンの二文字「嫉妬」を男ヘンに変えてほしい。(147ページ)”

は、言い得て妙と。
山本博文さんの『男の嫉妬 武士道の論理と心理』(ちくま新書)や
山内 昌之さん『嫉妬の世界史』(新潮新書)にもある通り、
男性が嫉妬深いのは明白! 生存競争そのものが嫉妬の温床ですが。


非婚・未婚の増加、少子化の問題で、著者の小池氏は、政策的な努力の積み重ねは
進んでいると認めながら、“でも、何かが、違う。”と書かれていることに共感。

産みたいけれど経済的な理由から産めないという人にとっては、
政府が進める子育て支援で対応できるだろうと思う。
高齢化社会になり、介護しないといけない場合は出産どころではない、
という人もいるでしょう。その場合は介護支援、子育て支援の複合。
ただ、結婚しない、子どもを産まない理由は人それぞれで、
環境が整ったから結婚するとか、産むというものでもないと思う。

雑誌「Domani」(購読者の対象が“30代の働く女性”)を読んでいたら、
家計簿のモデルケースとして、3家族が挙げられていました。
中に、夫婦揃って月収各45万円(2人で90万円)の人が
「でも子どもが1人なので老後が不安」と悩みを語っていました。
・・・どこに不安が?! 私もひとりっ子ですが!
しかも女性の皆さん、そんなに高収入なのに9時~18時くらいの
就業時間で、残業は一切なしだそうな。旦那さんも、社の方針で残業がないとか。
どこに不安が!(←くどい)

どの程度の経済状態で子どもを産む気になるのかというのは、人それぞれですね。
人間というのは、不安を糧にして前進する生き物なのでしょう。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。