高村薫さん・五條瑛さん・福井晴敏さん・古処誠二さん等の小説、海外の海洋小説、歴史、B'z、を糧に生きている人間の日常。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


貪欲なメダカ
2005年06月14日 (火) | 編集 |
友人がメダカを飼い始めました。

熱帯の奥地に生息するような、奇妙な姿形の魚を
飼育していた経験もあり、魚類に関する愛と知識は豊富。

で、メダカは楽勝だと思って飼い始めたらしいんですね。
ところが、予想に反してよく食べる。
いや、よく食べるのは1匹だけらしいんですが、
与え足りないのかと思って量を増やせば、
増えた分も、その1匹が全て食べ尽くしてしまう。
そのうち、異常に太ってきた。
これは食べ過ぎなんじゃないかと心配しているうちに、
その肥満魚が、水草の裏に 卵を産んだ そうなんです。

あ~なんだ、それで過食のうえお腹が出ていたのかと
ほっと安心、胸をなで下ろしたところ。

翌日、卵が減っている。

また減っている。

おかしいと思って観察していたら、
親メダカが、自分の産んだ卵を食べていたのだそうです。
ちゃんと、決まった時間に餌はもらっていたんですよ。

貪欲の極み ・・・!

ホラー映画みたいですよね。恐るべしメダカの食欲。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。