高村薫さん・五條瑛さん・福井晴敏さん・古処誠二さん等の小説、海外の海洋小説、歴史、B'z、を糧に生きている人間の日常。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


本★アレグザンダー・ケント著/高橋泰邦=訳『海の勇士/ボライソーシリーズ12 スペインの財宝船』
2005年04月04日 (月) | 編集 |
本★アレグザンダー・ケント著/高橋泰邦=訳
 『海の勇士/ボライソーシリーズ12 スペインの財宝船』(早川書房)1991.8.31

時折、時系列が狂って古い話になります、これはボライソー18歳の時の話。
3等海尉として、他の士官達とワードルーム(士官集会室)で生活しているので、
その賑やかさが良い。海兵隊隊長と副長が交わす軽口なんかも楽しい。
艦長になってしまうと、そういう世界とは隔絶されちゃうからなー。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。