高村薫さん・五條瑛さん・福井晴敏さん・古処誠二さん等の小説、海外の海洋小説、歴史、B'z、を糧に生きている人間の日常。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


本★アレグザンダー・ケント著/高橋泰邦=訳『海の勇士/ボライソーシリーズ10 不屈の旗艦艦長』
2005年04月03日 (日) | 編集 |
本★アレグザンダー・ケント著/高橋泰邦=訳
 『海の勇士/ボライソーシリーズ10 不屈の旗艦艦長』(早川書房)1989.8.31

海洋小説なんてネタも尽きてくるだろうと思うのに、全く飽きさせない展開。
これだけ読み進めてきて、恐いのは誰かが死ぬことです。
シリーズはまだ続いているので、主人公は大丈夫だろうと思うんですが、
周囲の誰かがいなくなりはしまいかと、冷や冷やし通しで・・・。
今日、激しく雨が降り出した時に、カバンの中に持っている文庫本を思って、
ボライソーが濡れやしないかと、ヘリックみたいなことを心配してしまった。
自分は濡れても乾くけど、本は濡れたら困るですサー。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。