高村薫さん・五條瑛さん・福井晴敏さん・古処誠二さん等の小説、海外の海洋小説、歴史、B'z、を糧に生きている人間の日常。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


一般人の認識
2005年06月01日 (水) | 編集 |
会社で「これだけライブに行っていたら顔覚えられてるんちゃう?」と、言われました。

思いもしないですよ、そんなこと!

もし悪質な追っかけでもやっていたら、悪いほうで覚えられているかも知れないが。
ライブハウスで100人程度、というアーティストならともかく。
好きな芸能人とかミュージシャンがいない方の認識って、その程度なんですかね。
まぁ私も、野球の試合を見に大阪から仙台まで行く人がいるっていうのは
つい先日まで知らなかったんですが。そういうもんか。

「なんでそんなに時間とお金を注ぎ込めるの?!」とも驚かれますが
合田雄一郎という人物のほうに注ぎ込んでいる情熱のほどを知ったら
どう言われるのだろうか・・・・・・・・。
こちらから見れば、どうして皆そう淡泊なんだろう、
どうして高村さんの小説の魅力に、取り憑かれてしまわないんだろうって、
むしろ不思議な気がします。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。