高村薫さん・五條瑛さん・福井晴敏さん・古処誠二さん等の小説、海外の海洋小説、歴史、B'z、を糧に生きている人間の日常。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「僕らの音楽」にB'zが出演。
2005年03月26日 (土) | 編集 |
鳥越俊太郎さんがミュージシャンと対談する「僕らの音楽」というTV番組を見ました。
おかげで、鳥越さんを好きになりました!
真摯なインタビュアー!これこそB'zが必要としていたものなのですよ。
ちゃんと耳を傾けて聞いてくれる、まじめな方相手のほうがお二人とも話しやすそうです。

稲葉氏は、黒スーツという葬式スタイルでの登場でした。
しかしこんな人が葬儀に現れたんじゃ、亡くなられた方には申し訳ないが
会葬者のほうに、目が釘付けになりますね。
合田&加納の義兄弟が揃って現れるくらいのインパクトです!

作詞の時の言葉について。
鳥越さんは「手垢の付いた言葉は使いたくない」。
稲葉さんは「タブーな言葉を作らない」。
使い古された言葉であっても、
メロディに乗せた時に違ったものが生まれることもある、
という稲葉氏の指摘は、作詞家らしい発言だなと思いました。
曲と詞が連動して伝える、それが顕著に出ているのが
「BAD COMMUNICATION」だと、わたしは思うんですが。
松本さんのメロディが情緒的であるだけに、詞で全て言い尽くす必要がないんですよね。

歌のタイトルについて。
松本さんが「ultra soulもそうだったけど
(愛のバクダンも)聞いて、一発で良いなと思いました」と
語っておられたのが印象的でした。
そうか、松本さんはウルトラソウルを気に入っていたのだな(笑)
わたしも好きです。

ところで「愛のバクダンTVスタイル」の、声の音量を抑えたサビ部分は、
リンドバーグを思い出してしまうんですが。雰囲気が似てないですか?


振り返って見て、B'zを話題に出す時は、疲れている時なんだって気づきました・・・

↓イナバ化粧品店のグッズ。
   20050622005239.jpg

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。