高村薫さん・五條瑛さん・福井晴敏さん・古処誠二さん等の小説、海外の海洋小説、歴史、B'z、を糧に生きている人間の日常。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


本★青柳正規『NHKスペシャル ローマ帝国Ⅲ 光と影 帝国の終焉』&Rosemary Sutcliff 『THE EAGLE OF THE NINTH』
2005年03月16日 (水) | 編集 |
本★青柳正規『NHKスペシャル ローマ帝国Ⅲ 光と影 帝国の終焉』(NHK出版)2004.11.20

ローマ帝国最果ての地(の一部)は、イギリスにあります。
治世21年間の内、12年間も、属州を旅して回ったハドリアヌス帝は、
現在のイングランドとスコットランドの境界辺りに、壮大な壁を築かせました。
その城壁の石の一つに、兵士のサインが刻まれています。
 「コーホート・・・・・ユリウス」。
1900年も前の人間の痕跡が今も残っているんですねー。

 ↓ハドリアヌス帝の長城
20050623121030.jpg

本★Rosemary Sutcliff 『THE EAGLE OF THE NINTH

邦題は『第9軍団のワシ』。
主人公がローマ軍団の百人隊長マーカスで、上記の本と時代が同じ、場所も同じ、
よく、壁やコーホートという単語が出てくるので、ああこんな感じだったのかーと、感慨深く。
ユリウスくん、いたのかな。
児童文学なので基本的に易しい文章なのですが、furze(ハニエリシダ)、
frond(シュロの葉)、alder(ハンノキ)、mulberry(桑の木、実)、
wren(ミソサザイ)など、土地に特有の動植物は、
イメージも出来ないので困りますよね・・・。こういうのも覚えないと。
decimation”は、10人に1人をクジで選んで殺すという、
古代ローマの処刑法なのだそうです。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。