高村薫さん・五條瑛さん・福井晴敏さん・古処誠二さん等の小説、海外の海洋小説、歴史、B'z、を糧に生きている人間の日常。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2005年06月27日 (月) | 編集 |
言いたかないけど、暑いですねー!
駅から職場まで、炎天下を15分ほど歩くんですが、
途中のコンビニで、レジの店員さんを、ぼーっと見つめたりしています。放心・・・
職場に着いたら、日焼け止めの上に日傘までさしているとゆーのに、顔が真っ赤。
そして職場は、冷房が効きすぎて寒い!体調崩しさん続出中。

帰宅後、夕食と風呂を済ませたら、睡魔に襲われました。
9時から11時まで寝てしまって、それから目が覚め、
眠れないのでホーンブロワーを読み出したら、目が冴えてもっと眠れない!
とうとうそのまま朝を迎え、また仕事に・・・。うう。

ホーンブロワーと、オーブリー&マチュリンシリーズを買って
どちらを先に読もうかなとページを開けたら、ブッシュが!
ブッシュ副長がいたので!ブッシュの魅力に屈しました。
丁寧に読んでいるので、別ブログで読書日記を書こうかと準備中です。
(いやここもほとんど読書日記みたいなんだけど・・・)
『iCon』でSJの年収とかを読み飛ばしてしまったので
(だってbillion単位なんだもん、イメージ出来ないっすよ)
もっと数字を丁寧に、あとホレイショの心の動きを妄想して丁寧に
読んでいこうかと・・・でも来月のハリポタ新刊が出たら、
ホーンブロワーは一時中断。
6巻に期待するのは、リーマスとスネイプがどう出てくるかというだけなんですが。
それに回想シーンがどれだけあるかなー。
子ども達の運命なんかどうでもいい
(シリウスのことでかなり心が荒んでいるもよう)。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
C.S.FORESTER 『BEAT TO QUARTERS』(Little Brown & Co)オリジナルのUK版は『The Happy Return』、邦題は『パナマの死闘』。  これをテキストに、読書日記を書いていくつもりです。  艦は3ノットで走っている----  味方の艦隊までは、2000マイルの距離がある
2005/06/29(水) 01:02:57 | 本の虫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。