高村薫さん・五條瑛さん・福井晴敏さん・古処誠二さん等の小説、海外の海洋小説、歴史、B'z、を糧に生きている人間の日常。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Musical Baton
2005年07月08日 (金) | 編集 |
雲犬さんからMusical Batonを頂きました。
わたしもB'zオンリで(笑)

■コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量
--->800MBを少し超える程度。基本的にPCでは聴きません。

■今聞いている曲
--->アルバム「THE CIRCLE」(B'z)。ツアー中だから。

■最後に買ったCD
--->B'z「THE CIRCLE」

■よく聞く、または特別な思い入れのある5曲

☆「さまよえる蒼い弾丸
・・・抑制された中にいて、じりじりする感じ。
  それが歌詞にもメロディーにもよく出ていて好きな1曲です。

  チャンネル 次から次へ変えてると もう朝が来たという日常、
  そんな無菌状態に慣れ過ぎて、退屈している現状。
  落ち着く場所ありますか?って そんなのまだいらねえって思ったら
  飛びだしゃいい 泣き出しそうな 心を蹴って

  イントロの高音も、現状への不満と、未来への恐れと、溢れそうな焦慮と、
  そんな感情が複雑に入り交じって爆発するさまをよく表現していて、
  本当に泣きだしそうな心をそのまま感じさせてくれます。

☆「ザ・ルーズ
・・・これも「さまよえる蒼い弾丸」と同系統の歌詞だと思うんですが、
  自分自身の就職活動期によく聴いたので、思い入れのある1曲です。

  でなんで今すぐ決めないといけないの
   なにがそんなに大事なんでしょう

  
  いやあツライ時期でした!
  家族3人しかいないのに、父と私が失業中で、「今日ハローワーク行った?」みたいな
  会話を毎日してたんですよ。・・・家の中が真っ暗でした。

☆「SNOW
・・・寒い暗い夜はいやだという歌詞が、骨身に染みるように実感できました。
  冬が嫌いで・・・嫌いというよりは恐怖に近い、雪山で遭難して死と直面するような(笑)
  今も冷房が苦手なのは、その名残なのかなぁ。物理的な恐怖感です。
  人生の暗黒!時期にリリースされて、それがこんなに暗いミニアルバムで!
  やさぐれて、ひたすら聴いていた覚えが・・・。

  ボイスチェンジというんでしょうか、ちょっとハスキーな声にしてある曲が、
  結構ありますよね、稲葉さんの場合。セクシーで好きです。

☆「Brotherhood
・・・稲葉さんの書く人間関係の距離感が好きなんです。

  同じ道をゆくわけじゃない
   それぞれの前にそれぞれの道しかないんだ


  みんな生まれも育ちも違ってるし
   ベッタリくっつくのは好きじゃない
   いざという時手をさしのべられるかどうかなんだ
   だからなんとかここまでやってこれたんだ


  これ、国と国との関係にもあてはまるんじゃないかなぁ。
  内政干渉はしないけど、困った時はお互いさまさ!助けに行くよ!って(笑)

  同アルバム収録曲「SHINE」の
  どっちが先に逝ってもいい そんな関係も、稲葉さんらしい距離感。
  「BAD COMMUNICATION」も捨てがたい!

☆「Wonderful Opportunity
・・・最後くらい明るい曲で締めよう・・・。
  高校生の時、繰り返し何度聴いたか分かりません。

  イヤな問題 大損害 避けて通る人生なら論外
   生きてるからしょうがない
   シンパイナイモンダイナイナイナイザッツライフイッツオーライ

  この曲があったから、乗り切れたんだなぁ。あと「恋心(KOI-GOKORO)」ですね。

■バトンを渡す5人
--->月美さん、ユナコさん・・・お願いしてもいいですか?
  お忙しかったら、流しちゃってください~。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。