高村薫さん・五條瑛さん・福井晴敏さん・古処誠二さん等の小説、海外の海洋小説、歴史、B'z、を糧に生きている人間の日常。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2005年07月07日 (木) | 編集 |
連休でした。
久々に図書館に行ったら、帰り雨に降られました。
あとはDVDを見たり、のんびり。起きたら正午だったからなぁ・・・。

「警視庁の警部補逮捕:拘置中の女性と性的関係」という記事を読んで、
照柿』の中で、合田が堀田卓美を取り調べたシーンを思い出しました。
事件を再現させるのに、「いいか、俺が女だ。」と言って仰向けになるシーンは
衝撃でしたね・・・うーんちょっとセクハラ!と思った・・・職権濫用・・・ていうか
なんて羨ましいんだ堀田。でも相手が男ならセクハラにならないのかな~。
(あ、記事はまじめな話です!警察への不信感を募らせてくれます)

ロンドンの地下鉄・バス同時テロの話もびっくりしました。
つい昨日、オリンピックの開催地がロンドンに決まって、フランスに勝った!と、
トラファルガー広場で喜んでいる英国民の姿を見たところだったのに・・・。
トラファルガーの戦い(フランス・スペイン連合艦隊がイギリス艦隊に敗れた海戦)から
今年が200年で、ちょうどいいじゃないかと思ったんですが。
(まぁ戦争を記念にするのは、あまり趣味がよろしくないが。)
すでにテロ実行犯から、犯行声明が出たようですね。
・・・今のイギリスの敵は、フランスじゃないのだなぁ。しみじみ。
ネルソン提督だって、こういう世界図を予想出来なかったはずだけど、
この先、もっとずーっと先の未来はどうなっているんだろう。
この憎しみも、終結することはあるんだろうか?
でもそうしたら、また新しい憎悪の世界図が現れるんだろうか?
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。