高村薫さん・五條瑛さん・福井晴敏さん・古処誠二さん等の小説、海外の海洋小説、歴史、B'z、を糧に生きている人間の日常。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


病気日記。翌日
2005年07月09日 (土) | 編集 |
朝になると、昨日の薬が効いたのか熱も下がっていたので、仕方なく仕事に。
土曜日は忙しいから、休めません。
ちょっと明るめの化粧をしていったわりには皆に「顔色、悪いよ」と言われました。
分かるよなやっぱり・・・。

うちの社は、健康診断が一切ないんです。入社の時にも診断書は不要。
そういうわけでなのかどうなのか、みんな病気持ち。
「頭痛って、どんな感じの?」と訊かれたので、
「アルコール飲み過ぎた後みたいな」と答えました。
それが一番近い気がしたんですよね。そうしたら。
「え?飲みすぎたって頭痛くなったりしないですよ」と、驚き顔で言われ。

えええええ?

「二日酔いの朝も頭痛とかしないの?」
「しないですよ。ぼーっとするだけ。顔にも出ないんですよー」
「わたしはすぐに出る~。赤くなって青くなる(青くなるのは血圧が下がっているから)」
「それより、遠近感がなくなりませんか?」
「なくならないよ!」

へぇ~・・・人それぞれなんですね、お酒の症状も。
しないんですか、頭痛!
わたしのアルコール過剰摂取の症状は、心拍数増加→頭痛→血圧低下、ですよ。
手足が冷たくなっていく感覚、が、危険信号なんだって(いやそれは命が!)
これって体質に依るのでしょうか。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。