高村薫さん・五條瑛さん・福井晴敏さん・古処誠二さん等の小説、海外の海洋小説、歴史、B'z、を糧に生きている人間の日常。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


冷房病
2005年07月11日 (月) | 編集 |
休みでした。
文字通り、休みました。朝から晩までベッドで寝てました!
途中、起きて活動しようと思ったものの、ふらふらして。夏バテ中なのかな~
室温32℃なんですが、これが・・・・・・・寒い 。手足が冷たくて、扇風機さえ肌寒い。
なんでなんだ!?冷房病でしょうか、もう体温調節機能が壊れているとしか。
風呂上りには冷房をつけてみましたが、寒くて寒くて。
でも室温計を見ると28℃なんですよねー。寒いわけないよなー・・・。

どうやらこの症状は、やはり冷房による自律神経失調症の典型的なパターンらしく。

“血管は収縮して血流障害を起こし、下痢腹痛などの内臓機能不全、
 手足の冷え・しびれ・むくみ・肩こり・頭痛など”

が初期症状らしいのですが。

これって、対策としては、過剰な冷房をやめろという話なのだろうが、むりですよね。実際。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。