高村薫さん・五條瑛さん・福井晴敏さん・古処誠二さん等の小説、海外の海洋小説、歴史、B'z、を糧に生きている人間の日常。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スネイプのことを考える日々。
2005年07月24日 (日) | 編集 |
日曜日は仕事です。出勤のため、JRの最寄り駅に行くと、
「駅付近の架線に何かが巻き付いており云々」というアナウンスが入りました。
高校生男子が「 ヨーダ ちゃうん、それ、ヨーダやって」とか呑気なことを言っている。
・・・ヨーダは爆発するのか?ああ見に行きたいなぁ・・・スターウォーズ~~~。
「近鉄線に振り替え輸送を行っております」と言われたのですが、
あれは別に、運賃を支払ってくれるわけじゃないんですよね。
近鉄のほうが高いし遠回りだっていうのに・・・
炎天下15分ほど歩いて、近鉄線の最寄り駅まで行きました。まぁこういう日もあるか。

ハリポタ最新刊を読み返しつつ、
スネイプにとって何が大切なんだろう、何を守りたいのだろう、何をしたいのだろう、
と、ハリポタ全巻通して考えていたことを、またつらつら考えています。
なんかそういう普通のことが読めない人なんですよねスネイプって。
何が楽しいんだろう。
復讐かなぁ。憎悪がパワーの源なのか?(誰かスネイプにリゲインを!)
こういう人・・・いいですよねえ!気になって仕方ないもの。
スネイプ自身では気づいていないが、なんか結構、愛されているような気がする。
黒髪スネイプと、金髪ルシウスで、実はスリザリン人気コンビなのでは。
この2人が、いつからの知り合いなのか、どういう繋がりなのか、どこまで親しいのか、が
目下一番気になる問題です。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。