高村薫さん・五條瑛さん・福井晴敏さん・古処誠二さん等の小説、海外の海洋小説、歴史、B'z、を糧に生きている人間の日常。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


24時間労働
2005年08月01日 (月) | 編集 |
残業続きの日々に、英会話教室に通う日数を増やしているので、
毎日なかなかハードだと思っていたんですが、
そんな自分が恥ずかしくなるほどハードな方に会いました。

「24時間働く日があるんですよ」
「たまに、ですよね?」
「そういう日のほうが多いんです」

だめだよ未成年の若くて可愛い女の子が!
そんな激務で人生をすり減らしていいものか!


うちの職場の後輩は、うちは腰掛け就職に過ぎず、
今も希望する会社の就職試験のため、勉強を続けています。
小論文を書かないといけないんですよ~それがイヤで~と言われて
羨ましくなりました。わたしは書くのも読むのも好きだし。
書くために考えるのも、楽しい。
書いたものを読んで評価してもらえる機会なんて、滅多にないのに。
でも、書いていて一番つらいのは、書いている間は読めないということです(笑)
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。