高村薫さん・五條瑛さん・福井晴敏さん・古処誠二さん等の小説、海外の海洋小説、歴史、B'z、を糧に生きている人間の日常。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


映画★「妖怪大戦争」
2005年08月12日 (金) | 編集 |
映画★「妖怪大戦争

(上映中なので、ネタバレは反転しています。御覧頂く場合は、カーソルをあててください)

一言で言えば、コメディ ですよね。
大人向けだと思っていたんですが、確かに客層は子どもが多かった・・・。

主役の神木隆之介くん(麒麟送子役)は、天才子役の誉れが高いということですが
まさしく!本当に 演技が上手 !一緒に出演している子役の子たちとは雲泥の差。
いや、あの他の子たちはちょっと・・・関係者の御子息とかでしょうか。
映画といえば、端役に至るまで(台詞があるなら)大勢の候補者の中から
オーディションで選ばれるのが当然と思っていたわたしには、驚きでした。

川姫役の高橋真唯さんは、本当に可愛かったー。お色気担当でしたね。
太股のアップが多くて(笑)眩しかったです。

同行者は、出てきた妖怪のほとんどが分からない~と言ってました。
妖怪に対する説明は、確かに少なかった。
うぶめなんか、死んだ赤ん坊を抱いているので一目瞭然とはいえ。
メジャーな“ろくろ首”あたりは分かりやすいし、映像もよく出来てて楽しかったです。

ちょこちょこっと、お笑いノリのツッコミがあって、厭がる一旦木綿に
「お前、鬼太郎の前では、ええ顔しとる言うやんけ」とか何とか、
主に川太郎役の阿部サダヲさんが、座を和ませてました。

『帝都物語』 の主人公である魔人・加藤保憲に関しても殆ど説明がなくて、
まるで「200文字で要約せよ」と指示が出たかのように簡潔でした。
軍服を脱ぎ捨てた加藤は、ダークスーツに黒ネクタイで、ファッションモデルのよう。
豊川悦司さんだもんな・・・ブランドのイメージキャラクターみたいです(笑)
まぁあの人、ある意味そういう旗頭なんですけど・・・。
ものすごく 冷酷非情 でありながら、隣でお婆さんがよたよたと歩いていたら、
不意を突かれて、思わず手を差しのべて助けてしまいそうな、
そういう(自身の非情さに対して)詰めの甘い人だと思うんです。
若い美しい女性じゃダメなんですよ、お婆さん。お年寄りに弱そう で(笑)
偽善から最も遠いところにいて(どちらかというと偽悪的で)、
でもふとした時に、DNA螺旋に組み込まれている人間性が反射的に出てしまい、
いやこれでは悪の帝王としていかがなものかとハッと気づいて、
また、顔をこわばらせてしまうような・・・ちょっと考え過ぎですか(笑)
でも加藤って、肝心なところで抜けてる からなぁ。

目は切れ長の一重だと思います!
豊川さんの加藤も良かったです。モテそうです。

ラストの水木御大のお言葉は、大戦の時に南方にいた水木氏だから
言えることだと思いました。
他の人が言ったら、陳腐になってしまいます。

「ロード・オブ・ザ・リング 二つの塔」を思わせるところがあります。
例えば、加藤が、新種の悪霊《機怪》を作り出しているあの工場。
外から見ていると、アイゼンガルド を思い出しました(笑)
加藤がサウロン、機怪がウルク=ハイ、じゃあアギはグリマかも。

あと“聖剣”という呼び方が気になったんですが・・・。
確かに日本でも時を遡れば諸刃の剣だと思うんですが、
日本刀のイメージが強いじゃないですか。
聖剣と言われると、アーサー王を思い出してしまうな。

京極夏彦さんの『豆腐小僧』みたいに、江戸を舞台にしたほうが、
雰囲気が出たろう・・・と思うんですが、
これは京極さんファンのためだけの映画ではないし、
ああそうか、そうすると加藤が出せないしな。
やっぱりこれで良かったんでしょうね。楽しいことは楽しかったです。

『豆腐小僧』は、映画より舞台向きですかね。

妖怪が本当に有象無象、画面いっぱいに出てくるシーンがあるんです。
メイクとか凝っているので、じっくり1体1体を見たいんですが、
画面の切り替わりが早いので、ついていけない。
でも子ども達は、大量のものがごちゃごちゃになっている状態が嬉しいのか、
ものすごくはしゃいでいました。ああいうところで子どもは笑うんですねぇ・・・

あんなに和やかな映画館は初めてです。
(もっとも、いつも空いている映画館しか行ったことはないからだけれど。)
子ども達は、ほとんど文節区切りに、素早いツッコミ を繰り返していて、
それが場内に響き渡る。「次は○○になんねんでー」とかね・・・ネタバレしないでよ・・・。
親は注意しませんよね。少しは公共の場のマナーを教えた方がいいと思うのだが・・・。
よく、仲が良いのを“友達のような親”なんて言うけれど、
友達はいくらでも作られるんだから、親になってやれよと思うんですよ・・・。

まぁ笑い声が響いたりするのは楽しくていいなと思ったんですが、
「あれ宮迫やん」とか呼び捨てにするのは、気になりました。
宮迫さん 、と呼んで欲しい・・・
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
8/6『妖怪大戦争』の舞台挨拶に行ってきたぁ  サンスポ、日刊以前書いた通り(ココ参照)σ(●゜∇゜●)は神木くんと共演したことがあるのだぁ(笑)9:30に銀座に到着。地上に出ると(~Q~;) あっち~劇場入口で、大入袋と鳥取県の観光ガイド&マスコットの「トリピ....
2005/08/17(水) 01:35:55 | |あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。