高村薫さん・五條瑛さん・福井晴敏さん・古処誠二さん等の小説、海外の海洋小説、歴史、B'z、を糧に生きている人間の日常。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


亡国のイージスin花やしき
2005年09月01日 (木) | 編集 |
市ヶ谷から浅草へ。
浅草寺

まずはやはり、ここ浅草寺
アルカイダのリクルートビデオにも登場したとかいう世界的に有名な場所。
ここを抜け、池の大きな鯉に目を奪われたりしながら、目指す花やしきへ。
京都や奈良の寺と比べると、かなり違う。
まずは仁王が違う。奈良の東大寺南大門のところに、門番然と佇む仁王像は、
素直に、かっこいい!と称讃出来るのだけど、ここの像は個性的。色彩も豊か。
奈良のはわざと木肌のままで、かつての派手さはなりを潜めているので、
なんというか、先任伍長のように 地味だが頼もしい。うん。うん?

さて。
江戸好きで、浅草でも泊まったことはあるけれど、花やしきは初めてです。
亡国のイージスin花やしき

イージス関連は、闇市だけの展示のように思っていたけれど、
実際は、花やしき(遊園地)内の3階で、ひっそりと開催されていました。

部屋の外には、ポスターがずらり。
こんなの地元では見たことないよ!と、はしゃぎまくり、
ドンチョルバージョンを目にしては、喜びもひとしお。潜水艦は、おやしお(ハイやな)。
イージスポスタードンチョル

↑三白眼ドンチョル。物言わぬ演技の素晴らしいこと。

イージスポスター竹中

竹中勇バージョン。表情がいい。
 見ろ宮津、これが竹中だ!あんたの副長だ!
 (映画では副長にあらず)

イージスポスター風間

↑なぜか風間雄大バージョンも有りました。人気の俳優さんですか。

イージスポスター行&ジョンヒ

行&ジョンヒ。一見するとロマンチックなシーンのですが、この後、
 如月くんは、「この女は腐っている」 と思うんですよね。
 この女は腐っている・・・!いくら何でもそれはあんまりやで。
 映画の宣伝でここだけ見た人は、行に対して誤解を抱えたまま生きていくのか・・・!

 危険も顧みず、命綱を切り離して助けに来てくれた仙石伍長は、
 腐っていないんだよ。
 むしろ 仙石にとって行が命綱 なのか。

部屋の中にある大きなテレビで、書店で見かけるプロモーション映像が流され、
壁面には、主要登場人物のパネル写真が飾られていました。
隅に、実際に映画で使われたとおぼしき衣装が展示されています。
血のりが付いていたり、破れていたり汚れていたり、臨場感たっぷり。

そしてひっそりと、映画グッズを販売するお姉さん。
劇場で手に入らなかった「爆砲団子」やキーホルダーを買って帰りました。
亡国のイージス爆砲団子

これが「爆砲団子」。12個の団子の中に、激辛のが2個入っています。
職場のお土産にしましたが、予想外に、めちゃくちゃ盛り上がりました。
(女性ばかりなのに、ノリのいい職場で有難い。)
わたしは当たらなかったけれど、少し味見させてもらったら、
少し舐めただけなのに、その後10分は左頬が痺れて!本当に辛かった。
うまく出来てて、すぐには辛さが分からないんですよ。
それで、自分のが激辛だと思わずに、一口、二口と食べた頃に、喉に激痛が走る。
・・・GUSOHの名は伊達じゃないです(笑)
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。