高村薫さん・五條瑛さん・福井晴敏さん・古処誠二さん等の小説、海外の海洋小説、歴史、B'z、を糧に生きている人間の日常。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


シリウス・ブラックの女性関係
2005年09月25日 (日) | 編集 |
偶然が重なって、上司・先輩が全員休み。
出社している最高責任者がわたしということになり、
艦長から4等海尉くらいまでが上陸作戦を遂行している時に、
1人で艦に残された士官候補生のような気分で、心細い思いをしました・・・。

別ブログで書いてますが、J.K.ローリングさんのインタビューで、
シリウス・ブラックの過去の女性関係が明らかに!
しかも明らかに、極東の(最近はグローバルのようですが)一部女子を
狂喜させるような内容なんですよ!

ハリーのゴッドマザーは?という質問に答えて、

‘Sirius never had time to get a girlfriend’

ええっ、そうなんですかッ!?
いくら彼が忙しかったとはいっても、暗黒の時代だったといっても、
親友のジェームズは、子どもまで作ってるんですよ?
アズカバンに収監されるまでに、成人してるんですよ?
時間がないなんて、そんな理由で恋人いなかったなんて、
そりゃないでしょうよ・・・!

第2の加納祐介か、あんたは。


その後で、JKRさんは、ポッター夫妻が、ハリーの名付け親に
シリウスを選んだことに対して、こうコメントされています。

This was not going to be a widely attended christening,
because he was already in danger.
So this is something they were going to do very quietly,
with as few people as possible,
that they wanted to make this commitment with Sirius.

潜伏中だから、ひっそりやらないといけないから、って
だから身近にいたシリウスに頼んだってことですか?
別に他の人でもよかったの?いや、出来たら他の人に頼みたかったのか?!
そりゃ・・・シリウスって、ネーミングセンスないと思いますよ。
しかし、しかし、これじゃ・・・シリウス可哀想ですよねー。


それでもシリウスは、恋人も作らず、家族とも疎遠で、
親友だけが彼のことを理解して受け入れてくれる存在で。

早過ぎるジェームズの死によって、自分の中でも何かを失って、壊れて。
アズカバンで、きっとジェームズとの思い出を反芻して、
ピーターを守人に選んだことを、壮絶に後悔していたんだろう。

次にハリーに出会った時には、ジェームズの面影を追い求めて。
それが叶わなくて、モリーに言われなくても気づいてて、
自分でも苦しんだと思う。

そうして5巻ラストへ繋がる、と。


元々は、女遊びは激しいけど、特定の彼女はいない、
坂下みたいな感じかなぁと思っていたんですが。
ガールフレンドがいなかったっていっても、遊んでないわけじゃないのか、
そのあたり、どうなんだろう?
いくらそうでも、(一応)児童書のキャラに、そういうのは書けないか(笑)

件のインタビュー
The Leaky Cauldron and MuggleNet interview Joanne Kathleen Rowling」は、
こちらに掲載されています。
6巻ネタバレありますので、読まれる際はご注意を。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。