高村薫さん・五條瑛さん・福井晴敏さん・古処誠二さん等の小説、海外の海洋小説、歴史、B'z、を糧に生きている人間の日常。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


本★Alexander Kent 『Band of Brothers』
2005年09月27日 (火) | 編集 |
届きました、ボライソーシリーズ最新刊。
Band of Brothers

本★Alexander Kent『Band of Brothers』(McBooks Press)

主人公は勿論ボライソー、アダムじゃなくてリチャードのほうのボライソーです。
彼がまだ17歳で、士官候補生の頃のお話。親友のダンサーも一緒です。
若い彼の目には、提督は男盛りでかっこいいし、旗艦は大きくてかっこいい。

The Navy was like that; a family, some discribed it.

海軍は家族のようなもの----よく出てくるフレーズですが、最近これを見たのは
海自の隊員が大麻取締法違反で捕まったニュースで、ですよ!(苦笑)
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。