高村薫さん・五條瑛さん・福井晴敏さん・古処誠二さん等の小説、海外の海洋小説、歴史、B'z、を糧に生きている人間の日常。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ローレライ フィギュア
2005年02月25日 (金) | 編集 |
フィギュアというか、ミニチュアというか、プラモデルなんですね。
わたしが最初に引き当てたのは「フライシャー/シンプソン」(1943年・アメリカ)。
レーダーやらヘッジホッグ弾体とやら小さいものを自分で取り付けねばならず苦労しました。
プラモデルが趣味という男性は多くいらっしゃいますが、感心します!
きっと外科医並に手先が器用で、辛抱強く、こつこつ作業を続けられる人だ。
出来ないからって、簡単にキレたりせず、解決法を探っていく人だ。
こういう人が工業社会ニッポンを支えているんだよきっと・・・
わたしには、こんな細かいことはムリです。指は男性より細いはずだがなぁ。

同僚が良いことを言いました。

「指は女性より太くても、心は女性より繊細なんですよ」
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。