高村薫さん・五條瑛さん・福井晴敏さん・古処誠二さん等の小説、海外の海洋小説、歴史、B'z、を糧に生きている人間の日常。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ウィスキー「謎2005 ~AEGIS~」
2005年10月10日 (月) | 編集 |
サントリーから、「謎2005 ~AEGIS~」出ましたね。HPはこちら
“フルーティで甘いお菓子を連想させる香り”なんだそうですが、
それ全然、小説のイメージに合ってないじゃないですか(笑)
まぁ宮津艦長がそうなのかも(暴言)。

これで酒盛りしたいですしたいですしたいです!>たじさん

でもウィスキーと言えば、合田雄一郎さん。
文庫版『マークスの山 下巻』を読んでいて、いつも不思議に思うのが、
合田の家なのに、加納が(さも当然のごとく)風呂を沸かしているシーンです。
赤羽なのに。

合田夫妻離婚後の義兄弟の接触は、
○マークスの頃は、手紙だけ。
○照柿の頃は、本人不在の時にだけ訪問。
○レディ・ジョーカーの頃になって、本人在宅中に足繁く通う。
と、こういう風に、策士加納の作戦を読み取っていたんです、単行本の時は。

でも、文庫になって、そこらへんの原則が崩れて、より親密さが増したのかな、
と、思いました。まぁこんなの、加納祐介の胸先三寸なんですが。
涙ぐましいよ加納。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
たじです~。
酒盛りいいですね!酒の肴は無論艦長と副長で。

でもあたしはこのニュースを会社で見た時

<B>「酒じゃなくて次回作を作れ!福井!」</B>

と思ってしまいました。
あかん子です…。
2005/10/10(月) 18:28:38 | URL | たじ #GGCVjJJA[ 編集]
でも本当にそう思いますよね(笑)
映画関連のプロモーションにずっと出ずっぱりだったし、
ゲームの原作をやったりとか、それを見る度に
(しばらく新作は拝めないな・・・)と思ったものです。

宮津艦長と竹中副長とか、ホーンブロワー艦長とブッシュ副長とか、
とびきりの肴があるから、楽しく酔えると思います~。
2005/10/10(月) 18:54:44 | URL | みなわ #eWQc6sqc[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。