高村薫さん・五條瑛さん・福井晴敏さん・古処誠二さん等の小説、海外の海洋小説、歴史、B'z、を糧に生きている人間の日常。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Happy Birthday, 合田雄一郎!生まれ変わって早10年
2005年11月07日 (月) | 編集 |
    「ゆうすけ・・・・・・」
happyBirthdayGOUDA


合田雄一郎さん、第2の人生を始めて今日で10年目。
クリスマスイブは、あれから9回。誰と過ごしたのか。

「一人の人間を相手に、驚いたり、後悔したり、憎んだりしている間、
 無性に自分が生きていることを痛感しました。
 こんな経験は、本当に生まれて初めてでした」
             (高村薫『レディ・ジョーカー下巻』435頁)


 ・・・貴代子は何だったんだ、貴代子は。


ケーキは、からかい半分に秦野から、もしくは事情通の司祭から
毎年送られてくるかも知れません(笑)

司祭よ、あなたはキリスト教徒の立場として、それでいいのですか・・・。

出番が少なく、名前すら判明しない司祭が、これほど強烈な印象を残すとは、
すごいですよね!高村マジック。
わたしは 司祭は加納のスパイ だと思っています。
証拠を挙げて告発の機会を窺ってますので、その節はよろしく(笑)

1995年11月7日、合田さん本当は36歳。
それ以上は年を取らないって、良い発想ですよね~。
わたしも来年からそうしようかな。第2の人生!
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。