高村薫さん・五條瑛さん・福井晴敏さん・古処誠二さん等の小説、海外の海洋小説、歴史、B'z、を糧に生きている人間の日常。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


本★毛利文彦『警視庁捜査一課殺人班』
2005年11月14日 (月) | 編集 |
本★毛利文彦『警視庁捜査一課殺人班』(角川書店)2005.5.30

この“捜査一課”シリーズは、実際にあった事件のルポと、特殊班なり殺人班なりの
活動の紹介で成り立っています。読者を飽きさせない絶妙な均衡。
分かりやすく小さな(しかし一般受けのする)エピソードも散りばめられています。

ある詐欺事件で、虚言癖のある犯人が
「両親はヒマラヤで死んだ」と言っていたというのを読んで、絶句。
それはもう・・・そこまで言ったら明白に嘘でしょ!と思うんだけれど、
とりあえず“夢を売る”人と、“夢が欲しい”人がいて、それでいいと思ったらしい。
大阪の商人の「お釣りは百万円!」みたいなノリなんでしょうか。
単にふざけているというだけの。
でも「B'zやサザンのゴーストライターをしている」という嘘は、
B'zファンの怒髪天を衝くから(笑)
しかし、その犯人が受け取ったという脅迫状の文面、
SEE YOU NEXT LIFE」は、コワイと思いました。

ところで、タカムラーとして一言。
大森署へ左遷されるまでの合田さんがいた頃は“強行班”という名称でした。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。