高村薫さん・五條瑛さん・福井晴敏さん・古処誠二さん等の小説、海外の海洋小説、歴史、B'z、を糧に生きている人間の日常。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


“人に向かって何かを心から語ろうとした”(『LJ下巻437頁』)
2005年12月20日 (火) | 編集 |
タカムラーさんにとっては特別な日です。

“十二月二十日午後、合田雄一郎は
 蒲田カソリック教会の司祭の訪問を受けた”
  (高村薫『レディ・ジョーカー下巻』433頁)
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。