高村薫さん・五條瑛さん・福井晴敏さん・古処誠二さん等の小説、海外の海洋小説、歴史、B'z、を糧に生きている人間の日常。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


目ぢから
2005年12月20日 (火) | 編集 |
合田雄一郎と同業者のお客様が来られました。
実際、客の中には“お上”が多いんですが、
なかなかソレっぽい見かけの方はおられません。
事務系の方もおられるだろうしなぁ。

それが今日の方は、これぞ!という恰好をしておられて
しかも低くくぐもった声、猫のように足音を立てない歩き方。
うーん合田さんの側にいる人は、こんな感じなのかな~~~。
それなら「目」も、そうなのかなーと思って
凝視してしまったんですが、視線をそらされました(笑)
いやまあそりゃそうだろうが。
ごめんなさい不気味な民間人で。

トカゲを見つめる合田雄一郎の目、気になりますよね・・・。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。