高村薫さん・五條瑛さん・福井晴敏さん・古処誠二さん等の小説、海外の海洋小説、歴史、B'z、を糧に生きている人間の日常。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


謹賀新年
2006年01月01日 (日) | 編集 |
 明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
おせち

本日ものっそり起き出して昼頃頂いたおせち。
これは父上の皿なので、豪華です。
わたしの皿には煮物中心に、お重からちょっとだけ取り分けてもらいましたが、
朝から(昼だけど)これはきつい・・・でも数日かけて準備している母上に
「トーストとヨーグルトのほうがいい」とは言えない・・・・・。
我が家では、もう確実に廃れる元旦の日本文化なので、
せめて写真に撮って残しておこうと、毎年パチパチ撮ってます。

京風に、白味噌のお雑煮。わたしは苦手なので餅ナシ。
おせち料理の味付けは薄め。色も写真より現物のほうが薄めです。
でも正月料理というのは紅白にしないといけないんでしょうか、
ニンジンはいつもより赤いものです。
白色と緑色の食べ物が好きなので(問題は色か?)蒲鉾は真っ白が好きだな。
数の子は父の好物なので必須。今年は卵関連が入っておらず残念です。
鳥インフルエンザの心配ではなく、単に買うのを忘れただけです・・・。
2,3日は残っているので、とりあえずこれを食べて命を繋ぎます。

今日は家族が出払い、わたしは留守番。パソコンの前に座りきりです。
そうして本日も掃除。元旦から掃除(笑)

目指せ加納祐介!加納宅!
でもなー・・・義兄殿の頭のメモリと、わたしのそれには雲泥の差が・・・!
読んだ本を片端から記憶しているが故に捨てられる兄上様と、
手元に置いておいて参照しなければならないわたくしの貧脳では・・・。
水戸の加納家には、蔵書がたくさん置かれているとは思うのですが。
確かに、2年に1度のお引っ越しでは、荷物を増やす気にはなれないでしょうね。
だからって、義弟宅を別宅にするのはどうかと・・・!
誕生日プレゼント、テレビの後は何だろう・・・洗濯機とか、冷蔵庫とか、
ジェットバスとか・・・そういう妙に所帯じみたものなんでしょうね・・・。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。