高村薫さん・五條瑛さん・福井晴敏さん・古処誠二さん等の小説、海外の海洋小説、歴史、B'z、を糧に生きている人間の日常。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


好きな色を探し求めて
2006年01月02日 (月) | 編集 |
バーゲンに行って参りました。
合田雄一郎の出身高校のある駅の近くのデパートとファッションビルです。
とはいえ、買ったのは本ばかりですよ。
古処誠二さんの先月の新刊。バーティミアスの先月発売の新刊。
うおお先月の新刊なのにチェック漏れ!

洋服の好みが凄く狭くて・・・特に色が。
理想の色を追い求めるなんて、仙石や達夫じゃあるまいしってとこなんですが、
色に対する思い入れが強いのです。
一番好きなのは、色上質紙で説明すると藤色です(おたくな説明)。
簡単に言うと紫で、青みが強い紫(江戸紫)の薄いバージョン。
赤みが強い紫(古代紫)は、次点です。
後輩に紫好きを指摘されると、「冠位十二階で決められたのを、
もう1700年も守ってるんだよねー」と言ってますが、
なんというか、きれいな色ですよね。
ピンクはちょっと恥ずかしいし、赤も厭だし、で、紫。
青とか緑の寒色系でも凄く好きな色みってあるんですが、
着ても似合わないんですよねー・・・まぁそれで黒と白と紫ばかりです。
でも一番好きな藤色が、一番似合ってないと思う!(笑)
パステルカラーみたいな系統の淡い色は、似合わないんだよなぁ。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。