高村薫さん・五條瑛さん・福井晴敏さん・古処誠二さん等の小説、海外の海洋小説、歴史、B'z、を糧に生きている人間の日常。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


インテックス大阪
2006年01月08日 (日) | 編集 |
冬の恒例、港へ行って参りました。
これが終わると、ああ正月も終わったなぁという気がします。

10月が少なかったと聞いていたのですが、その反動なのか、ものすごく多かった!
墓参りに行くという両親が「乗っていけ」と言うので、車に便乗させてもらいましたが、
助かった・・・でないとニュートラムは殺人的ラッシュだったろうな・・・。
これだけお仲間がいらっしゃるのだと思えば、救われますが(笑)

皆さん、お疲れさまでした。
いろいろお話も出来て、本当に楽しかったです。
その楽しさというのは、なんというか・・・
真夏の太陽の下でかき氷を食べるようなというか、
多摩川堤の葉桜の下、ワインでお花見をするようなというか、
仙石に「・・・行!」って呼ばれるようなというか、
明日への活力を生み出す力のある楽しさです(比喩長!)。
真冬の早朝のお布団の中のように幸せで暖かい。
売り子をさせてもらってたので、「有り難うございます」って言うときとか、
撤収時に、お隣の方がニッコリ「お疲れさまでした!」って仰った時とか、
そういうことも本当にありがたいと思いました。
もちろん、あれこれ立ち話して頂いた方にはもう最敬礼で御礼を!
本当に、ありがとうございました。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。