高村薫さん・五條瑛さん・福井晴敏さん・古処誠二さん等の小説、海外の海洋小説、歴史、B'z、を糧に生きている人間の日常。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


渥美大輔と瀬戸和馬 マイ設定
2006年01月30日 (月) | 編集 |
年齢差: 8才
(『亡国のイージス』時、渥美44歳。瀬戸52歳。)

所属:  渥美=防衛庁
     瀬戸=警察庁


8年違えば小学校すら通学期間がかぶりません。
所属も、どちらかと言えば対立するほう。


ところが、この2人は“おれ”“おまえ”で呼び合う仲。

「こう見えてもおれは育ちがいいんだ。風流人なんだ」
「朝っぱらからくだらん噂話につきあってる暇はないんだ。他に用がないなら切るぞ」
「だべってる暇があったら仕事しろ、仕事」
      (文庫『亡国のイージス』下巻525ページ,526ページ)

これは全て、渥美が瀬戸に言っている台詞ですが、
この口のききよう、どうなんだ・・・

年が8つも上だということも、内調室長という高い地位にいることも、
すっかり忘れられている(というよりは無視されている)らしい瀬戸。

“幾度かその被害にあっている瀬戸は、
 明らかに腹に一物を隠し持った渥美の顔に、嫌な予感を抱いた”
           (文庫『亡国のイージス』下巻181ページ)

どんなに渥美に苦労をさせられても、にこやかに笑って許す瀬戸52歳。

“誰もが顔を俯ける中、こちらを見た瀬戸が、一瞬だけ親指を立てて笑ってみせてくれた”
            (文庫『亡国のイージス』下巻200ページ)

なんていい人だ!瀬戸!


そんな2人が、ここまで親しくなったのはなぜか。
ふつう、社会人なってから知り合ったのでは、防衛庁と警察庁という所属の壁や、
8歳という年齢差を、越えられないのではないか。


仮説
瀬戸は、渥美のお兄さんの友達だったかも知れない。
渥美大輔の兄が学生の時、友達の瀬戸和馬くんを家に招待した。
名門渥美家の豪邸を見て足がすくむ、一般人の瀬戸和馬。
ほら早く入れよ和馬!と急かす渥美兄。門を潜り玄関で靴を脱ぎ、
すいすい歩いて行ってしまう渥美兄を追いかけ、使用人に挨拶しつつ、
床の間に招かれて困惑顔の瀬戸和馬。
庭に鹿おどしがコーンと響き、障子がすっと開いて、和服姿の渥美母が笑顔で登場。
まぁまぁよくいらっしゃいましたわね、瀬戸さんと仰るのそうまぁ体格が良いことオホホ。
柔道をなさっているそうね素晴らしいわうちの大輔の根性を叩き直してやってくださいな、
あの子ったらもう本当に手がつけられないのよ。
反抗期ですよお母さん、大輔も、もうそんな年なんですよ。
あの可愛かった大輔ちゃんがねぇ、昔は着物を着せてやると女の子みたいだって
言われて、誘拐されないかと心配したものなのよ。
お母さん大輔に振り袖着せてましたね、そういや。
そうそう可愛かったのよおあの子。

そこに通り過ぎる目つきの悪い男子1名、うら若き渥美大輔。

運命の出会い!!!



“警察キャリアの出世第一主義に馴染めず、進んで内調に出向したへそ曲がりの自分”
             (文庫『亡国のイージス』下巻18ページ)

という瀬戸と、

“旧態依然とした家風にすがり、世事の芥を嫌い、そのくせ、
 権力者としての体面だけは維持しようとする。
 そんな実家の傲慢を嫌った渥美は、彼らに言わせれば二流官庁の
 防衛庁に入ったのだった。”    (文庫『亡国のイージス』下巻99ページ)

という渥美は、年齢と所属官庁を越えた友情で結ばれるのですね~。

“冗談めかしてはいるものの、瀬戸は本気で自分に期待してくれている”

と、渥美が感じるまでに。


・・・・ということで、マイ設定では、渥美兄が家に友人の瀬戸を連れてきている内に、
瀬戸は、渥美兄より渥美弟と意気投合し、いいように利用される仲になってしまった、
ということになっています。はい。

福井先生に外伝を執筆して頂いて、オフィシャル設定を確立してもらいたい・・・。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
すっごいおもしろいんですけど!(笑)もっとマイ設定増やしてくださいー☆

あ!それから!
イージスのDVD確認、延び延びになっていてすみません、明日こそは…!うち、居間のテレビでしかプレステ見られないみたいで…なかなか夜にテレビ確保できず…も、申し訳ないです…。
2006/01/31(火) 23:40:54 | URL | 月美 #ZMUMkWGc[ 編集]
これ、旅の間にホテルで話していたネタです(笑)
きっと他説があると思うので、いい説があったら教えてね。
渥美が23歳の入庁すぐの頃に、たまたま市ヶ谷に来ていた瀬戸が、
渥美を高校生と勘違いして(年より若く見えるそうだから)、
烈火の如く怒り狂った渥美が、瀬戸に食ってかかったのが
最初の出会いとか、そういうのも良いかな・・・。
あの柔道で鍛えた瀬戸を殴って、「市ヶ谷には
とんでもなくコワイ新人がいる!」って警察庁で噂になるの(笑)

インフルエンザ、治りました?
日記拝見してましたが、ものすごく大変みたいですね・・・。
早くお元気になってまたイージス話に付き合ってください♪
2006/02/01(水) 00:47:59 | URL | みなわ #eWQc6sqc[ 編集]
いえいえいえ、お話したネタがどんとパワーアップしてますよ(笑)
渥美お母様とお兄様が楽しすぎじゃないですか!
お母様は和馬くんをお気に召したようなので、大輔ちゃんの防衛庁勤めをいまだよく思ってないお母様へ反撃するときは、大輔ちゃんは「瀬戸とよく仕事が一緒になるんです」と言えばいいのではないかと。

DVDは、今日特典ディスク1と2を見ました!これでもかってくらい行とジョンヒのチューの撮影風景を映してくれて嬉しいです(笑)お返しするまえに、あそこはあと3回くらい見ておきます。もしかして変な行ファンですか。
しかし本編も早急に見たくてたまりません~。

それからご心配ありがとうございます。もうひとさまに移すほどのウィルス力はないのですが、なかなか咳が抜けません…長引きそうですが、妄想力は落ちてませんので、またいつでもおつきあい下さい!

家族旅行、いいですねぇ!
道中お気をつけて!
2006/02/01(水) 21:44:55 | URL | 月美 #ZMUMkWGc[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。