高村薫さん・五條瑛さん・福井晴敏さん・古処誠二さん等の小説、海外の海洋小説、歴史、B'z、を糧に生きている人間の日常。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


神戸港
2006年02月03日 (金) | 編集 |
ホテルの部屋から見た造船所
造船所

運が良ければ潜水艦がドック入りしている姿を拝めるんですが、
今回は海自艦の類は全くなし!さみしい・・・ちょっとそれを期待して
海のすぐそばのホテルを取ったから、余計に寂しい・・・。

神戸港には第五管区海上保安本部が置かれており、保安庁の大きなビルがあります。
だから保安庁のお船はいつもいます。ファンの方には楽園だなぁ。
保安庁には、なんと「海上保安友の会」があるんですよね。
映画&ドラマ「海猿」のおかげで、会員が増えているに違いない。
保安庁のお船

造船所に一番近づくのが湾内のクルーズ。
なのだけれど、2月はそんなお船も殆どがドック入りしていたのでした・・・。
でもルミナスとコンチェルトは営業していた。ディナークルーズは人気がある模様。

出航準備中のお父さん達(独身かも知れないが“働くお父さん”なイメージ)。
出航準備

40代後半のちょっとガタイの良い男性を見ると、いそかぜフラム中は
仙石もこんな風に艦上で仕事したり、港を歩いていたのかなって考えていました。
あれは呉だけど。・・・

神戸海洋博物館」を見て(小学生の見学が賑やかでした・・・)、その後、
正月で賑わう南京町へ。それから兵庫県庁の裏手にある「相楽園」へ。
“都心のオアシス”と自称するとおり、酸素が多い憩いの場所でした。
(いやなんかビル街って酸欠な気がするんですよ)
相楽園浣心亭

植物も豊かですが、日本庭園の他に、
幕末~明治期の典型的な洋式建築「旧ハッサム住宅」もあります。
旧ハッサム住宅

面白いのは船屋形でした。姫路藩主が河川での遊覧用に使ったものの
屋形部分だけが置かれているんですが、なんとも優雅。

町中に唐突にある日本庭園としては、京都の渉成園(別名「枳殻邸」、
東本願寺の別邸)と雰囲気は似ていますが、神戸のは県庁や県警が
ずらっと並ぶ官庁街の後ろ。
・・・昼休みに加納祐介が来ているような。なんだかものすごく似合うなあ祐介・・・。

↓最後は兵庫県公館を。
兵庫県公館

こういう洋館が、保存されているだけじゃなく利用されている、そして
大きなビルも整然と立ち並んでいる景観の美しさが、神戸の良いところです。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
兵庫県公館兵庫県公館(ひょうごけんこうかん)は1902年(明治35年)に建てられた煉瓦造の庁舎建築。当初の用途は兵庫県庁本庁舎。1985年からは県の迎賓館および県政資料館として活用されている。中庭を中心とする回廊式のフランス・ルネッサンス様式の壮麗な建築で、設計は
2007/07/27(金) 12:51:13 | 『ホール』全国一覧。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。