高村薫さん・五條瑛さん・福井晴敏さん・古処誠二さん等の小説、海外の海洋小説、歴史、B'z、を糧に生きている人間の日常。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


映画★「エネミーライン」
2006年02月22日 (水) | 編集 |
映画★「エネミーライン

空中戦が見たいと思って数日前に見た「エアブレイク」が
スカイダイビングの話で(笑)、気を取り直して、
人気の高いエネミーラインのDVDを買ってきました。

舞台はボスニア。
偵察に出た米海軍所属の一機が、隠されている軍事施設を見つけてしまい、
SAM(地対空ミサイル)で撃墜されます。
脱出した一人が、命からがら逃避行をするという内容。

主人公は好みの外見ではないのが残念ですが、
敵役のウラジミール・マシュコフ氏が印象的でした。
軍服姿がずらっと並ぶところに、一人だけジャージなんですよね。
その正規兵じゃない外見が、まがまがしい感じをよく表現してました。
ジャージ姿があんなに恐いとは!

米海軍なので、時間の言い方の翻訳には、海自式を採用していました。
フタサンマルマルとか。
戦闘機の空中戦は最初の少しだけですが、迫力あるアクションシーンが続きます。
空母大きいなぁ。坂下(五條瑛@鉱物シリーズ)も、艦隊勤務の時は
ああいうのに乗って、いたずらしまくって、上官に叱られてたんだろうなあ。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。