高村薫さん・五條瑛さん・福井晴敏さん・古処誠二さん等の小説、海外の海洋小説、歴史、B'z、を糧に生きている人間の日常。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


脳を浸食する花粉!
2006年02月27日 (月) | 編集 |
とうとうやってきましたよこの季節が・・・
ついに全面戦争ですよ・・・ 花粉 と。

1ヶ月ほど前から、道を歩いていると喉が詰まるなぁとは
思っていたんですが、とうとう!この数日間のご陽気に、
お花さんたちは だと認識したようです。

数年前に、ベテランパイロットが事故死した事件がありましたが、
その時に彼はひどい花粉症で、花粉症の薬をのんでいて、
それに催眠作用のある成分が入っていたのが原因ではないのか
という記事を読んだことがあるんですが、それは、違う!
断じて違う!判断が鈍るのは、薬のせいじゃないんですよー。
少なくとも、薬が第一理由じゃない。
花粉症のせい なんだ。
全身に花粉がまとわりついている感じで、かゆいしチクチクするし、
脳内にも入り込んで、浸食しているような、そんな感じなんです。
微熱も出るし、思考力が低下する。
鼻炎の薬を服用すれば鼻水が止まるので、その点はラクになりますが、
頭がぼーっとする感じは、なくならない。
こういう時に車の運転をするのも、危険だと思います・・・。

道を数分歩いていたら、花粉が喉に詰まって、声が出なくなります。
美容師さんたちに声を掛けられても「これから仕事なんで」と断る声が
ものすごく重症の病人みたいにかすれているので、
ぎょっとされて、そそくさと逃げて行かれます。べんりー。

最近、占い師と美容師以外に、宗教の勧誘も増えました。
もうええっちゅーねん。静かに道を歩きたいよ・・・。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。