高村薫さん・五條瑛さん・福井晴敏さん・古処誠二さん等の小説、海外の海洋小説、歴史、B'z、を糧に生きている人間の日常。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


雑誌「アフタヌーン」
2006年02月21日 (火) | 編集 |
最近、久しぶりに月刊青年誌「アフタヌーン」を読んでいてツボにハマったのが、
瀧波ユカリさんの「臨死 江古田ちゃん」という4コマ漫画です。
これは面白い!早速コミックス買おうと思ったら、まだ出てませんでした。

それにしてもアフタヌーンのオタク度が上がったのか、
一般的にアキバ系歓迎(冷笑含む)ムードが上がったのか・・・。
「げんしけん」は、こういうのが商業誌に載る日がくるとは!
と、ちょっとカルチャーショックでした(年ですよ・・・)。

「無限の住人」では、卍さんがかっこよくなっていた!
いや今まで「あの人って不死なだけなんじゃ・・・」と、
ちらっと疑ってしまうくらい、テクニックのない戦闘をしていたような気がする。
斬られても死なへんからええわ、と開き直ってしまったら、
技術の習得とか、後まわしになってしまうものですよねー。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。