高村薫さん・五條瑛さん・福井晴敏さん・古処誠二さん等の小説、海外の海洋小説、歴史、B'z、を糧に生きている人間の日常。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


それは仕事柄でしょう
2006年03月12日 (日) | 編集 |
仕事で、若い警察官を担当しました。
話を聞いていると、最後に「・・・、以上 。」とおっしゃるところが
警官 !という感じでした。合田もこういう物言いをしているのだろうか。

ところで、合田雄一郎 は、歴代の米国大統領以上の知名度と、
キムタクやブラピやヨン様以上の熱烈な人気を得ていると認識しています。
ここでの合田の位置づけは、そういう感じです。
あえて言えば加納視点ですか(笑)
もうすぐお誕生日だなぁ、合田さん♪
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。