高村薫さん・五條瑛さん・福井晴敏さん・古処誠二さん等の小説、海外の海洋小説、歴史、B'z、を糧に生きている人間の日常。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


銀魂
2006年04月24日 (月) | 編集 |
WJ連載の漫画「銀魂」を読んでいます。
ここの「真選組」、新選組ファンのツボを突いていますよね!

土方の台詞
「…幕府でも将軍でもねェ
 俺の大将はあの頃から近藤(こいつ)だけだよ」

沖田の台詞
「俺や土方さんみてーな性悪がいて
 それで丁度いいんですよ真選組は」

作者は司馬氏の「燃えよ剣」のファンだそうです。
腹黒な沖田なんですよね。沖田だけ、べらんめぇ調な喋り方もいいなぁ。
少しずつ名前が違うので、歴史上の人物と全く同じには
設定されてないとは思うのですが。
ビジュアルものすごいかっこいいし!近藤さん!
あの性格で、あの容姿!上司にしたい人ナンバー1!幕府の歩く広告塔!

桂さんも良い役どころで。
男性は皆、桂さんが嫌いなのかと思っていましたが、
男性ファンもいるじゃん!桂さん良かったなぁ。
ところで木戸は「木戸」って呼び捨てに出来るのに
桂はなぜ「桂さん」ってサン付けにしないと気が済まないのか。

高杉が一般的な高杉像と違うのは、主人公の銀時と
キャラがかぶるからでしょうか?
あの風来坊っぷりは、高杉っぽいというか、長州藩士みたいな・・・
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。