高村薫さん・五條瑛さん・福井晴敏さん・古処誠二さん等の小説、海外の海洋小説、歴史、B'z、を糧に生きている人間の日常。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


『照柿』文庫化?
2006年07月03日 (月) | 編集 |
『照柿』文庫化 という噂ですが本当でしょうか。
教えて頂いたのは、こちらのブログ。
みんなで言い続けていたら本当になったりして(笑)
高村作品の文庫化は、お気に入りシーンの削除のみならず
登場人物の性格まで変わってしまうので戦々恐々なのですが、
・・・何があっても、わたしは受け止める覚悟です!

『マークスの山』の文庫化で一番残念だったのは、
又三郎が、合田に対して敬語を使うようになったことですけれど。

『照柿』で消えて欲しくないシーンや台詞はたくさんありますが、
秦野のあの一言は、消えそうな気がしますが、どうでしょうか。
消去予定リストの上位に挙がっているんじゃ・・・。
それから最後の、達夫への合田の台詞。
あれは絶対に必要です、合田が合田であるために必要だと思います!
でも消えそうな気がする・・・。
ラストの加納の書簡、何分とか書いている細かさが加納らしくて
大好きなんですが、あれも風前の灯火かな・・・。
血圧下がるシーンも、森くんと一緒に活躍するシーンも、
われらよんまん~の歌も、そのまま残っておいてほしい。

受け止める覚悟あるんじゃなかったの???
大丈夫かよ!

日本の蒸し暑い夏を濃厚に感じさせる『照柿』、
文庫化の前に、またゆっくり再読して、反芻しておこうと思います。
思い出したら泣けてくるくらい好きだ・・・。


ところで北芝さんの人気は凄いなぁと今更ながら気付きました。
その検索で当方にhitしてしまった方、申し訳ございません・・・。
でもよく考えたらK察ネタに代わってJ衛隊ネタが増えたの最近ですしね。
その関連で検索に引っかかってしまうんだなぁ・・・。

護衛艦の写真を、携帯の待受にしている女性がいらっしゃると分かって
心強かったです>ありがとう月美さん<一緒に乗ろうよーーー!
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
祝・文庫化!!!
こんばんは!
これが本当だったら、今年後半は「合田祭」ということでしょうか!!!
ウレシスギマスヨ~~

そうですね、私も例の秦野の名台詞は無くなるような。。。
でも、あれが無くなると、秦×合は風前の灯火に・・・

それと、ココロが狭い私としては、美保子とはあれ以上発展しないで欲しいです~~
まあ、どっちにしても、とにかく合田に会えるなら、取りあえず何でも許しちゃいますけど。
2006/07/04(火) 02:39:47 | URL | GARU #-[ 編集]
見逃せないところ
みなわさん、こんばんは。私も別の意味で戦々恐々なんですが。(ガセでないこと、今さらですが祈ってます)

文庫化に際してのみなわさんの考察、私も便乗してみます(笑)

>又三郎が、合田に対して敬語を使う

いかさまを説明している場面や、洗面所での取っ組み合いの場面、敬語でやられたら迫力ないかも。ただ洗面所の場面は、敬語の方が、又さんの優位な立場が強調されるかな~という気もします。合田さんのキレ具合も(笑)

>秦野のあの一言

これがなくなったら、『照柿』じゃない!(断言) 秦野組長の出番、増やさなくてもいいんで、減りさえしなかったら万々歳です。人物像が変わっていたら、困りますけど(笑)

>最後の、達夫への合田の台詞。

これがなくなったら、『照柿』じゃない!(パート2)

>ラストの加納の書簡
>血圧下がるシーン
>森くんと一緒に活躍するシーン
>われらよんまん~の歌

もちろん、残っていたら嬉しいですよね。・・・って、私も全部か・・・(苦笑)

多くは望みませんが、義兄の出番が減らなかったらOKです。
いろいろ削除されていても、それに替わる名場面が加わっていたら、OKです。


北芝さんは、この前の日曜日に「たかじんのそこまで言って委員会」にVTRでちょっとだけ出てました。
どこかで見た覚えがあるなと思っていたら、みなわさんの記事だったんですね~。
ご本人の顔と声は、これが初めてでした。

どういうVTRかというと、一般人にはショーモナイ(笑)、刑事好きには見逃せないネタで、「張り込みの時の食事は、牛乳とアンパンである」というネタ。
その証言に、北芝さんがVTR出演されてたんです。

ということは、『マークスの山』で林原の張り込みをしていた刑事たちは、牛乳とアンパンを食べていたと・・・(笑)
2006/07/04(火) 22:56:38 | URL | からな #tESRl54.[ 編集]
この話題で延々語れそうですね(笑)
>GARUさん
「合田祭」!なんだか聞くだけで鼓動が速くなりました(笑)
高村さんの描く女性は生々し過ぎて感情移入もしにくいのですが
美保子も、ほとんど関係らしい関係など持っていない合田のことを、
さも何かあるように達夫に言ったりするシーンが、
何を考えているのか分からず、女性としてちょっと
許せないというか・・・ええ合田ファンの嫉妬です(笑)
まぁその美保子も、最終的にはあんなラストで、
結局、合田が一番酷いような気はします。
それでも合田は何をしても許します・・・ええ合田ファンですから。

>からなさん
秦野は危ない気がするんですよね。
でも「小説の魅力が悪」だと高村さん自身が仰っているなら、
(↑からなさんのブログの記事“移ろいゆく 人の心(上)”より)
秦野みたいな人物こそ小説の醍醐味じゃないですか!
着流し姿も艶やかに、合田からあっさり数百万円を奪ってゆく人ですよ。
でも、意のままにならないお上を前に、泰然自若な表向きの姿とは裏腹に
内心はいろいろ複雑な感情を抱いているんでしょうね。
高村さんは男性のセクシーさを描くのがお上手ですよね。
ストイックで、秘められたところ、それこそ視線ひとつ、仕草ひとつ、
感情を込めた言葉ひとつに、想いが溢れるようなセクシーさですよね。
秦野と合田のやり取りも、各々の内面の葛藤や、相手を挑発しよう、
でも弱みは見せられないという、その際どさがいいんですよね。
秦野は、逆に、出番が増えていたらいいなぁ・・・!
そうして『レディ・ジョーカー』の文庫化の時には
秦野が復活しているといいなぁ・・・!(笑)

加納祐介の扱いは、どう転ぶか分かりませんね本当。
これについては、またじっくり考えたいです。

北芝さん、10係の須崎軍団にいそうじゃありません?(笑)
あの“いかにも刑事”な鋭い眼、ダークスーツな恰好は
営業用かなと思っているんですが、どうなんでしょうか・・・。
2006/07/05(水) 23:53:43 | URL | みなわ #eWQc6sqc[ 編集]
リンク、ありがとうございました。
こんばんは。こちらからもリンクを張らせていただきました。これからもよろしくお願い致します。

>北芝さん、10係の須崎軍団にいそうじゃありません?(笑)

一度見たVTRだけで判断すると、最後になか×まき×に君の決めポーズをしたノりからは、又さんや肥後さんのような気がしました(笑)
須崎軍団は真面目・実直で、須崎さんの言うことなら何でもきく、という雰囲気があるんですけど・・・。
(そこが七係とは正反対・笑)
2006/07/06(木) 22:50:41 | URL | からな #tESRl54.[ 編集]
ありがとうございます
北芝さん、又三郎とも迷ってました(笑)
マジメなニュースのコメントを仰っている時には、10係っぽい“いかつさ”が出ているんですけれどもね・・・。
七係は統率とれてませんよねー!たまに一致団結する時があって、それが良かったりするんですが☆
2006/07/06(木) 23:02:57 | URL | みなわ #eWQc6sqc[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。