高村薫さん・五條瑛さん・福井晴敏さん・古処誠二さん等の小説、海外の海洋小説、歴史、B'z、を糧に生きている人間の日常。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


本★「別冊ベストカー 海自マニア!」
2006年07月07日 (金) | 編集 |
本★「別冊ベストカー 海自マニア!」(三推社&講談社)2006.6.28
『海自マニア』

海自 マニアなところがいいですね!
一般的に混同されることが多くて、「J衛隊好きなん?」と
言われるんですが、それは大きく違う!ちゃんと否定します。
海が好きなんです。陸でもないし空でもないんです。
そこで「艦が好きなんですよー」と答えると、必ず言われるのが、
「ああ海猿?」
違います。それも違います。
でもここらへんで疲れるので「海保じゃないんですけどね」で終わります。

そんなことはさておき。
護衛艦・航空機の解説には、写真よりイラストが多用されています。
江田島の紹介では、普段あまり目にしない幹部用の作業服が見られます。
曹士用の青に対して、幹部のは紺というか、もっと黒に近い色ですね。
それから、耐火服や潜水服も含めた制服図鑑と、スケジュール紹介。
食事内容の紹介もありますが、航空部隊のは面白いですね。
弁当になっていてしっかり梱包されているのですが、その袋に
「保管に留意早めに喫食」と書かれています。
J衛隊って言葉の使い方が特殊で面白いんだよなぁ・・・。
学生時代、日本語学を専攻していたので、そういうの凄く気になります。
卒論で「ゲームの言葉」をテーマにしていた同級生がいたけど
J衛隊の言葉を扱っても面白いんじゃないかと。やってみたい。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
ファスナーを表面に出さないようにして機材保護に気をつかっていたり、ストラップなどが食い込んだりしないように襟がほんの少し立ててあったりと、細かな工夫が見られます。カメラ用のベストは、交換レンズを入れるのを想定していたりもするので、ポケットが大きく丈夫です
2007/07/23(月) 11:30:02 | 作業服がいっぱい
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。