高村薫さん・五條瑛さん・福井晴敏さん・古処誠二さん等の小説、海外の海洋小説、歴史、B'z、を糧に生きている人間の日常。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


デニムで、イージス。
2006年07月20日 (木) | 編集 |
一体いつまで雨が降り続くんでしょうか。
うちの周辺は自然災害の少ないところで、幸いに何事もありませんが、
次の土曜日にまた雨だったら・・・おふねに乗れないじゃないか!!!

観艦式の体験航海の募集が始まりました(航さまのブログより)。
キャッチコピーが面白いんですよ。こちら

「迎えにいくぜ。護衛艦で。」

「サラリーマンが、セーラーマンになる日。」

「デニムで、イージス。」

「波乗りもいいけど、イージスもかなりいい。」

「乗艦せよ。彼女と共に。」

「護衛艦の前で、その娘の手を握りしめた。」

「カロリー計算とか、同僚の結婚とか、全部波間に消えた。」

「休日に、潜水艦を。」

イージス乗りたい。
イージス乗りたい。
イージス乗りたい。

あと、LCACが乗りたいです。楽しそうだから。
でも前の展示訓練の時みたいにクルクル回ると困るな。目が回らないのかな。

それにしても、このキャッチコピーと写真って、元はポスターですよね?
手に入らないのかな~~~。欲しいな~~~。

安房白浜の海と、夕焼けと、2人の小さなシルエットと、
「護衛艦の前で、その青年の手を握りしめた」というのはどうでしょうか?
絵に描いたら、克美さん大賞取れますよね(笑)
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。