高村薫さん・五條瑛さん・福井晴敏さん・古処誠二さん等の小説、海外の海洋小説、歴史、B'z、を糧に生きている人間の日常。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


病は突然やってきます
2006年07月21日 (金) | 編集 |
発疹が全身に広がったので、病院に行ってきました。
ボディクリームや服にかぶれたのか、虫刺されかなぁと思っていたら、
「Gibertバラ色粃糠疹」という、20代から30代の女性に多く発症する
皮膚疾患でした。名前は難しいけど、ウィルスが原因と言われているわりには
誰にも伝染しないし、治療しなくても2ヶ月で治癒するのだそうです。

でも。

身体の白くて柔らかい部分に赤い(薔薇色の)斑点が発生するので
見た目が目立つし、2ヶ月もかかると聞いてショックでしたよ・・・。
これから夏だっていうのに!
先生も「肌の露出が多くなる時期なのにねぇ」と笑っておられましたが
笑われてもな(泣)露出は控えろということなんですかね。
全身に広がってからまだ1週間も経っていないので、これからどんどん増えて
消えるまでに2ヶ月もかかるのかと思うと本当に憂鬱だ~~~。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。