高村薫さん・五條瑛さん・福井晴敏さん・古処誠二さん等の小説、海外の海洋小説、歴史、B'z、を糧に生きている人間の日常。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ナメクジとビール
2006年08月09日 (水) | 編集 |
いつかの「探偵!ナイトスクープ」で、ナメクジはビールが好きというのを
検証していたらしいですね。日本酒でもなく、ビールにだけ寄って来るらしい。
そうして、酔って溺れ死んでしまうらしいです。


『マークスの山』での合田の名台詞、
「ナメクジはビールに頭突っ込んで死ね」が思い出されます。

“「ところでビールって何だ」合田の袖を引いて吾妻がしつこく囁いた。
 「ビールを一晩置いておいたら、必ずナメクジが中で死んでる」
 「お前の生活程度がうかがえるよ、まったく」”(単行本264頁)

ナメクジとビール、ちゃんと根拠のある事だったんですね。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。