高村薫さん・五條瑛さん・福井晴敏さん・古処誠二さん等の小説、海外の海洋小説、歴史、B'z、を糧に生きている人間の日常。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


旅に病んで夢は枯野 をかけ廻るby芭蕉
2006年09月03日 (日) | 編集 |
休み。
ベッドから起き上がれなかった・・・。しかし低血圧だからといって
横たわっていると、運動不足でますます血圧が下がるという悪循環。
寝るか、本を読むか、で、快晴の日曜日が終わりました。

先日買った史跡巡り本が、すごく良く出来ていて、抱腹絶倒。
鹿児島中央駅の「若き薩摩の群像」が凄い!
しかも観覧車をバックにしているところが凄い!
観覧車の放射線状になっているのが、仏像の後光みたいに見えます。
一番トップに立って、両手を広げているドリーマーは、誰なんでしょうか。

群像では、「自由大懇親会群像」もド迫力ですね。
京都の河原町にあった土佐四天王像は一体どこに行ったのか。
そこのビルにお洒落な居酒屋があって、松陰先生の小さな銅像が
飾られていたのだけれど、それも何処へ・・・。

会津の藩校、日新館もいいなぁ。
水練場の池の中に、説明用の銅像があるのがシュールでいい。
あからさまに長州を嫌っている風なのもいい。
記念館には、説明用のドール(蝋人形の館風の不気味な人形)が
設置されているのも面白いですよね。リアルなんだか何なんだか。

そういえば最近、純粋な史跡巡りをしていないなぁ。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。