高村薫さん・五條瑛さん・福井晴敏さん・古処誠二さん等の小説、海外の海洋小説、歴史、B'z、を糧に生きている人間の日常。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


祝★合田雄一郎、完全復活!
2006年09月08日 (金) | 編集 |
「新潮」10月号 新連載、

高村薫さんの「太陽を曳く馬 を読みました。

いやあもう凄すぎて、何をどうコメントしていいのやら。
読むまでは、彰之が主人公だろうと思っていたんですよ。

合田 ですよね。

合田シリーズ最新作 なんですねこれ。

!!!!!!

新しい合田さんですよ!
合田の体重とか、加納祐介のその後とか、2人の新たなエピソードやら
新情報満載で、今はもう、胸がいっぱい・・・!

もう、仕事が忙しいとか休みが取れないなんて文句は言いません!

月刊「新潮」を楽しみに、生きていけます。

有り難うございます。
近所では入荷しない書店もあるようなので、定期購読の契約を結んだ方が
いいかなと思っています。入荷しても数冊なので、すぐなくなりそう。
皆さんもお気をつけて。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
こんばんは。

もう、ただただ感涙です~~
42歳の合田、初回から出ずっぱりなんて!!!
もうこれは、合田4部作ですよね、ね、

相変わらずの体型で、相変わらず地に足が着いてなくて・・・
でもまさか、初回で義兄や貴代子のことまで書かれているなんて。

義兄弟の関係もいろいろ複雑なようだし、
書き方も、合田じゃなくて雄一郎だし、これって何か意味あるんでしょうかね。
合田の内面がいろいろな面でキーポイントになるとか・・・
あぁ~~一ヶ月待てないですよ~~~~

やっと私の「合田祭り」が始まりましたぁ!
ここんとこ、仕事でやなこと続いてたけど、全部許す!!

「カワイイ、ゴウダ」の力は絶大ですよ、まったく。(笑)
2006/09/08(金) 02:37:03 | URL | GARU #3kYBuhLk[ 編集]
そうですね4部作目ですね!
合田係長・・・感慨深いです。
その昔、『マークスの山』で、合田が運転するパトカーの
助手席に座っていた林係長に、「一人暮らし、どうだ」と、
いかにも、再婚はしないのかというようなことを言われて、
“お上の車をお堀へぶち込んでやろうか”などと
物騒な事を考えていた警部補が、今や係長ですよ・・・!
相変わらずやたらと放心してて、『梁塵秘抄』なんか読んで
浮世離れしてますけれども。

合田祭りですね!!!
2006/09/09(土) 02:34:17 | URL | みなわ #eWQc6sqc[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
何でこういう時に限って、残業なの~!? 眠気に勝てず、入力途中で眠ってしまって、今頃差を覚まして続きを入力するハメに・・・!もっとがんばれ、「新潮」さん!(笑) 書店によっては「文藝春秋」や「群像」は山積みなのに・・・。今号の「新潮」が売り切れ(?)ているの
2006/09/08(金) 06:14:07 | あるタカムラーの墓碑銘
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。