高村薫さん・五條瑛さん・福井晴敏さん・古処誠二さん等の小説、海外の海洋小説、歴史、B'z、を糧に生きている人間の日常。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


秋分の日は和歌山港へ行こう
2006年09月20日 (水) | 編集 |
復活(したような)。

ネット落ちして早寝な生活を数日続けていると、
妙に廃人気分に浸ってしまうのはアレですか依存症?
自分の拠り所ってどこなのここなのという気分です。
(口調が少し『銀魂』の影響を受けてます)

一日中、今後の艦見学の為の情報収集だとか、旅行の手配だとか
そんなことをしておりました。充実した休みだ!(錯覚)

和歌山港の「しらせ」見学ですが、JRの和歌山駅と
南海の和歌山市駅から臨時バスが出るそうです。
(南海の和歌山市駅から和歌山港駅までは1時間に1本しか
 電車が出ていないので、バスがあると安心ですね~)
バスの時間を問い合わせたら冷ややかな応対だったので
またちょっと心に冷水シャワーを浴びた気がしましたが
最後はずいぶん親切に教えてくださいました。

臨時バスに関しては↓「和歌山バス」HPをご参照ください。
http://www.wakayamabus.co.jp/rinpatsu/sirase/sirase.htm

お昼に地連(あ、今は地本ですか)のHPを見たら
ちゃんと表示出来ていなかったんですが、今は大丈夫でした。
こちら→ http://www.wakayama.plo.jda.go.jp/sira.html
和歌山港、9月23日と24日です。

「しらせ」公開のことは、あちこちで紹介されているし、
臨時バスが出るあたり、護衛艦よりマスコミ受けや住民受けが
良さそうですね。ミサイル積んでないからかな。誤射しないもんね(笑)
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。